%e6%9c%88%e9%bd%a2%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e5%b0%8f%e6%95%b0%e7%82%b9%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%9c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%81%ae%ef%bc%9f%e7%ae%97%e5%87%ba%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%82%92%e3%82%8f%e3%81%8b

月齢とは?小数点はなぜつくの?算出方法をわかりやすく説明します!

よく見かけますが、

 

月齢に小数点が付いているのはなぜ?

 

解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

月齢とは?小数点はなぜつくの?

数字で表したもので、

1日ごとに1ずつ増えていきます。

 

 

 

月齢22あたりが下弦の月

 

以降これの繰り返しです。

 

ズレが生じるためです。

 

月の満ち欠けの仕組みと呼び方

 

1や2などのすっきりした整数ではなく、

表されていることが多いですよね?

 

表されるからなんです。

 

どういうことかというと、

 

(通常○日○時○分など、分単位です)

 

その日の月齢を0とし、

小数点なしの整数で表すことができますが、

というのはなかなか無く、

(といっても、年2~3回くらいはありますが^^;)

ちょっとずれることの方が多いんですね。

 

小数点が付いていることが多いんです。

 

わかりやすいですね!

みていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

月齢の算出方法

みていきましょう!

 

 

 

その日の月齢はその日の正午でみるので、

 

 

時間ではわかりにくいので、分に直すと

356分 ÷ 1440分 = 0.2472…

 

小数点第二位以下を四捨五入すると、

2月5日の月齢は、0.2

 

と、毎日1ずつ進んでいきます。

 

算出されます。

 

関連記事

月の自転と公転周期は同じ!月の裏側が地球から見えない理由【図説】

月の色と名前 ブルー ブラッド ブラック ストロベリームーンとは

月の満ち欠けの仕組みと呼び方

月食と月の満ち欠けの違いと仕組み

 

スポンサードリンク

READ  月の満ち欠けの仕組みと呼び方を詳しく、わかりやすく説明します!図説