天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

こいぬ座の見つけ方 プロキオンの位置と動き ひと月ごとのまとめ

投稿日:2019年4月18日 更新日:

こいぬ座は、α星である
一等星・プロキオンを有する星座として
よく知られていますね!
 

プロキオンは、冬の大三角
冬のダイヤモンドを形成する
星の一つとしても有名です。
 

そんな、プロキオンを有する
こいぬ座の動きや位置を

ひと月ごとにまとめました。
 

プロキオンがよく目立つので、
比較的探しやすいと思いますが、
 

どの季節にどの位置にあるかが、
大体分かっていれば、

より見つけ易いかと思います。
 

この記事が、こいぬ座とプロキオンの
観測の際に、お役に立てば幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

こいぬ座の見つけ方 プロキオンの位置と動き ひと月ごとのまとめ

 

こいぬ座は、α星のプロキオン(1等星)と
β星のゴメイサ(3等星)以外には
目立った明るい恒星が無く、

とても小さな星座です。
 

 クリックで拡大します
 

でも、小さいわりに、
プロキオンの存在感が大きく、

冬の大三角冬のダイヤモンド
形成する一角としても、

とても人気が高い星座です。

 

冬の大三角・冬のダイヤモンドについては、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
冬の大三角とは 星座の名前と星名 方角と探し方 消滅の危機とは!?

冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

 

では、こいぬ座(プロキオン)の動きを
ひと月ごとに見ていきましょう!

 

 

1月上旬
 

午後6時ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前0時半ごろ。
高度は約60°の位置にあります。
 

午前6時半ごろ(日の出の少し前くらい)
西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時過ぎごろ)、
東の空、高度約15°の位置にあります。
 

南中は午後10時半ごろ。
高度は約60°の位置にあります。
 

午前4時半ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)、
東の空、高度約40°の位置にあります。
 

南中は午後8時半ごろ。
高度は約60°の位置にあります。
 

午前3時前ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)、
南の空、高度約60°の位置にあります。
 

南中は午後6時半ごろ。
高度は約60°の位置にあります。
 

午前1時前ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)、
南西の空、高度約50°の位置にあります。

 

午後11時前ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)、
西の空、高度約20°の位置にあります。

 

午後8時前ごろ、
西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬
 

観測できません

 

 

8月上旬
 

午前4時過ぎごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
東の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

午前2時過ぎごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎごろ)
東の空、高度約35°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午前0時ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
南の空、高度約55°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

午後10時ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前4時半ごろ。
高度は約60°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
南の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

午後8時ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前2時半ごろ。
高度は約60°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
西の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

こいぬ座が観測しやすい季節は
冬から春にかけて。

大体、11月ごろから3月ごろが、
見やすい時間帯に
見やすい位置に来てくれます。

 

関連記事

こいぬ座とは 特徴と見つけ方 プロキオン他、主な恒星

おおいぬ座とこいぬ座の神話 主な4つの物語

おおいぬ座 シリウスとは 意味や・色 大きさ・地球からの距離など

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ヒアデス星団食 4月9日に月が掩蔽 位置と方角、時間帯は?

おうし座のヒアデス星団が、 月によって隠される ”星食”が起こります。   日付は2019年4月9日(火)   位置や方角、時間帯 などの情報も含めて ヒヤデス星団食について まと …

くじら座のギリシャ神話 ポセイドンが送り込んだケートスの物語

くじら座は、全天で 4番目の大きさを持つ星座です。   そのモデルとなったのは、 ”ケートス”という怪物だと 言われています。   ”くじら”といっても、 今のようなクジラの姿では …

北斗七星とおおぐま座の違いって?2つの特徴と北極星の見つけ方

「北斗七星とおおぐま座って、  どう違うの?」   先日、姪っ子から このような質問を受け、 北斗七星とおおぐま座についての 話をしました。   その時の簡単な遣り取りや 北斗七星 …

ペガスス座とペガサス座の違い どっちが正しい?

ギリシャ神話に出てくる 翼の生えた天駆ける馬、 といえばペガサスですよね!   このペガサスが天に上げられて ”ペガスス座”になった、 といわれていて、   星座になったらなぜ ペ …

くじら座が観測しやすい季節は?方角や位置(高度)などのまとめ

くじら座は、うお座と おひつじ座のすぐ近くにある 大きな星座です。   変光星ミラなど、 魅力的な天体があるんですが、 あまり明るい星が無く、   慣れていないとちょっと 見つけに …