天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

や座の見つけ方と観測しやすい季節は?ひと月ごとの動きのまとめ

投稿日:2019年9月16日 更新日:

や座は、全天で
3番目に小さい星座で、

細いYの字のような形をした
可愛らしい星座です。
 

や座は、いつ頃、
夜空のどのあたりに昇っているのか

見やすい季節は?
 

など、や座の大体の動きについて
まとめました。
 

当記事が、や座観測の際の
お役に立てば幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

や座の見つけ方と観測しやすい季節は?ひと月ごとの動きのまとめ


 

や座は、わし座と
はくちょう座の真ん中あたり、
夏の大三角の中にあり、
 

や座自体は
暗くて小さいんですが、

場所は分かりやすい星座です。

 

 

一度見つけてしまえば、
次からはわりと目に付くようになる、

そんな星座の一つです。

 

 

観測しやすい季節は夏です。

 

8月下旬から9月上旬にかけて、
午後8時ごろに南中します。

 

 

では、や座のひと月ごとの動きを
見ていきましょう!

 

当記事では、や座の中で
一番明るいγ星の動きを
追っていきたいと思います。
 

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
西の空、高度約40°の位置にあります。
 

午後7時半過ぎごろ、
西北西の地平に沈みます。
 

午前5時半過ぎごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前7時ごろ)

東北東の空、
高度約15°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)

西北西の空、
高度約5°の位置にあります。
 

午後5時半過ぎごろ、
西北西の地平に沈みます。
 

午前3時半過ぎごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)

東の空、
高度約35°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

午前1時半過ぎごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)

東南東の空、
高度約50°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

午後11時半過ぎごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)

南東の空、
高度約65°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

午後9時半過ぎごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時前ごろ)
南中します。

南中高度は約75°です。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

午後7時半過ぎごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

午前3時前ごろ南中します。

南中高度は約75°です。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
西南西の空、高度約65°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)

東北東の空、
高度約15°の位置にあります。
 

午前1時前ごろ南中します。

南中高度は約75°です。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
西の空、高度約40°の位置にあります。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)

東の空、
高度約30°の位置にあります。
 

午後11時前ごろ南中します。

南中高度は約75°です。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
西北西の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)

東南東の空、
高度約50°の位置にあります。
 

午後9時前ごろ南中します。

南中高度は約75°です。
 

午前4時前ごろ
西北西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)

南東の空、
高度約65°の位置にあります。
 

午後7時前ごろ南中します。

南中高度は約75°です。
 

午前2時前ごろ
西北西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半過ぎごろ)
南中します。

南中高度は約75°です。
 

午前0時前ごろ
西北西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)

西南西の空、
高度約60°の位置にあります。
 

午後10時前ごろ
西北西の地平に沈みます。

 

関連記事

や座とは 主な恒星や星団・星雲と、星座の特徴について

や座の神話 エロスとプロメテウス、アポロンが由来の物語

夏の大三角とは 星の名前と星座 方角や見つけ方 動きなど

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

おうし座かに星雲の位置は?見つけ方とひと月ごとのおうし座の動き

おうし座にある かに星雲の位置と、 ひと月ごとの動きを まとめています。   かに星雲は8.4等級なので、 肉眼では見えず、 ちょっと探しにくいかも しれません。   なので、どの …

ペルセウス座の神話 アンドロメダ座とカシオペア座の伝説と由来【中編】

ペルセウス座の近くには、 アンドロメダ座とカシオペア座がありますが、 この2つの星座も、ペルセウス座の神話に 深くかかわっています。   英雄・ペルセウスの冒険の物語と アンドロメダ・カシオ …

おおぐま座 こぐま座 北極星の見つけ方【図解】

おおぐま座とこぐま座、 北極星の見つけ方を ご紹介しています。   北斗七星を含むおおぐま座は 見つけやすいですが、   そこから、こぐま座・北極星は どのようにして見つけるのか、 …

ペルセウス座の夏の方角と位置 探し方・見つけ方について

ペルセウス座流星群を観測するにあたり、 ペルセウス座の夏の方角と位置の情報、 ペルセウス座の探し方を お届けしたいと思います。   また、夏以外の季節の時間ごとの動きも ご紹介していますので …

へび座の主な恒星の名前と星団・星雲など星座の特徴について

へび座は、2つに分断されている、 ちょっと珍しい星座です。   はじめは、へびつかい座の 一部として扱われていたのが、 後に切り離される、という、 ちょっと変わった経歴をもっています。 &n …