天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

とも座の見つけ方 ゼータ星の位置や高度などひと月ごとの動きのまとめ

投稿日:2019年11月2日 更新日:

とも座は、アルゴ座から
分割された星座の一つで、
 

日本では、あまり高くまで
昇らないので、

少し観測しづらい星座です。

 

シリウス(おおいぬ座:一等星)や
カノープス(りゅうこつ座:一等星)が
すぐ近くにあるので、
 

なるべく南方の、
南側が開けた場所で
一緒に観測するのもいいですね!
 

当記事では、とも座の、
ひと月ごとの大体の位置を
まとめていますので、
 

とも座観測の際に
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

とも座の見つけ方 ゼータ星の位置や高度などひと月ごとの動きのまとめ


 

とも座は、2等星が一つと、
あとは3等星以下の恒星で形成されていて、

夜空では特に目立つことはありません。

 

 

とも座の見つけ方は、

おおいぬ座のシリウスと、

りゅうこつ座のカノープス

目印に、探してみてください。

 

 

シリウスは全天一、カノープスは
全天で2番目という明るさなので、

夜空で非常に目立つ存在です。

 

その2つの星の間あたりにあります。
 

 

※カノープスは南の地平線あたりにあるので
 見られない地域が大部分かと思います・・・
 

 シリウスだけでも十分目印になりますので、

 カノープスが見えないときは
 シリウスを目印にしてください。

 

 

では、とも座のひと月ごとの動きを
見ていきましょう!

 

当記事では、とも座の中で最も明るい
ζ星(ゼータ星)の動きを
追っていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

1月上旬
 

午後9時ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前1時ごろ。

南中高度は約15°です。
 

午前4時半ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬
 

午後7時ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午後10時半ごろ。

南中高度は約15°です。
 

午前2時半ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午後9時ごろ。

南中高度は約15°です。
 

午前0時半ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
南の空、高度約15°の位置にあります。
 

南中は午後7時ごろ。

南中高度は約15°です。
 

午後10時半ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南南西の空、高度約10°の位置にあります。
 

午後8時半ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
南西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬
 

出入が日中のため、
観測できません。

 

 

8月上旬
 

出入が日中のため、
観測できません。

 

 

9月上旬
 

日の出ごろ(午前5時過ぎごろ)
南東の地平より顔を出します。

 

 

10月上旬
 

午前3時過ぎごろ
南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)

南南東の空、
高度約10°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

午前1時過ぎごろ
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前5時ごろ。

南中高度は約15°です。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)

南南西の空、
高度約12°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

午後11時半ごろ
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前3時ごろ。

南中高度は約15°です。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
南西の地平に沈みます。

 

関連記事

とも座とは 主な恒星や星団・星雲など 星座の特徴について

ほ座の見つけ方 位置や方角・高度など、ひと月ごとの動き

ほ座超新星残骸やガム星雲など、主な恒星や星座の特徴について

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

かに星雲 超新星の記録 藤原定家が日記『明月記』に記す

かに星雲は、おうし座にある 超新星残骸ですが、 約1000年前に、 超新星爆発を起こした当時の記録が 日本や中国に 複数残されています。   今回は、超新星爆発を起こし、 かに星雲となった当 …

かに座のギリシャ神話 大蟹カルキノスとヘラクレスの物語

かに座のギリシャ神話を ご紹介しています。   夜空では目立たない星座ですが、 その由来となった ギリシャ神話でのエピソードも、 ものすごく控えめです・・・   健気で切ない大蟹・ …

おひつじ座の神話を簡単に解説 黄金の毛皮を持つ牡羊の物語

おひつじ座の由来となった ギリシャ神話の物語を ご紹介しています。   おひつじ座は、ゼウスが遣わした 黄金の毛皮を持つ牡羊が、 天に上げられ 星座となったんですが、   ちょっと …

エリダヌス座の見つけ方 位置(方角や高度)などひと月ごとの動きについて

エリダヌス座は、 川がモデルとなった 珍しい星座です。   大きくうねりながら 天に横たわる姿は、 残念ながら、日本では、 南のほうへ行かないと 全てを見ることはできません。   …

春の大曲線の探し方 見える時期と方角 月ごとの動きのまとめ

春の大曲線は、 いつ、どの方角で見られるのか?   ほぼ、年中、時間にこだわらなければ 見ることはできますが、 効率よく、都合に合わせて 観測できるように、 月毎の、春の大曲線と 北斗七星の …