天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

オリオン座の動き 1月~12月の方角と位置(高度)と見つけ方

投稿日:2019年2月19日 更新日:

オリオン座の動きを
まとめています。
 

オリオン座はとても目立つ星座なので、
すぐに見つけられると思いますが、
 

いつごろ、どの方角(位置)に
あるのかが解っていれば、

より探しやすいと思います。
 

1月から12月、ひと月毎に、

大体の方角と位置(高度)を
記しましたので、
 

オリオン座観測の際に、
お役立て頂ければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

オリオン座の動き 1月~12月の方角と位置(高度)と見つけ方

御岳にかかるオリオン座
 

では、早速、オリオン座の
ひと月ごとの動きを見ていきましょう!

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
東の地平より顔を出します。
 

午後10時半ごろ、南中します。
高度は約45~60°の位置にあります。
 

午前5時ごろ、西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
東南東の空、高度約20~35°の
位置にあります。
 

午後8時半ごろ、南中します。
高度は約45~60°の位置にあります。
 

午前3時ごろ、西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
南東の空、高度約40~60°の
位置にあります。
 

午後6時半ごろ、南中します。
高度は約45~60°の位置にあります。
 

午前1時ごろ、西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
南南西の空、高度約40~60°の
位置にあります。
 

午後11時ごろ、西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
西南西の空、高度約15~35°の
位置にあります。
 

午後9時ごろ、西の地平に沈みます。

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
ちょうど、西の地平に沈むところです。

 

 

7月上旬
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
東の地平より顔を出すところです。

 

 

8月上旬
 

午前2時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
東南東の空、高度約20~35°の
位置にあります。

 

 

9月上旬
 

午前0時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
南東の空、高度約40~55°の
位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午後10時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

午前4時半ごろ南中します。
高度は約45~60°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
南南西の空、高度約45~60°の
位置にあります。

 

 

11月上旬
 

午後8時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

午前2時半ごろ南中します。
高度は約45~60°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
西南西の空、高度約20~40°の
位置にあります。

 

 

12月上旬
 

午後6時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

午前0時半ごろ南中します。
高度は約45~60°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
西の地平に沈もうとしています。

 

 

冬のダイヤモンド・冬の大三角

オリオン座は東から昇って西に沈むという、
とてもオーソドックスな動きをする星座です。

 

特徴的な三ツ星の並びが良く目立つので、
とても見つけやすい星座だと思います。

 

オリオン座が見つかれば、
冬の大三角や冬のダイヤモンド、

それを構成する星座なども
芋づる式に見つかりますので、

冬の天体観測がとても楽しくなると思いますよ!

 

冬の大三角・冬のダイヤモンドについては、
以下の記事をご参照ください。
     ↓     ↓
冬の大三角とは 星座の名前と星名 方角と探し方 消滅の危機とは!?

冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

 

関連記事

オリオン座流星群 2019 今年のピークの時間帯と方角は?

オリオン座流星群とは 特徴としくみ 時期はいつ?母天体は?

ベテルギウスの超新星爆発 地球への影響は?ガンマ線バーストは直撃するか

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

みなみのかんむり座の神話はディオニュソスが母に贈った冠の物語!?

みなみのかんむり座は、 ギリシャ時代には 星座として扱われていましたが、 (B.C.1世紀ごろの文献に  記録が残っています)   実は、これといった神話は 伝えられていません。 &nbsp …

ぎょしゃ座とは 恒星や星団・星雲などの特徴と意味や由来

ぎょしゃ座って、 あまり聞きなれない星座ですよね?   冬のダイヤモンドを形成する カペラを有する星座で、 おうし座の角の先の恒星と 引っ付いていたり、と、   ちょっとユニークな …

ほ座超新星残骸やガム星雲など、主な恒星や星座の特徴について

ほ座って、変わった名前ですよね?   最初、何のことかな? と思ったんですが、 漢字で書くと”帆(ほ)座”   そう、船の帆のことだったんですね!   南天の星座で、 日 …

りょうけん座の見つけ方 位置や方角など、ひと月ごとの動き

りょうけん座は 星座自体はわりと大きいんですが、 目立つ星が少なく、最初はちょっと 分かりにくいかもしれません。   そこで、りょうけん座の大体の動きを ひと月ごとにまとめました。 &nbs …

エリダヌス座の見つけ方 位置(方角や高度)などひと月ごとの動きについて

エリダヌス座は、 川がモデルとなった 珍しい星座です。   大きくうねりながら 天に横たわる姿は、 残念ながら、日本では、 南のほうへ行かないと 全てを見ることはできません。   …