%e5%b0%8f%e6%83%91%e6%98%9f%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%82%b0%e3%82%a6%e3%81%a8%e3%81%af%e3%80%80%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%95%e3%82%84%e6%88%90%e5%88%86%e3%81%aa%e3%81%a9%e5%a4%a9%e4%bd%93%e3%81%ae

小惑星リュウグウとは 大きさや成分など天体の特徴について

小惑星リュウグウは、

調査対象の天体として

 

リュウグウとはどんな天体なのか?

 

まとめてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

小惑星リュウグウとは

 

小惑星リュウグウは、

アポロ群に属しています。

 

いきなり、小難しい単語が並びましたね!^^;

 

一つずつ説明していきますね!

 

 

まず、”小惑星”というのは、

惑星・準惑星・衛星を除いたもののうち、

拡散成分が無い天体のことをいいます。

 

コマと呼ばれるガスや塵のことで、

温められて作られます。

 

ということですね!

 

 

 

が小惑星です。

 

小惑星になったものもあります。

 

このような小惑星は、

”彗星・小惑星遷移天体”

 

例:ふたご座流星群の母天体・ファエトンなど。

 

 

そして、地球近傍小惑星というのは、

小惑星のことです。

 

簡単に言えば、

地球に衝突する可能性のある小惑星

ということですね!

 

且つ衝突すると影響が大きい、とされる

”PHA(潜在的に危険な小惑星)”

 

 小惑星イトカワもPHAです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アポロ群とはその中の一つなんです。

 

アポロ群はアポロ型小惑星ともいい、

地球の軌道の外側にあり、

 

 クリックで拡大します

 

 

アモール群といいます。

 

アテン群はアポロ群とは逆に、

地球の軌道の内側にあり、

 

 

地球の軌道と交差する軌道を持つ小惑星を、

”地球横断小惑星”といい、

地球と衝突する可能性を秘めています。

 

 

地球軌道と交差していません。

 

地球近傍小惑星の一つ(グループ)です。

 

 

 

 

調査対象の天体となっています。

 

 

小惑星リュウグウの大きさや成分は?

そろばんのコマのような形をしています。

 

小惑星イトカワが約500mで、

かなり小さな天体です。

 

 以前最大小惑星だったケレスが約950km

 ケレスは現在、準惑星に格上げされています。

 

 

”C型小惑星”で、

含有していると思われています。

 

これにあたります。

 

こちらは石質(珪酸)を主成分とし、

これに当てはまります。

 

分析することで

新たな発見が期待されています。

 

 S型小惑星だということが証明されました。

 

彗星と小惑星と惑星の違いとは?大きさ・質量 定義は何?

 

関連記事

小惑星リュウグウの位置や地球からの距離はどのくらい?

はやぶさ2のピンポイント・タッチダウンとは?

はやぶさ2のリュウグウへのタッチダウン その方法と難しさについて

 

 

スポンサードリンク

READ  惑星食 2019年に日本で見られる火星食と金星食