天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

惑星・小惑星・彗星

惑星食 2019年に日本で見られる火星食と金星食

投稿日:2018年12月30日 更新日:

今年(2019年)は、
惑星食が日本で2回見られます。
 

今年の惑星食は、
火星食と金星食。

 

白昼と明け方に起こり、
条件としてはあまり良くありませんが、

日本で見られる惑星食は珍しいので、
一度は見てみたいですね!

 
 

スポンサードリンク


 
 

惑星食 2019年に日本で見られる火星食


 

今年、まずはじめに観測できる惑星食は
火星食です。

 

今回の火星食は、関東より西の地域で
観測することが出来ます。

 

 

日時は、
 

2019年 7月4日(木)

 

時間は観測地によって違うので、
主な都市の潜入開始時刻と出現開始時刻を
記していきたいと思います。

 

時刻の下の()内の秒数は、それぞれ、
潜入開始から終了まで、出現開始から終了までの
所要時間です。

 

潜入開始 出現開始 方角 高度
東京 15時04分頃(約32秒) 15時26分頃(約32秒) 西南西 約60°
小笠原(父島) 14時57分頃(約11秒) 16時02分頃(約10秒) 西 約60°~50°
金沢 14時56分頃(約27秒) 15時22分頃(約26秒) 西南西 約60°
長野 15時04分頃(約45秒) 15時19分頃(約44秒) 西南西 約60°
名古屋 14時52分頃(約19秒) 15時30分頃(約18秒) 西南西 約60°
大阪 14時46分頃(約16秒) 15時32分頃(約15秒) 南西~西南西 約70°~60°
京都 14時48分頃(約16秒) 15時31分頃(約16秒) 南西~西南西 約70°~60°
和歌山 14時44分頃(約15秒) 15時34分頃(約14秒) 南西~西南西 約70°~60°
鳥取 14時44分頃(約17秒) 15時28分頃(約16秒) 南西~西南西 約70°~60°
広島 14時37分頃(約14秒) 15時32分頃(約13秒) 南西~西南西 約70°~60°
高松 14時41分頃(約15秒) 15時33分頃(約14秒) 南西~西南西 約70°~60°
高知 14時38分頃(約13秒) 15時36分頃(約12秒) 南西~西南西 約70°~60°
福岡 14時30分頃(約12秒) 15時33分頃(約11秒) 南西~西南西 約75°~65°
熊本 14時30分頃(約12秒) 15時36分頃(約11秒) 南西~西南西 約75°~65°
鹿児島 14時28分頃(約12秒) 15時39分頃(約10秒) 南西~西南西 約75°~65°
那覇 14時20分頃(約10秒) 15時47分頃(約09秒) 南南西~西 約80°~65°
石垣島 14時11分頃(約10秒) 15時43分頃(約10秒) 天頂~西 約85°~70°

 

太陽が近いので、観測する際は
太陽光が目に入らないよう、
十分注意してください。

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

惑星食 2019年に日本で見られる金星食


 

今年2回目の惑星食は金星食です。

 

日時は、
 

2019年 8月1日(木)

 

東日本と北日本の地域で観測できます。

 

今回の金星食は、ほとんどの地域で、
金星が月に隠れた状態で地平から昇ってきます。

 

日本のほとんどの地域で
潜入は見ることが出来ないので、

主な都市の出現開始時刻を
記していきたいと思います。

 

時刻の下の()内の秒数は、
出現開始から終了までの所要時間です。

 

出現開始 方角 高度
札幌 4時47分頃(約16秒) 東北東 約6°
青森 4時45分頃(約16秒) 東北東 約5°
仙台 4時42分頃(約16秒) 東北東 約4°
福島 4時41分頃(約16秒) 東北東 約3°
水戸 4時39分頃(約16秒) 東北東 約2°
千葉 4時39分頃(約16秒) 東北東 約2°
さいたま 4時39分頃(約16秒) 東北東 約1.5°
東京 4時39分頃(約16秒) 東北東 約1.5°
横浜 4時39分頃(約16秒) 東北東 約1.3°
新潟 4時42分頃(約16秒) 東北東 約2°
金沢 4時41分頃(約15秒) 東北東 約0.2°
長野 4時41分頃(約15秒) 東北東 約1°
静岡 4時39分頃(約16秒) 東北東 約0.3°

 

高度がかなり低いので、
余程開けた場所でないと
観測は難しいと思います。

 

また、太陽がすぐに昇ってきますので、
観測の際は太陽が目に入らないように、
十分気を付けてください。

 

惑星食の時間等のデータは、
国立天文台のデータを参照させていただきました。

 

関連記事

惑星食とは、どういう現象?月・惑星・地球の位置関係

惑星の接近 2019年はいつ起こる?

彗星と小惑星と惑星の違いとは?大きさ・質量 定義は何?

 

 

スポンサードリンク


-惑星・小惑星・彗星
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブランペイン彗星 2019年12月に近日点通過 最接近は2020年1月

ブランペイン彗星 (ブランペン彗星・ブランパン彗星)が 2019年12月に 近日点を通過します。   (地球最接近は2020年1月です)   ブランペイン彗星とは、 どのような天体 …

小惑星パラスが地球最接近 うしかい座アークトゥルス付近

小惑星パラスが、 今年・2019年3月29日に 地球に最接近します。   観測できる位置は、 うしかい座のα星・ アークトゥルス付近です。   ”四大小惑星”の一つである パラスと …

彗星と小惑星と惑星の違いとは?大きさ・質量 定義は何?

彗星と小惑星と惑星って、 何となく解ってはいるけど、 ちゃんと説明するのって 難しいですよね! 今回は、彗星と小惑星と惑星を区別する際、 何が定義となっているのか、 その見分け方について、 解説してい …

惑星の接近 2019年はいつ起こる?

太陽系の惑星同士が接近する 今年(2019年)の予定を まとめました。 今年は金星と他の惑星の 接近が多いようですね。 いつ、どの方角で、 何時ごろ観測できるのか、 それぞれまとめました。 &nbsp …

惑星食とは、どういう現象?月・惑星・地球の位置関係

惑星食って、どういう現象か ご存知でしょうか?   日食や月食ほど 注目されてはいませんが、 惑星食は珍しい現象なので、 ファンが多い天体ショーの一つです。   今回は、惑星食につ …