天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

プレアデス星団の神話 7人姉妹とオリオンの物語

投稿日:2019年3月8日 更新日:

プレアデス星団の
ギリシャ神話をご紹介しています。
 

夜空に青白く輝く美しい星団は

日本でも”すばる”という和名で
とても人気の高い天体です。
 

その、プレアデス星団の
7つの星になった姉妹と

狩人・オリオンの物語です。

 

 

スポンサードリンク


 

 

プレアデス星団の神話 7人姉妹とオリオンの物語


 

天を支える巨神・アトラスと、
海の女神・プレイオネの間に、

プレアデスという、とても美しく、
仲の良い7人姉妹がいました。

 

彼女たちの名前は、

マイア、エレクトラ、タイゲタ、

アルキオネ、ケラエノ、アステローペ、

メローぺ、といいました。

 

彼女たちは、狩猟・貞淑の女神・
アルテミスに侍女として仕えていました。

 

 

ある日、姉妹たちが森の中で遊んでいると、
狩りをしていたオリオンと出会います。

 

彼女たちは大変美しかったので、
オリオンはたちまち惹かれ、

姉妹に近付こうとしました。

 

しかし、姉妹たちは、

オリオンの勇猛な姿を怖がって、
逃げ出してしまいました。

 

オリオンは逃すまいと、
彼女たちを追いかけ回します。

 

姉妹はオリオンから逃れようと、

どんどん森の奥深くへと
逃げ込んでいきますが、
 

オリオンは優秀な狩人だったので、
次第に追い詰められていきます。

 

とうとう、姉妹たちに、
オリオンの手が掛かろうとしたその時、
 

その様子を見ていたゼウスが
彼女たちを哀れに思い、

鳩の姿に変えて、
空へと逃がしてやりました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

プレアデス姉妹は空高く飛んでいき、

さらに、ゼウスは彼女たちを星に変え、
プレアデス星団になった、といわれています。

 

オリオンは諦めきれず、自らも星座となって、
今も、プレアデス姉妹を追いかけているそうです。
 

 

 

プレアデス7人姉妹がプレアデス星団になった、
ということでしたが、

プレアデス星団って、7つ目の星が
見つけにくいですよね?

 

これには諸説あって、
 

・姉妹の中で、唯一人間と交わったメローぺが
 それを恥じて自らの姿を見えにくくしている、
 

という説。

 

そして、もう一つは、
 

・姉妹の一人、エレクトラには、ゼウスとの間に
 ダルダノスという息子がいたのですが、
 

 彼はトロイア王家の祖で、

 彼が築いた街(後のトロイア)は
 戦争で壊滅してしまいます。
 

 エレクトラはこれを悲しみ、
 その涙のせいで、

 7つ目の星は霞んで見えにくい、
 

という説。
 

※悲しみのあまり、エレクトラは流れ星となって
 姿を消してしまった、という説もあります。

 

また、プレアデス星団が、
ぼんやり霞んで見えるのは、
 

姿を消したエレクトラを偲び、
他の姉妹たちが流した涙が

霧のように掛かっているためだ、
などともいわれています。

 

関連記事

プレアデス星団とは 星の名前と特徴 地球までの距離は?

おうし座の神話を簡単に説明します。エウロペとイオの2つの物語

おうし座流星群の小惑星が地球衝突ってどういう意味!?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

春の大曲線とは 星座と星と探し方 観測しやすい時期と方角

春の大曲線は、春の夜空で 明るい恒星を結んでいくとできる 大きな曲線のことです。   春の大曲線を構成する星と、 そこから見つかる星座の探し方や、 観測できる時期や方角、 時間帯など、 春の …

おおいぬ座の特徴 シリウス他、主な恒星の名前と星団等

おおいぬ座は、 全天で一番明るい一等星・ シリウスを有する星座です。   シリウスは冬の大三角や 冬のダイヤモンドを形成する 星の一つとして とても有名な恒星です。   おおいぬ座 …

こと座の神話 悲劇でちょっと怖い話とその後の話

こと座の神話といえば、 あの有名なオルフェウスの 物語ですね!   悲劇として知られていますが、 最後は一説によると、 結構怖い話だって知ってました?   そんな、こと座の神話の神 …

ケフェウス座とはどんな星座?恒星や星雲 未来の北極星になるって?

ケフェウス座って、 あまり耳馴染みがない 星座かも知れませんね^^;   でも、ガーネットスターや アイリス星雲(散光星雲)など、 魅力的な天体が属していることでも 地味に人気のある星座なん …

みなみのかんむり座の神話はディオニュソスが母に贈った冠の物語!?

みなみのかんむり座は、 ギリシャ時代には 星座として扱われていましたが、 (B.C.1世紀ごろの文献に  記録が残っています)   実は、これといった神話は 伝えられていません。 &nbsp …