天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

はくちょう座の動きと見つけ方 時期と時間、方角について

投稿日:2018年12月7日 更新日:

夏の大三角を形成する星の一つ、
デネブを有するはくちょう座ですが、

空でどのような動きをするのか、
(時間ごとの位置や高度など)

各月ごとに、まとめました。
 

はくちょう座の特徴などについては
こちらの記事をご参照ください。
     ↓     ↓
はくちょう座とは 特徴と恒星や星雲・星団について

 
 

スポンサードリンク


 
 

はくちょう座の動き方と見つけ方

はくちょう座は夏から秋にかけてが
観測しやすく、見頃といえる星座です。
 

各月の動きを追ってみましょう。

 
 

1月上旬

午前5時ごろ、北東の地平より昇ってきます。

徐々に高度を上げていき、
日の出頃(午前7時前頃)に北東の空、
高度約20°の位置にあります。

 
 

2月上旬

午前3時ごろ、北東の地平より昇ってきます。

徐々に高度を上げていき、
日の出頃(午前6時半過ぎ頃)に東北東の空、
高度約30°の位置にあります。

 
 

3月上旬

午前1時ごろ、北東の地平より昇ってきます。

徐々に高度を上げていき、
日の出頃(午前6時過ぎ頃)に東北東の空、
高度約50°の位置にあります。

 
 

4月上旬

午後11時ごろ、北東の地平より昇ってきます。

徐々に高度を上げていき、
日の出頃に東の空、高度約60°の位置にあります。

 
 

5月上旬

午後9時ごろ、北東の地平より昇ってきます。

徐々に高度を上げていき、
日の出頃に天頂近くに達します。

 
 

6月上旬

午後7時ごろ、北東の地平より昇ってきます。

徐々に高度を上げていき、
夜中の3時ごろに天頂に達します。

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
西の空、高度約70~80°の位置にあります。
(ほぼ天頂近くです)

 
 

7月上旬

日の入りの頃(午後7時ごろ)には
北東の空、高度20°位の位置にあります。

天頂に達するのは午前1時ごろ。

日の出の頃(午前4時ごろ)には
西の空、高度約60°の位置にあります。

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

8月上旬

日の入りの頃(午後7時ごろ)には
北東の空、高度約40°の位置にあります。

天頂に達するのは午後11時ごろ。

日の出の頃(午前5時ごろ)には
北西の空、高度約30°の位置にあります。

 
 

9月上旬

日の入りの頃(午後6時ごろ)には
東北東の空、高度約50°の位置にあります。

天頂に達するのは午後9時ごろ。

ちょうど、日の出の頃(午前5時ごろ)に
北西の地平に沈みます。

 
 

10月上旬

日の入りの頃(午後5時半ごろ)には
天頂近くにあります。

その後徐々に北西方向に高度を下げていき、
夜中の3時から4時ごろには
北西の地平に沈みます。

 
 

11月上旬

日の入りの頃(午後5時ごろ)に
ちょうど天頂に位置しています。

その後徐々に北西方向に高度を下げていき、
夜中の2時ごろには北西の地平に沈みます。

 
 

12月上旬

日の入りの頃(午後4時半ごろ)
天頂よりやや西に下りたところに位置しています。
(ほぼ天頂といっても良いくらいの位置です)

その後徐々に北西方向に高度を下げていき、
日が変わる頃には北西の地平に沈みます。

 

 

デネブの見つけ方は、
まず、夏の大三角を見つけてください。
 

夏の夜空で夏の大三角はかなり目立つので
すぐ見つかると思います。

 

3つの星の中で一番明るいのがこと座のベガで、
 

7月中旬では午後11時ごろ

8月中旬では午後9時ごろ

9月中旬では午後7時ごろ
 

ベガは、天頂近くに位置しています。

 

この時間帯に探すなら、
ベガから、北東のほうへ少し下がったところにある
明るい星がデネブです。

 

夏の大三角について、
詳しくは以下の記事をご覧ください。
     ↓     ↓
夏の大三角とは 星の名前と星座 方角や見つけ方 動きなど

 

関連記事

はくちょう座κ流星群とは 時間と方角 仕組みと時期 母天体は?

はくちょう座κ流星群 2019年のピークの時間帯と方角は?

はくちょう座の神話を簡単に説明します 由来は複数ありますが・・・

こと座の特徴と恒星の名前 見える時期と見つけ方

こと座 ベガの色や大きさ、アルタイルとの距離と位置は?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オリオン座の三ツ星の名前と意味 恒星・星雲など星座の特徴

オリオン座といえば、 冬の夜空を代表する とても有名な星座ですね!   特徴的な三ツ星があるので 見つけやすく、 一度はご覧になったことが あるかと思います。   そんなオリオン座 …

蟹座とは 主な恒星や星団 天体としての特徴や見つけ方

かに座は、 黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でも おなじみの星座ですね!   かに座は夜空では、 少し地味な星座なんですが、   どんな恒星や 星団があるのか?など、 天体として …

ちょうこくぐ座とは 意味や星座の特徴 主な恒星や銀河について

ちょうこくぐ座って 変わった名前ですよね?   フランスの天文学者・ ラカイユによって、 18世紀に設定された 新しい星座です。   ”ちょうこくぐ”とは どういう意味なのか どん …

ふたご座とは 主な恒星と特徴 最も明るい恒星・和名など

ふたご座は、黄道十二星座の1つで、 占星術でも有名な星座ですね!   カストルとポルックスという 双子星をはじめ、   その他の主な恒星 ふたご座の和名   など、ふたご …

冬の大三角と天の川

冬の大三角とは 星座の名前と星名 方角と探し方 消滅の危機とは!?

冬の大三角とは、 冬の夜空に浮かぶ3つの1等星を 結ぶとできる三角形のことをいいます。   冬の大三角は、どの星座の、 何という恒星によって 構成されているのか、   見える時期は …