%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%80%e5%ba%a7%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%80%e9%8a%80%e6%b2%b3%e3%82%84%e6%81%92%e6%98%9f%e3%81%ae%e5%90%8d

アンドロメダ座の特徴について 銀河や恒星の名前を解説

 

 

大星雲(アンドロメダ銀河)など、

見つけ方などについてまとめています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アンドロメダ座の特徴について 銀河や恒星の名前を解説

 

 

 

ですね!

 

アンドロメダ銀河は、

肉眼でも見ることができる渦巻銀河

とても人気のある天体です。

 

銀河なのに大星雲とも呼ばれているのは、

混同されていたため、その名残りです。

 

 

別名(!?)がありますが、

”シャルル・メシエ”の頭文字です。

 

星雲・星団などのカタログを作成しており、

31番、という意味です。

 

 

 

といわれています。

 

 

2番目がM110です。

 

小さな銀河のことです。

 

 

何とも壮大なスケールですね!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 クリックで拡大します

 

α星・・・アルフェラッツ:2等星

 

”馬のへそ”という意味だそうで、

 

ペガスス座の星とともに、

”秋の大四辺形(ペガススの四辺形)”

を、形作る星の一つです。

 

 

ペガスス座 秋の大四辺形の動き 方角と位置(高度)による探し方

 

 

β星・・・ミラク・2等星

     アラビア語で”腰”の意味を持つ。

 

 

γ星・・・アルマク・2等星

     オレンジとグリーンの二重星。

     の意味を持つ。

 

 

S星・・・アンドロメダ銀河の中にある超新星。

 

 

カシオペヤ座を目印にしてください。

 

 

アンドロメダ座があります。

 見えなくもないです^^;)

 

ちょうど天頂に位置しています。

 

アンドロメダ座の見つけ方 方角と位置を月毎、時間帯別に解説

 

関連記事

アンドロメダ座の神話 カシオペア座とペルセウス座との関係は?

カシオペア座の特徴と恒星の名前 神話と周りの星座の物語

ペルセウス座流星群とは 特徴と仕組み 放射点の方角と探し方

 

 

スポンサードリンク

READ  春の大曲線の探し方 見える時期と方角 月ごとの動きのまとめ