天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

みなみのかんむり座が見やすい季節と見つけ方 ひと月ごとの動き

投稿日:2019年6月23日 更新日:

みなみのかんむり座は、

いて座に抱えられるように
位置する、小さな星座です。
 

半円状の綺麗な星座なんですが、
目立った明るい星が無く、

夜空で見つけるには
ちょっと苦労するかもしれません・・・
 

そこで、みなみのかんむり座の
ひと月ごとの動きを
まとめました。
 

あらかじめ、どの位置(方角や高度)
にあるのかが分かっていれば、

夜空で探しやすいと思いますので、
 

みなみのかんむり座観測の際の
ご参考になれば幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

みなみのかんむり座の見つけ方とひと月ごとの動き


 

みなみのかんむり座は、
星座自体は見つけにくいと思いますが、
 

周りにいて座さそり座という、
とても目立つ星座と
恒星(アンタレスなど)があるので、

大体の場所は把握しやすいと思います。
 

 

上の図のような位置関係なので、

さそり座のアンタレス(一等星)や
いて座の南斗六星を目印に、
探してみてください。

 

 

では、みなみのかんむり座の
ひと月ごとの動きを見ていきましょう!

 

当記事では、みなみのかんむり座の中で、
一番明るいα星アルフェッカ・メリディアナの動きを
追っていきたいと思います。
 

 

 

1月上旬
 

出入が日中のため、観測できません。
 

 

2月上旬
 

日の出(午前6時半ごろ)の少し前ごろに
南南東の地平より顔を出します。

 

 

3月上旬
 

午前4時過ぎごろ、
南南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
南南東の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

午前2時過ぎごろ、
南南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
南の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

午前0時過ぎごろ、
南南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前4時ごろ。
南中高度は約15°です。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
南南西の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

午後10時過ぎごろ、
南南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前2時ごろ。
南中高度は約15°です。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
南南西の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

午後8時過ぎごろ、
南南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前0時ごろ。
南中高度は約15°です。
 

午前4時ごろ
南南西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

午後6時過ぎごろ、
南南東の地平より顔を出します。
 

南中は午後10時ごろ。
南中高度は約15°です。
 

午前2時ごろ
南南西の地平に沈みます。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
南南東の空、高度約10°の位置にあります。
 

南中は午後8時ごろ。
南中高度は約15°です。
 

午前0時ごろ
南南西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
南南東の空、高度約15°の位置にあります。
 

南中は午後6時ごろ。
南中高度は約15°です。
 

午後10時ごろ
南南西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
南南西の空、高度約15°の位置にあります。
 

午後8時ごろ
南南西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
南南西の空、高度約10°の位置にあります。
 

午後6時ごろ
南南西の地平に沈みます。

 

 

みなみのかんむり座が見やすい季節は?

みなみのかんむり座が
見やすい季節は夏です。

 

でも、高度が低く(最高で15°)
目立った明るい星が無いので、
 

南側が開けた、観測条件の良いところで
見るようにしてくださいね!

 

周りにいて座やさそり座など、
見ごたえのある天体があるので、

それらと一緒にぜひ、
探してみてください!

 

関連記事

みなみのかんむり座とは 主な恒星と星団・星雲など星座の特徴

みなみのかんむり座の神話はディオニュソスが母に贈った冠の物語!?

かんむり座がよく見える季節は?方角や位置(高度)のひと月ごとのまとめ

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ちょうこくしつ座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

ちょうこくしつ座は 18世紀に設定された とても新しい星座です。   明るい恒星が無く、 高度もあまり上がらないので、 ちょっと見つけにくい 星座の一つです。   そこで、ちょうこ …

ろくぶんぎ座とは 意味や星座の特徴 銀河・主な恒星など

ろくぶんぎ座は、 17世紀に作られた 新しい星座です。   ろくぶんぎ座の”ろくぶんぎ” とは何か? どんな恒星があるのか 属する銀河は?   など、ろくぶんぎ座の 星座の特徴につ …

とも座とは 主な恒星や星団・星雲など 星座の特徴について

とも座って、 ちょっと耳慣れない 星座ですよね?   とも座は南天の星座で、 日本ではあまり高くまで 昇らない星座なので 知名度が低いのかもしれません。   そんな とも座ですが、 …

さんかく座の見つけ方 見やすい季節とひと月ごとの動きのまとめ

さんかく座は、二等辺三角形の 綺麗な形をした星座です。   小さくて、あまり 明るい星はありませんが、   一度見つけてしまえば 次からは割と 目に付きやすい星座です。 &nbsp …

へび座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

へび座とへびつかい座は、 元々は一つの星座でした。   それが、後に2つに分けられ、 へび座はへびつかい座によって、 2つに分断された星座として 独立した、という、 ちょっと珍しい星座です。 …