ぎょしゃ座とは 恒星や星団・星雲などの特徴と意味や由来

 

カペラを有する星座で、

 

 

ぎょしゃ座を構成する恒星について

 

まとめました。

 

冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

 

 

スポンサードリンク

 

 

ぎょしゃ座とは 恒星や星団・星雲などの特徴と意味や由来

 

綺麗な五角形をした星座です。

 

おうし座のβ星:エルナトだという、

 

 

かつては、ぎょしゃ座のγ星でもありました。

 

見ていきましょう!

 

 

ぎょしゃ座の主な恒星

 クリックで拡大します

 

α星・・・カペラ:一等星

     ぎょしゃ座の中で一番明るい恒星。

     四重連星。

     ラテン語で”雌の子山羊”の意味を持つ。

 

冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

 

 

β星・・・メンカリナン:2等星

     ぎょしゃ座で2番目に明るい恒星。

     主星(連星)と伴星の三重連星。

     の意味を持つ。

 

 

ε星・・・アル・マーズ:3等星

     変光周期が最大のアルゴル型の食変光星。

 

 

η星・・・ハエドゥス:3等星

     ラテン語で”小さな山羊”の意味を持つ。

 

 

θ星・・・マハシム:3等星

     アラビア語で”手首”の意味を持つ。

 

 

ι星・・・ハッサレ:3等星

     意味と由来は不明。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ぎょしゃ座の主な星雲・星団

 クリックで拡大します

 

M36・M37・M38・・・散開星団

 

        呼ばれる散光星雲

 

        呼ばれている散光星雲。

 

 

ぎょしゃ座の見つけ方

形成する恒星の一つなので、

早くて解りやすいと思います。

 

オリオン座やふたご座など、有名な星座や、

おうし座のアルデバランなど、

夜空でよく目立ち、見つけやすいと思います。

 

 

夜空では、大体、上の図のような配置です。

 

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

 

ぎょしゃ座の見つけ方 方角と位置(高度)のひと月ごとのまとめ

 

関連記事

ぎょしゃ座のギリシャ神話 3人の馭者の物語

冬の大三角の神話 オリオン座・おおいぬ座・こいぬ座の物語

ベテルギウスの超新星爆発 地球への影響は?ガンマ線バーストは直撃するか

 

 

スポンサードリンク

READ  しし座の方角と位置(高度)ひと月ごとの動きと見つけ方