天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

蟹座の方角と位置 天体(星座)の見つけ方とひと月ごとの動き

投稿日:2019年5月6日 更新日:

かに座の夜空での、
天体としての動きを
まとめています。
 

かに座はあまり明るい恒星が無く、
星空の中では目立つ星座では
ありません。
 

そんなかに座を、
夜空で見つけやすいよう、

ひと月ごとの動き、
方角や位置(高度)などを
まとめましたので、
 

蟹座を観測する際に
お役立て頂ければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

蟹座の方角と位置 天体(星座)の見つけ方とひと月ごとの動き


 

かに座には目立った明るい星が無いので、

となりの星座であるしし座とふたご座を
目印に探してみてください。

 

 クリックで拡大します
 

大体、このような感じの並びです。

 

しし座には、レグルス:1等星
      デネボラ:2等星
 

ふたご座には、ポルックス:1等星
       カストル:2等星
 

が、それぞれ目立つ存在で、
 

かに座はその
中間あたりに位置しているので、

これらの星を目印にすると
見つけやすいと思います。

 

では、ひと月ごとの、
かに座の動きを見ていきましょう!

 

この記事では、
かに座で最も明るい恒星である

α星:アクベンスの位置を
追っていきたいと思います。
 

 クリックで拡大します

 

 

1月上旬
 

午後7時ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前1時半過ぎごろ。
高度約65°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前7時前頃)
西の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時過ぎ頃)
東の地平より顔を出します。
 

南中は午後11時半過ぎごろ。
高度約65°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半過ぎ頃)
西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半過ぎ頃)
東の空、高度約30°の位置にあります。
 

南中は午後10時前ごろ。
高度約65°の位置にあります。
 

午前4時半ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時頃)
南東の空、高度約55°の位置にあります。
 

南中は午後8時前ごろ。
高度約65°の位置にあります。
 

午前2時半ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半頃)
南の空、高度約65°の位置にあります。

この時点ですでに南中は過ぎています。
 

午前0時半ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前頃)
西の空、高度約40°の位置にあります。
 

午後10時半ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時頃)
西の空、高度約15°の位置にあります。
 

午後8時半ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

日中に昇るので、
観測できません。

 

 

9月上旬
 

午前3時ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎ頃)
東の空、高度約25°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午前1時過ぎごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半過ぎ頃)
東の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

午後11時ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前5時半過ぎごろ。
高度約65°の位置にあります。

日の出はその直後、午前6時ごろです。

 

 

12月上旬
 

午後9時ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前4時前ごろ。
高度約65°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半頃)
西の空、高度約45°の位置にあります。

 

関連記事

蟹座とは 主な恒星や星団 天体としての特徴や見つけ方

かに座のギリシャ神話 大蟹カルキノスとヘラクレスの物語

プレセペ星団とは 位置は蟹座のどのあたり?見つけ方や年齢など

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

とかげ座の位置はどこ?ひと月ごとの動きのまとめ

とかげ座は、ジグザグで ユニークな形をした星座で、   17世紀に、ポーランドの天文学者・ へべリウスによって設定された、 10の星座のうちの一つです。   小さくて、明るい星が無 …

こと座 ベガの色や大きさ、アルタイルとの距離と位置は?

こと座のベガといえば、 七夕の織姫星のことですが、 ベガとはどういう星なのか   地球からの距離は? 色や大きさはどのくらい? 彦星・アルタイルとは どれくらい距離があるの?   …

いて座のギリシャ神話 ケンタウロス族の賢者ケイロンの悲話

いて座は 黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でも お馴染みの星座ですね!   夜空の天体としてのいて座は、 矢を射るケンタウロスの姿で 星座絵などに描かれており、 上半身が天の川にかかる、 …

みなみのうお座が観測しやすい季節は?ひと月ごとの動きのまとめ

みなみのうお座は、 みずがめ座とやぎ座の すぐ近くにある小さな星座です。   星座自体は あまり目立ちませんが、   α星であるフォーマルハウト (一等星)が、 華やかな存在なので …

はくちょう座の神話を簡単に説明します 由来は複数ありますが・・・

はくちょう座は 夏の代表格ともいえる星座です。   今回は、その、 はくちょう座の神話について、 解説してみたいと思います。   複数の伝承がありますので、 その主なものについて、 …