天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

きりん座の見つけ方 位置(方角・高度)など ひと月ごとの動き

投稿日:2019年7月8日 更新日:

きりん座は北天の星座で、
北極星のすぐ近くにある
周極星です。
 

大きな星座なんですが、
目立った明るい星などが無く、

夜空ではちょっと
見つけにくいかもしれません。
 

そこで、きりん座の
ひと月ごとの動きを
まとめました。
 

いつ頃、どの位置にあるのかが
あらかじめ分かっていれば

夜空で探しやすいと思いますので、
 

きりん座観測の際に
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

きりん座の見つけ方 位置(方角・高度)など ひと月ごとの動き


 

きりん座は北極星の近くを周る周極星で、
常に北の空で見ることができます。

 

でも、明るい星が無いので、
(最高でも4等星)

星座全体を確認するのは
難しいと思います。

 

なので、どの時間帯に、
北天のどの位置にあるのか、

ひと月ごとの動きを
追っていきたいと思います。

 

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
北北東の空、高度約30°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北の空、高度約60°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北西の空、高度約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前7時ごろ)
北北西の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
北北東の空、高度約50°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北北西の空、高度約50°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北西の空、高度約30°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
北北西の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
北の空、高度約50°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北北西の空、高度約50°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北西の空、高度約30°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
北の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
北北西の空、高度約50°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北北西の空、高度約30°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北西の空、高度約20°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
北の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
北北西の空、高度約40°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北北西の空、高度約30°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北西の空、高度約20°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
北の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
北北西の空、高度約30°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北北西の空、高度約20°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北の空、高度約20°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
北北東の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
北北西の空、高度約20°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北の空、高度約20°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北東の空、高度約20°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
北北東の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
北の空、高度約20°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北の空、高度約20°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北東の空、高度約30°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
北北東の空、高度約40°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
北の空、高度約20°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北北東の空、高度約20°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北東の空、高度約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
北北東の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
北の空、高度約20°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北北東の空、高度約30°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北東の空、高度約50°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
北の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
北の空、高度約20°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北北東の空、高度約40°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北の空、高度約50°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
北北東の空、高度約40°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
北北東の空、高度約20°の位置にあります。
 

午後10時ごろ
北北東の空、高度約50°の位置にあります。
 

午前2時ごろ
北北西の空、高度約50°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
北北西の空、高度約30°の位置にあります。

 

関連記事

きりん座とは 星座の特徴と主な恒星・銀河・星雲・星団など

おおぐま座 こぐま座 北極星の見つけ方【図解】

ペルセウス座流星群 2019年の見頃の時間帯と方角 ピークはいつ?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

やまねこ座の位置と方角 見やすい季節とひと月ごとの動き

やまねこ座は、 わりと大きな星座なんですが、 明るい星があまりないので 夜空では見つけにくい星座です。   そんな やまねこ座ですが、   何時ごろ、どの位置(方角や高度)に 出て …

ケンタウルス座の見つけ方 見える時期とひと月ごとの動き

ケンタウルス座は、 南天を代表する星座で、 一等星が2つ、2等星が4つある とても華やかな星座です。   でも、残念なことに、 日本の多くの地域では、 星座の上半分くらいしか 観測することが …

ブラックホールの種類 大きさや構造・性質について

近付くもの全てを 飲み込んでしまう、という、 ちょっと怖い(!?)イメージがある ブラックホールですが、   いくつか種類があるって ご存知ですか?   大きさや性質によって、 グ …

ろくぶんぎ座とは 意味や星座の特徴 銀河・主な恒星など

ろくぶんぎ座は、 17世紀に作られた 新しい星座です。   ろくぶんぎ座の”ろくぶんぎ” とは何か? どんな恒星があるのか 属する銀河は?   など、ろくぶんぎ座の 星座の特徴につ …

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

冬のダイヤモンドは、 冬の大六角形とも呼ばれていて、 夜空を彩る とてもきれいな星たちです。   冬の大三角に比べると 知名度は低いですが、 冬を代表する星座を見つける 目印にもなりますので …