天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

くじら座のギリシャ神話 ポセイドンが送り込んだケートスの物語

投稿日:2019年7月19日 更新日:

くじら座は、全天で
4番目の大きさを持つ星座です。
 

そのモデルとなったのは、
”ケートス”という怪物だと
言われています。
 

”くじら”といっても、
今のようなクジラの姿ではなく、
 

頭は獣、胴体はアザラシのようで、
下半身は魚だったと伝えられています。
 

くじら座の由来となった、
ケートスの物語を

出来るだけ簡単に
解説していきます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

くじら座のギリシャ神話 ポセイドンが送り込んだケートスの物語


 

くじら座のモデルとなったケートスは、
海神・ポセイドンによって作られた、とも、

怪物・テュポンとエキドナの子供だった、
とも言われています。

 

※テュポンとは、ギリシャ神話で
 最大・最強の怪物で、

 その力は大神・ゼウスに匹敵する、
 とも言われています。

 ナイル河畔の神々の宴会に
 乱入したエピソードが有名です。
 

 このエピソードについては、
 やぎ座の神話・うお座の神話も、
 併せてご参照ください。
 

やぎ座の神話 アイギパーンとカプリコルヌス 2つの説について

うお座の神話 星座の由来となったアフロディーテとエロスの物語

 

 

スポンサードリンク


 

 

そして、ポセイドンによって、
エチオピア王国を罰するため、

送り込まれた怪物として
知られています。

 

ケートスがエチオピアに
送られるようになった経緯とは・・・

 

 

エチオピア国王・ケフェウスと、
その王妃・カシオペアには

アンドロメダという、
大変美しい娘がいました。

 

母親のカシオペアは、
事ある毎に娘の美貌を自慢し、
 

ついには、アンドロメダの美貌は
女神にも勝る、などという、

神を冒涜するような
発言をしてしまいます。

 

娘ではなく、自分の美貌を自慢した、
 という説もあります。

 

 

このことに神々は怒り、

海神・ポセイドンは
カシオペアを懲らしめるため、

怪物・ケートスを
エチオピアへと向かわせます。

 

エチオピア近海でケートスは暴れまくり、
これを鎮めるために得た神託が、

”アンドロメダ姫をケートスの生贄にせよ”

というもの。

 

 

泣く泣く娘を差し出し、

アンドロメダがケートスに
飲み込まれようとした瞬間、
 

ケートスはペルセウスによって
退治されてしまった、という物語です。

 

 

この物語は、以下の記事とも関連してますので
よろしければ一緒にご覧ください。
     ↓     ↓
ペルセウス座の神話 アンドロメダ座とカシオペア座の伝説と由来【中編】

 

 

この怪物ケートスが、
天に上げられくじら座になった、

と言われていますが、
 

特に功績を称えられたわけでもなく、

なぜ星座になったのかは
伝えられていません。

 

あまり深く考えることでは
無いのかもしれませんが、

星座になれる基準、というのが、
今一つ、よくわかりませんね~^^;

 

関連記事

くじら座の星の名前や銀河・星雲・オロチなど 星座の特徴について

くじら座が観測しやすい季節は?方角や位置(高度)などのまとめ

ペルセウス座流星群とは 特徴と仕組み 放射点の方角と探し方

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

とかげ座の位置はどこ?ひと月ごとの動きのまとめ

とかげ座は、ジグザグで ユニークな形をした星座で、   17世紀に、ポーランドの天文学者・ へべリウスによって設定された、 10の星座のうちの一つです。   小さくて、明るい星が無 …

いるか座の見つけ方とひと月ごとの動き 夏の大三角を目印に!

いるか座は、 小さなひし形が特徴的な 夏の星座です。   日本でも菱星(ヒシボシ) などと呼ばれ、 古くから親しまれてきました。   でも、いるか座には 目立った明るい星が無いので …

エリダヌス座の見つけ方 位置(方角や高度)などひと月ごとの動きについて

エリダヌス座は、 川がモデルとなった 珍しい星座です。   大きくうねりながら 天に横たわる姿は、 残念ながら、日本では、 南のほうへ行かないと 全てを見ることはできません。   …

春の大三角とは 星の名前と星座 見つけ方は?

春の大三角ってご存知でしょうか?   春の夜空に、星で出来た、 きれいな三角形が見られるんですが、 三角形を構成する星の名前と、 それはどの星座の恒星なのか、 見つけ方はどうすれば良いのか? …

しし座の神話を簡単に解説 人食いライオンとヘラクレスの死闘

しし座は春を代表する星座で、 形もわかりやすく、 見つけやすい星座です。   その、しし座の由来となった 神話をご紹介しています。   なるべく簡単に、わかりやすく 解説しましたの …