はやぶさ2のインパクタの仕組み 人工クレーターを作った衝突装置について

小惑星リュウグウの表面に

 

まとめました。

 

どういう仕組みになっているのか

 

インパクタの仕組みや構造について、

解説していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

はやぶさ2のインパクタの仕組み 人工クレーターを作った衝突装置について

 

小惑星探査機はやぶさ2が、

作ることに成功しました。

 

インパクタ(衝突装置)の

説明していきたいと思います。

 

 

以下の記事で解説してますので、

はやぶさ2のクレーターの目的って?作り方や大きさは?

 

 

衝突装置(インパクタ)は英語で

”Small Carry-on Impactor”

略して”SCI”

と呼ばれています。

 

 

人工クレーターを作るためには

 

爆薬を爆発させる方法をとっています。

 

 

インパクタの爆薬部は円錐形をしており、

銅板で蓋をした状態になっています。

 

銅板が丸く変形し、

飛んでいきます。

 

2kgの銅塊が、

小惑星へと撃ち込まれることになります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

探査機の飛行スピードを利用して

に衝突させています。

 

 

すぐに彗星を通過してしまい、

少ししか観測できませんでした。

 

 

(ランデブー航行)

飛行のスピードを利用することができません。

 

(大気圏外で使用される人工物)の加速には、

 

それだと時間も距離も増え、

大規模になってしまうんだそうです。

 

選択されました。

 

何度も試験が繰り返されました。

 

はやぶさ2のクレーターの作り方や大きさは?

 

 

制御装置は搭載されておらず、

分離するのがとても難しかったようですね。

 

 

 

クレーター作成時に飛び散った、

採取する予定なんだそうです。

 

 

すべてが成功し、

地球へ無事に帰還してほしいですね!

 

関連記事

はやぶさ2のリュウグウへのタッチダウン その方法と難しさについて

小惑星リュウグウとは 大きさや成分など天体の特徴について

はやぶさ2のイオンエンジンの仕組みと燃料について

 

 

スポンサードリンク

READ  惑星食とは、どういう現象?月・惑星・地球の位置関係