天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ぎょしゃ座とは 恒星や星団・星雲などの特徴と意味や由来

投稿日:2019年4月14日 更新日:

ぎょしゃ座って、
あまり聞きなれない星座ですよね?
 

冬のダイヤモンドを形成する
カペラを有する星座で、

おうし座の角の先の恒星と
引っ付いていたり、と、
 

ちょっとユニークな特徴も
あるんですよ!
 

ぎょしゃ座を構成する恒星について

ぎょしゃ座に属する主な星雲・星団には
どんなものがあるのか
 

など、ぎょしゃ座について
まとめました。

 

冬のダイヤモンドについては、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

 

 

スポンサードリンク


 

 

ぎょしゃ座とは 恒星や星団・星雲などの特徴と意味や由来

 

ぎょしゃ座は天の川の真ん中にあり、
綺麗な五角形をした星座です。

 

その五角形を形成する星の一つが
おうし座のβ星:エルナトだという、

ちょっと変わった星座でもあります。
 

 

おうし座のβ星:エルナトは、
かつては、ぎょしゃ座のγ星でもありました。

 

では、ぎょしゃ座の主な恒星から
見ていきましょう!

 

 

ぎょしゃ座の主な恒星

 クリックで拡大します

 

α星・・・カペラ:一等星

     ぎょしゃ座の中で一番明るい恒星。

     連星が2組、計4つで構成される
     四重連星

     ラテン語で”雌の子山羊”の意味を持つ。

     ”冬のダイヤモンド”を構成する
     星の一つ。
 

冬のダイヤモンドについて、詳しくは、
以下の記事をご参照ください。
     ↓     ↓
冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

 

 

β星・・・メンカリナン:2等星

     ぎょしゃ座で2番目に明るい恒星。

     主星(連星)と伴星の三重連星

     アラビア語で”御者(馭者:ぎょしゃ)の肩”
     の意味を持つ。

 

 

ε星・・・アル・マーズ:3等星

     変光周期が最大のアルゴル型の食変光星

 

 

η星・・・ハエドゥス:3等星

     ラテン語で”小さな山羊”の意味を持つ。

 

 

θ星・・・マハシム:3等星

     アラビア語で”手首”の意味を持つ。

 

 

ι星・・・ハッサレ:3等星

     意味と由来は不明。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ぎょしゃ座の主な星雲・星団

 クリックで拡大します

 

M36・M37・M38・・・散開星団

 

IC405・・・その形から、勾玉星雲
        呼ばれる散光星雲

 

IC410・・・おたまじゃくし星雲どくろ星雲
        呼ばれている散光星雲。

 

 

ぎょしゃ座の見つけ方

α星のカペラが冬のダイヤモンド
形成する恒星の一つなので、

冬のダイヤモンドから見つけるのが
早くて解りやすいと思います。

 

冬のダイヤモンドは、
オリオン座やふたご座など、有名な星座や、

おおいぬ座のシリウスや
おうし座のアルデバランなど、

有名な一等星によって構成されているので、
夜空でよく目立ち、見つけやすいと思います。

 

 

夜空では、大体、上の図のような配置です。

 

冬のダイヤモンドの見つけかたについては、
以下の記事に詳しくまとめてありますので、
ご参照ください。
     ↓     ↓
冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

 

ぎょしゃ座の位置や動きについては
別記事にまとめましたので、
そちらの方もご覧ください。
     ↓     ↓
ぎょしゃ座の見つけ方 方角と位置(高度)のひと月ごとのまとめ

 

関連記事

ぎょしゃ座のギリシャ神話 3人の馭者の物語

冬の大三角の神話 オリオン座・おおいぬ座・こいぬ座の物語

ベテルギウスの超新星爆発 地球への影響は?ガンマ線バーストは直撃するか

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

からす座の恒星と銀河など 星座の特徴について

からす座は、 台形のような星の並びが 特徴的な春の星座です。   春の大曲線の 終点の星座でもあり、 トレミーの48星座の一つ でもあります。   からす座には どんな恒星があるの …

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

いて座のひと月ごとの、 夜空での天体としての動きを まとめています。   いて座はよく目立つ さそり座の隣にあり、 いて座の南斗六星も 割と目立つので、 見つけやすい星座だと思いますが、 & …

かに星雲 超新星の記録 藤原定家が日記『明月記』に記す

かに星雲は、おうし座にある 超新星残骸ですが、 約1000年前に、 超新星爆発を起こした当時の記録が 日本や中国に 複数残されています。   今回は、超新星爆発を起こし、 かに星雲となった当 …

おおぐま座 こぐま座 北極星の見つけ方【図解】

おおぐま座とこぐま座、 北極星の見つけ方を ご紹介しています。   北斗七星を含むおおぐま座は 見つけやすいですが、   そこから、こぐま座・北極星は どのようにして見つけるのか、 …

からす座の神話 アポロンの使い鳥への罰か贖罪か!?

からす座のモデルとなったのは、 太陽神・アポロンの使いのカラス だといわれています。   真っ白で美しく、 賢かったカラスが なぜ今のような姿になったのか。   からす座の由来とな …