天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

カシオペア座の動きと北極星の探し方 方角と位置(高度)

投稿日:2019年2月7日 更新日:

カシオペア座の動きと、
北極星の探し方をご紹介しています。
 

カシオペヤ座が天球上の
どの位置(方角と高度)にあるのか、

一月毎にその動きを追ってみました。
 

カシオペア座の観察の際に
お役立てください。

 

 

スポンサードリンク


 

 

カシオペア座の動きと北極星の探し方 方角と位置(高度)


 

では、早速、カシオペア座の動きを
見ていきましょう!

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)北北東の空、
高度約55~65°の位置にあります。
 

午後6時ごろ、北の空、
高度約65°の位置にあります。
 

午後11時ごろ、北西の空、
高度約30~45°の位置にあります。
 

午前6時ごろ、北の地平近く、
高度約5°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)北北西の空、
高度約60~65°の位置にあります。
 

午後9時ごろ、北西の空、
高度約30~45°の位置にあります。
 

午前4時ごろ、北の地平近く、
高度約5°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半過ぎ頃)北北東の空
高度約10~15°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)北西の空、
高度約45~55°の位置にあります。
 

午後7時ごろ、北西の空、
高度約30~45°の位置にあります。
 

午前2時ごろ、北の地平近く、
高度約5°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時過ぎ頃)北北東の空
高度約15~20°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)北西の空、
高度約25~35°の位置にあります。
 

日が変わるころ、北の地平近く、
高度約5°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時過ぎ頃)北東の空
高度約25~35°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)北北西の空、
高度約10~20°の位置にあります。
 

午後10時ごろ、北の地平近く、
高度約5°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時前頃)北東の空
高度約30~45°の位置にあります。

 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)北の地平近く、
高度約5~10°の位置にあります。
 

午前2時ごろ、北東の空、
高度約25~35°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前4時半頃)北東の空
高度約40~55°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)北の地平近く、
高度約5~10°の位置にあります。
 

日が変わるころ、北東の空、
高度約25~35°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前4時半頃)北の空
高度約55~65°の位置にあります。

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前ごろ)北北東の空、
高度約10~20°の位置にあります。
 

午後10時ごろ、北東の空、
高度約25~35°の位置にあります。
 

午前4時ごろ、北の空、
高度約65°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時前頃)も
大体同じ位置です。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)北北東の空、
高度約15~20°の位置にあります。
 

午後8時ごろ、北東の空、
高度約25~35°の位置にあります。
 

午前2時ごろ、北の空、
高度約65°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎ頃)北西の空
高度約45~55°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)北東の空、
高度約25~30°の位置にあります。
 

日が変わるころ、北の空、
高度約65°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時半頃)北西の空
高度約30~40°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後5時前ごろ)北東の空、
高度約30~45°の位置にあります。
 

午後10時ごろ、北の空、
高度約65°の位置にあります。
 

午前3時ごろ、北西の空、
高度約30~45°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時頃)北北西の空
高度約10~25°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)北東の空、
高度約40~55°の位置にあります。
 

午後8時ごろ、北の空、
高度約65°の位置にあります。
 

午前1時ごろ、北西の空、
高度約30~45°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半頃)北の地平近く、
高度約5~15°の位置にあります。

 

 

カシオペヤ座は、その特徴的なWの形状から
比較的見つけやすい星座だと思います。

 

そして、周極星なので、
一年を通して、一晩中北の空に出ています。

 

高度が高い時間帯なら、

北の方の夜空を見ると、
ほぼ、見つけられると思いますよ!

 

北極星の見つけ方は、
以下の図をご覧ください。
 

 クリックで拡大します
 

北斗七星と同じく、カシオペア座からも
北極星(ポラリス)は、
このようにして探すことができます。

 

関連記事

カシオペア座とカシオペヤ座 どっちが正しい?

カシオペア座の特徴と恒星の名前 神話と周りの星座の物語

アンドロメダ座の神話 カシオペア座とペルセウス座との関係は?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘラクレス 十二の試練とは?【前編】

ギリシャ神話一の英雄と 言われている、ヘラクレス。   実写映画やアニメなどでも 多く取り上げられていて、 人気がありますよね!   ヘラクレスはその生涯で、 様々な冒険をするんで …

おおいぬ座の特徴 シリウス他、主な恒星の名前と星団等

おおいぬ座は、 全天で一番明るい一等星・ シリウスを有する星座です。   シリウスは冬の大三角や 冬のダイヤモンドを形成する 星の一つとして とても有名な恒星です。   おおいぬ座 …

はくちょう座とは 特徴と恒星や星雲・星団について

はくちょう座は、 夏を代表する星座の一つとして 知られています。   夏の大三角を形成する デネブは有名ですが、 その他にも注目すべき特徴が たくさんあります。   はくちょう座の …

とかげ座の位置はどこ?ひと月ごとの動きのまとめ

とかげ座は、ジグザグで ユニークな形をした星座で、   17世紀に、ポーランドの天文学者・ へべリウスによって設定された、 10の星座のうちの一つです。   小さくて、明るい星が無 …

冬の大三角の動き方 方角と位置の各月ごとのまとめ

冬の大三角の動き方を 各月ごとにまとめました。   何時ごろ、どの方角にあるのか 高度はどのくらいか どのように動いていくのか   など、冬の大三角を観測する際に お役立てください …