天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

アンドロメダ座の見つけ方 方角と位置を月毎、時間帯別に解説

投稿日:2019年1月30日 更新日:

アンドロメダ座とアンドロメダ銀河の
探し方を解説しています。
 

アンドロメダ座には一等星が無いので、
少し見つけにくいかもしれませんね。
 

なので、この記事の
時間帯ごとの位置情報を基に、
探してみて下さい。

 

 

スポンサードリンク


 

 

アンドロメダ座の見つけ方 方角と位置のまとめ


 

アンドロメダ座が天球上で、
どのような動きをしているのか、

月毎・時間帯別に
記していきたいと思います。

 

アンドロメダ座の見つけ方は、
まず、カシオペア座を見つけてください。
 

カシオペア座はWの形をした星座で、
すぐに見つかると思います。

 

カシオペア座を軸に、北極星と反対側に
アンドロメダ座があります。

 

大分、歪な図ですが・・・

大体、上図のような位置関係です。

 

アンドロメダ座はアルファベットの
Aのような星の並び方をしています。
(Aはちょっとわかりにくいかも・・・^^;)

 

 

1月上旬

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
アンドロメダ座はほぼ天頂(少し東寄り)
に位置しています。
 

その後、西北西の方角へ進み、

α星:アルフェラッツは午前0時半過ぎ頃、
西北西の地平に沈み、

午前4時前ごろ、西北西の地平に
星座が完全に沈みます。

 

 

2月上旬

日の入りごろ(午後5時ごろ)
アンドロメダ座はほぼ天頂(少し西寄り)
に位置しています。
 

その後、西北西の方角へ進み、

α星:アルフェラッツは午後10時半過ぎ頃、
西北西の地平に沈み、

午前2時前ごろ、西北西の地平に
星座が完全に沈みます。

 

 

3月上旬

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
アンドロメダ座は西北西、高度約35°から60°
あたりに位置しています。
 

アルフェラッツは午後9時前頃、
西北西の地平に沈み、

星座全体が西北西の地平に沈むのは
日が変わる頃となります。

 

 

4月上旬

日の入りごろ(午後6時ごろ)
アンドロメダ座は西北西、高度約10°から35°
あたりに位置しています。
 

アルフェラッツは午後7時前頃、
西北西の地平に沈み、

星座全体が西北西の地平に沈むのは
午後10時頃となります。

日の出ごろ、東北東の空に
再び姿を現します。

 

 
 

スポンサードリンク


 

 
 

5月上旬

日の入りごろには、アンドロメダ座は
ほとんど西北西の地平に沈みかけです。
 

午前2時半ごろ、アンドロメダ座は
東北東の地平より再び姿を現し、

日の出ごろ(午前5時ごろ)には、
東北東の空、高度約20°~40°あたりに
位置しています。

 

 

6月上旬

日が変わる頃、東北東の地平より
昇り始めます。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
東北東の空、高度約35°~55°あたりに
位置しています。

 

 

7月上旬

午後10時ごろ、東北東の地平より
昇り始めます。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
東の空、高度約60°~80°あたりに
位置しています。

 

 

8月上旬

午後8時ごろ、東北東の地平より
昇り始めます。
 

日の出ごろ(午前5時前ごろ)
ほぼ天頂あたりに位置しています。

 

 

9月上旬

日の入りごろ(午後6時ごろ)
東北東の地平より昇り始めます。
 

午前2時ごろ、天頂に位置しています。
 

日の出ごろ、西の空、高度約40°から70°
あたりに位置しています。

 

 

10月上旬

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
北東~東北東の空、高度約10°~20°
のあたりに位置しています。
 

日が変わる頃、ちょうど天頂に来ます。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
西北西の空、高度約10°から40°
あたりに位置しています。

 

 

11月上旬

日の入りごろ(午後5時前頃)
東北東の空、高度約20°から40°
あたりに位置しています。
 

午後10時ごろ、ちょうど天頂に来ます。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
北西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬

日の入りごろ(午後4時半頃)
東北東の空、高度約35°から55°
あたりに位置しています。
 

午後8時ごろ、ちょうど天頂に来ます。
 

午前5時ごろ、北西の地平に沈みます。

 

関連記事

アンドロメダ座の特徴について 銀河や恒星の名前を解説

アンドロメダ座の神話 カシオペア座とペルセウス座との関係は?

カシオペア座の動きと北極星の探し方 方角と位置(高度)

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うお座とは 主な恒星や銀河など星座の特徴と見つけ方

うお座は黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でもお馴染みの星座ですが、   夜空での天体としてのうお座は 一等星などの明るい恒星がなく、 星空の中では 暗くてあまり目立ちません。   …

水瓶座について 恒星の名前や特徴 星雲・星団

水瓶座は黄道十二星座の一つとして 有名な星座ですね!   夜空に輝く水瓶座の特徴 主な恒星の名前 どんな星雲や星団があるのか   など、水瓶座(天体)について まとめました。 &n …

ブラックホールの種類 大きさや構造・性質について

近付くもの全てを 飲み込んでしまう、という、 ちょっと怖い(!?)イメージがある ブラックホールですが、   いくつか種類があるって ご存知ですか?   大きさや性質によって、 グ …

春の大曲線とは 星座と星と探し方 観測しやすい時期と方角

春の大曲線は、春の夜空で 明るい恒星を結んでいくとできる 大きな曲線のことです。   春の大曲線を構成する星と、 そこから見つかる星座の探し方や、 観測できる時期や方角、 時間帯など、 春の …

アンドロメダ座の特徴について 銀河や恒星の名前を解説

アンドロメダ座って、 どんな星座かご存知ですか?   星座よりも、アンドロメダ銀河のほうが よく耳にするかもしれませんね。   アンドロメダ座を構成する星の名前や 大星雲(アンドロ …