天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

惑星・小惑星・彗星

ブランペイン彗星 2019年12月に近日点通過 最接近は2020年1月

投稿日:2019年4月4日 更新日:

ブランペイン彗星
(ブランペン彗星・ブランパン彗星)が

2019年12月に
近日点を通過します。
 

(地球最接近は2020年1月です)
 

ブランペイン彗星とは、
どのような天体なのか?
 

その特徴や性質について
まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ブランペイン彗星 2019年12月に近日点通過 最接近は2020年1月


 

ブランペイン彗星が、2019年12月21日(土)に、
近日点を通過します。
 

近日点とは、その天体の軌道上で、
太陽に最も近づくポイントのことを言います。

 

ブランペイン彗星の近日点は、
地球軌道とほぼ接しているため、

潜在的に危険な天体(PHO)
指定されています。

 

潜在的に危険な天体とは、

地球に衝突するかもしれない危険性が
高い天体、ということです。

 

 

地球最接近は、2020年1月11日(土)
 

地球までの距離は、0.091AU(約1361万km)

 

2003年12月の最接近時の距離は、
0.0249AU(約372万km)でした。

 

今年の年末ごろには
4等級程度の明るさになるのではないか、

と予想されています。

 

 

 ブランペイン彗星の軌道
 

ブランペイン彗星の位置は、

近日点通過の12月21日頃、
みずがめ座の”三ツ矢”の近くにあります。
 

 クリックで拡大します
 

12月21日の日の入りごろ(午後4時半ごろ)
みずがめ座の”三ツ矢”は南の空、
高度約55°の位置にあります。
 

午後7時ごろ、南西の空、高度約40°

午後10時ごろ、西の地平に沈みます。

 

みずがめ座については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
水瓶座について 恒星の名前や特徴 星雲・星団

みずがめ座η流星群の読み方 方角や極大(ピーク)母天体について

みずがめ座δ流星群とは 方角や活動期間 特徴と母天体

 

 

地球最接近の1月11日頃、
カシオペヤ座のα星近くに位置しています。
 

 クリックで拡大します
 

1月11日の日の入りごろ(午後5時前ごろ)

カシオペヤ座のα星は北の空、
高度約70°の位置にあります。
 

※カシオペヤ座の恒星は全て周極星で、
 地平には沈みません。

 

午後10時ごろ、北西の空、高度約40°
 

日の出ごろ(午前7時前ごろ)
北の空高度約5°の位置にあります。

 

カシオペヤ座については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
カシオペア座とカシオペヤ座 どっちが正しい?

カシオペア座の特徴と恒星の名前 神話と周りの星座の物語

カシオペア座の動きと北極星の探し方 方角と位置(高度)

 

 

スポンサードリンク


 

 

ブランペイン彗星とは 特徴と性質について

 

ブランペイン彗星(289P/Blanpain)は、
1819年に発見されましたが、

その後、180年以上も
行方不明となっていた天体です。

 

ブランペン彗星、あるいは、ブランパン彗星
ともいわれます。

 

 

2003年に、小惑星(2003 WY25)が発見され、

2年後、それがブランペイン彗星と
同一のものであると確認されました。

 

かつては彗星でしたが、

現在は、彗星特有のコマや尾を
形成する物質がほとんど枯渇した

”彗星・小惑星遷移天体”です。

 

彗星の定義などについては、
以下の記事を、ご参照ください。
    ↓     ↓
彗星と小惑星と惑星の違いとは?大きさ・質量 定義は何?

 

 

公転周期は約5年の周期彗星です。

 

近日点は地球軌道と、遠日点は木星軌道と
ほぼ接しており、

地球や火星、木星と
衝突する危険性を秘めています。
 

そのため、地球近傍天体
(PHO:潜在的に危険な天体)

として分類されています。

 

 

ブランペイン彗星は、過去に突発出現した

”ほうおう座流星群”の母天体(母彗星)

でもあります。
 

ほうおう座流星群は、1956年に1度だけ
1時間あたり300個に達する流星雨をみせ、
幻の流星群ともいわれています。

 

関連記事

流星の仕組みとは?流星群はなぜ起こる?母天体(母彗星)との関係は?

流星群の母天体の一覧 彗星?小惑星?意味をわかりやすく解説します

 

 

スポンサードリンク


-惑星・小惑星・彗星
-

執筆者:

関連記事

小惑星パラスが地球最接近 うしかい座アークトゥルス付近

小惑星パラスが、 今年・2019年3月29日に 地球に最接近します。   観測できる位置は、 うしかい座のα星・ アークトゥルス付近です。   ”四大小惑星”の一つである パラスと …

惑星食とは、どういう現象?月・惑星・地球の位置関係

惑星食って、どういう現象か ご存知でしょうか?   日食や月食ほど 注目されてはいませんが、 惑星食は珍しい現象なので、 ファンが多い天体ショーの一つです。   今回は、惑星食につ …

準惑星ケレスの食 月による掩蔽 小惑星から昇格した理由とは?

準惑星ケレスの食、 月による掩蔽(えんぺい)が 起こります。   日付けはいつか? 時間帯は? 方角や位置(高度)は?   など、準惑星ケレスの食 についてまとめました。 &nbs …

惑星食 2019年に日本で見られる火星食と金星食

今年(2019年)は、 惑星食が日本で2回見られます。   今年の惑星食は、 火星食と金星食。   白昼と明け方に起こり、 条件としてはあまり良くありませんが、 日本で見られる惑星 …

彗星と小惑星と惑星の違いとは?大きさ・質量 定義は何?

彗星と小惑星と惑星って、 何となく解ってはいるけど、 ちゃんと説明するのって 難しいですよね! 今回は、彗星と小惑星と惑星を区別する際、 何が定義となっているのか、 その見分け方について、 解説してい …