天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

エリダヌス座の見つけ方 位置(方角や高度)などひと月ごとの動きについて

投稿日:2019年8月5日 更新日:

エリダヌス座は、
川がモデルとなった
珍しい星座です。
 

大きくうねりながら
天に横たわる姿は、

残念ながら、日本では、

南のほうへ行かないと
全てを見ることはできません。
 

でも、人気が高い星雲などは、

時間帯によっては
見やすい位置にありますので、

ぜひ、観測してみてください!

 

当記事では、エリダヌス座の大体の
ひと月ごとの動き(方角や高度)を
まとめてありますので、

エリダヌス座観測の際に
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

エリダヌス座の見つけ方 位置(方角や高度)などひと月ごとの動きについて


 

エリダヌス座は、

全天で6番目、という
大きな星座ですが、
 

見えるところに明るい星が少なく、

全体像をとらえるのは
少し難しいと思います。

 

※α星のアケルナルは一等星ですが、
 南(地平線より下)にあるため、

 日本の大部分の地域では
 観測できません。

 

しかし、いくつかの3等星や
魅力的な星雲・銀河などは観測できるので、

ぜひ、探してみてください!

 

エリダヌス座の見つけ方は、
オリオン座を目印にしてください。
 


 

オリオン座のリゲル(1等星)の
すぐ近くに、

エリダヌス座で2番目に明るい
β星:クルサ(3等星)があります。

 

 

では、エリダヌス座の
もう少し詳しい動きを
解説していきましょう!

 

当記事では、エリダヌス座・γ星の動きを
追っていきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
東南東の空、
高度約15°の位置にあります。
 

南中は午後8時半ごろ。
南中高度は約40°です。
 

午前2時ごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
南南東の空、
高度約35°の位置にあります。
 

南中は午後6時半ごろ。
南中高度は約40°です。
 

午前0時ごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
南南西の空、
高度約40°の位置にあります。
 

午後10時ごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
南西の空、
高度約20°の位置にあります。
 

午後8時ごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日中に昇るため、
観測できません。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日中に昇るため、
観測できません。

 

 

7月上旬
 

午前3時半ごろ
東南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
東南東の空、
高度約10°の位置にあります。

 

 

8月上旬
 

午前1時半ごろ
東南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
南南東の空、
高度約35°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

午後11時半ごろ
東南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前4時半ごろ。
南中高度は約40°です。
 

日の出ごろ(午前5時すぎごろ)
南南西の空、
高度約40°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午後9時半ごろ
東南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前2時半ごろ。
南中高度は約40°です。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
南西の空、
高度約30°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

午後7時半ごろ
東南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前0時半ごろ。
南中高度は約40°です。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
西南西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

午後5時半ごろ
東南東の地平より顔を出します。
 

南中は午後10時半ごろ。
南中高度は約40°です。
 

午前4時過ぎごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

エリダヌス座・γ星:ザウラクの近くには
惑星状星雲:NGC1535があり、
 

まるで、綺麗な瞳のような形状から、別名

”クレオパトラの瞳”

と呼ばれています。

 

高倍率の天体望遠鏡でないと
細部まで見ることはできませんが、
 

青く輝くとても美しい星雲なので、
機会があればぜひ、観測してみてください!

 

関連記事

エリダヌス座とは 主な恒星や銀河・星雲など 星座の特徴について

エリダヌス座の神話 太陽神・アポロンと息子・パエトンの悲劇の物語

オリオン座の三ツ星の名前と意味 恒星・星雲など星座の特徴

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

おおぐま座とこぐま座の神話 カリストとアルカス親子の悲劇

おおぐま座とこぐま座の ギリシャ神話をご紹介しています。   おおぐま座は北斗七星を、 こぐま座は北極星を有する 星座として、 共に有名な天体ですが、   この2つの星座の由来とな …

ふたご座とは 主な恒星と特徴 最も明るい恒星・和名など

ふたご座は、黄道十二星座の1つで、 占星術でも有名な星座ですね!   カストルとポルックスという 双子星をはじめ、   その他の主な恒星 ふたご座の和名   など、ふたご …

きりん座とは 星座の特徴と主な恒星・銀河・星雲・星団など

きりん座は、 北極星の近くにある 大きな星座です。   周極星なので、日本では一年中、 北天で観測することができます。   あまり明るい星が無く、 目立たない星座ですが、 &nbs …

からす座の神話 アポロンの使い鳥への罰か贖罪か!?

からす座のモデルとなったのは、 太陽神・アポロンの使いのカラス だといわれています。   真っ白で美しく、 賢かったカラスが なぜ今のような姿になったのか。   からす座の由来とな …

蟹座とは 主な恒星や星団 天体としての特徴や見つけ方

かに座は、 黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でも おなじみの星座ですね!   かに座は夜空では、 少し地味な星座なんですが、   どんな恒星や 星団があるのか?など、 天体として …