天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ちょうこくしつ座の銀河や星団 主な恒星など星座の特徴について

投稿日:2019年6月25日 更新日:

ちょうこくしつ座って、
あまり耳慣れない星座ですよね?
 

南方の星座で、
日本ではあまり高く昇らず、

ちょっと観測しにくい
からかもしれません。
 

でも、魅力的な銀河などがあり、

天文ファンの間では
秘かに人気のある星座なんですよ^^

 

さて、そんな ちょうこくしつ座ですが、
 

属する主な銀河は?

どんな恒星があるのか
 

など、ちょうこくしつ座の
天体の特徴をまとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ちょうこくしつ座の銀河や星団 主な恒星など星座の特徴について


 

ちょうこくしつ座は、

18世紀にフランスの天文学者・
ニコラ・ルイ・ド・ラカイユが
設定した星座です。

 

ラカイユ自身は最初は、

”彫刻家のアトリエ”

という名前を付けていた、
と言われています。

 

もうお分かりのように、
”ちょうこくしつ”の意味は

”彫刻室:彫刻するための部屋”
ですね!

 

ちょうこくしつ座は、英語で

”Sculptor(スカルプター)”

といい、意味は”彫刻家”です。

 

4等級以下の星しかないので、
夜空では見つけにくい星座の一つです。

 

 

では、ちょうこくしつ座に属する
銀河・星団の解説を
していきたいと思います。

 

 

ちょうこくしつ座の銀河や星団

 

 クリックで拡大します

 

ちょうこくしつ座矮小銀河・・・

         天の川銀河の伴銀河の一つで
         矮小楕円体銀河。
 

矮小楕円体銀河とは
 天の川銀河やアンドロメダ銀河の伴銀河で、

 大きさや光度が小さく、
 老齢の星で構成されているため、

 星間物質(塵やガスなど)が
 ほとんどありません。
 

         地球からの距離は約30万光年。

 

 

車輪銀河・・・・・レンズ状銀河

         小さな銀河が衝突し、通り抜けたため、
         見た目が車輪のような形になっています。
 

※銀河同士が衝突しても、恒星の密度が低いため、
 恒星同士がぶつかることは滅多にないんだそうです。

 なので、車輪銀河も、小さな銀河が通り抜けた形となり、
 重力の乱れによる歪み・変形が起きています。
 

         地球からの距離は約5億光年。

 

 

NGC24・・・・渦巻銀河

         地球からの距離は約2500万光年。

 

NGC55・・・・不規則銀河

         地球からの距離は約560万光年。

 

NGC150・・・渦巻銀河

         地球からの距離は約7000万光年。

 

 

NGC253・・・渦巻銀河・スターバースト銀河・
         セイファート銀河
 

スターバースト銀河とは
 短期間(約1000万年)で、

 太陽の10倍以上の大質量の恒星を
 大量に作りだしている銀河。
 

セイファート銀河とは
 非常に明るい中心核を持つ活動銀河の一種。
 

         ちょうこくしつ銀河とも呼ばれている
         非常に大型の銀河です。

         地球からの距離は約1000万光年。

 

 

NGC288・・・球状星団

         地球からの距離は約3万光年。

 

NGC289・・・渦巻銀河

         地球からの距離は約6800万光年。

 

NGC300・・・渦巻銀河

         地球からの距離は約690万光年。

 

NGC613・・・渦巻銀河

         地球からの距離は約6700万光年。

 

NGC7793・・・渦巻銀河

         地球からの距離は約1300万光年。

 

IC5332・・・渦巻銀河

         地球からの距離は約3900万光年。

 

 

では次に、ちょうこくしつ座の
主な恒星を解説していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ちょうこくしつ座の主な恒星

 

 クリックで拡大します

 

α星・・・固有名なし:4等星

     ちょうこくしつ座の中で最も明るい恒星で、
     この星の近くに銀河の南極があります。
 

銀河の南極(北極)とは、

 天の川銀河の中心(いて座の方向)から
 90°離れたところ。

 銀河の北極はかみのけ座の中にあります。
 

 かみのけ座については
 以下の記事もご参照ください。
    ↓    ↓
かみのけ座とは 銀河団と恒星・星団などの特徴

 

     地球からの距離は約780光年。

 

 

β星・・・固有名なし:4等星

     ちょうこくしつ座の中で
     2番目に明るい恒星です。

     地球からの距離は約180光年。

 

 

γ星・・・固有名なし:4等星

     ちょうこくしつ座の中で
     3番目に明るい恒星です。

     地球からの距離は約180光年。

 

 

δ星・・・固有名なし:5等星

     ちょうこくしつ座の中で
     4番目に明るい恒星です。

     地球からの距離は約140光年。

 

 

HD4208・・・8等星

     太陽系外惑星HD4208bが
     2001年に発見されています。

     地球からの距離は約110光年。

 

 

ちょうこくしつ座の見つけ方


 

ちょうこくしつ座の見つけ方ですが、
みなみのうお座のフォーマルハウトを
目印にしてください。

 

フォーマルハウトは

”秋の一つ星” ”南の一つ星”

とも呼ばれている一等星で、
 

南天でかなり目立つ存在なので
すぐに見つけられると思います。

 

その、フォーマルハウトのすぐ東側に
ちょうこくしつ座はあります。

 

詳しい位置などは、
以下の記事をご参照ください。
   ↓   ↓
ちょうこくしつ座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

 

 

ちょうこくしつ座は

あまり高い位置まで昇らないのと、
明るい星が無いので、
 

南側が開けた、観測条件の良い場所で
観測してくださいね!

 

みなみのうお座が観測しやすい季節は?ひと月ごとの動きのまとめ

みなみのうお座の主な恒星や銀河など、星座の特徴について

かみのけ座の見つけ方 見える時期と位置のひと月ごとのまとめ

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ペルセウス座の神話 アンドロメダとの結婚 その後の物語【後編】

ペルセウス座の神話、後編です。   アンドロメダを救出し、 妻として共にセリポス島へ 帰ってきたところからの話です。   ペルセウスの誕生とメデューサの討伐、 アンドロメダとの結婚 …

うしかい座 アークトゥルス

うしかい座の動き 見える時期と見つけ方について

うしかい座というと、 あまり耳慣れないかもしれませんが、 春の大三角を形成する ”アークトゥルス”を有する星座、 といえば、ピンとくる方も 多いかもしれませんね!   今回は、うしかい座が天 …

ペガスス座 秋の大四辺形の動き 方角と位置(高度)による探し方

ペガスス座(秋の大四辺形)の 動きについてまとめています。   いつ、どの方角や位置(高度)に ペガスス座はあるのか ひと月ごとに、動きを記しました。   ペガスス座(秋の四辺形) …

こいぬ座とは 特徴と見つけ方 プロキオン他、主な恒星

こいぬ座は とても小さな星座ですが、 1等星のプロキオンを 有する星座として知られています。   プロキオン以外の恒星は? こいぬ座の特徴 見つけ方は?   など、こいぬ座について …

ヘルクレス座の恒星の名前 星団や銀河など星座の特徴と見つけ方

ヘルクレス座は一等星などの 明るい恒星が無く、 ギリシャ神話の英雄でありながら、 夜空ではとても大人しい星座です。   ヘルクレス座の恒星の名前 ヘルクレス座に属する星団や 星雲、銀河など …