天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

月食 2019年7月17日 部分月食の方角と時間帯 見える地域は?

投稿日:2018年11月13日 更新日:

今年(2019年)7月17日に、
日本で月食が見られます。

この日見られるのは部分月食で、
月没帯食(月入帯食)です。
 

何時ごろ、どの方角でみえるのか、

見える地域はどのあたりか、
 

など、2019年7月17日月食について
まとめました。

 
 

スポンサードリンク


 
 

月食 2019年7月17日 部分月食の方角と時間帯 見える地域

2019年7月17日(水)
日本で部分月食が観測できます。
 

時間帯は明け方、月が欠けたまま沈む
月没帯食(月入帯食)です。
 

今回の月食は、時間帯が明け方なので、
月の高度が低く、(10°以下)
観測条件はあまり良くないですね。

 

月食に仕組みについては
以下の記事をご覧ください。
     ↓     ↓
月食と月の満ち欠けの違い 仕組みを詳しく説明します【図説】

月の満ち欠けの仕組みと呼び方を詳しく、わかりやすく説明します!図説

 

今回の月食がギリギリ観測できる地域は
中国・四国地方より西の地域になります。
 

部分食の開始は17日午前5時ごろ。

方角は南南西です。
 

食の最大は午前6時半ごろで、

各地域、5時すぎから6時前ごろには
月の入りを迎えるので、

食の最大まで見られる地域はありません。

 

月の入りの頃の食分は、

福岡で約0.2
那覇で0.5弱

というところです。

 

食分0.5で、月の見かけの約50%が欠ける、
ということを意味します。

 
 
 

スポンサードリンク


 
 
 

今年日本で見られる月食はこれだけで、
2019年は月食に関しては
ちょっと残念な年ですね・・・

 

来年(2020年)は、
半影月食が3回見られます。
 

半影月食といえど、3回というのは
珍しいことなんですが、

半影では月の変化は
肉眼ではわかりにくいので、
微妙なところですね・・・

 

期待できるのは、2021年。

5月に皆既月食、
11月に部分月食が観測できます。
 

次年度以降の月食に関しては、
随時、記事を追加していきますので、
また、チェックしてみてくださいね!

 

関連記事

皆既月食の月の色の変化 赤い色はいつも同じじゃない理由

皆既月食で月が赤く見える理由とは 図でわかりやすく説明します

月の満ち欠けの仕組みと呼び方

月齢とは?小数点はなぜつくの?算出方法をわかりやすく説明します!

月の自転と公転周期は同じ!月の裏側が地球から見えない理由【図説】

中秋の名月とは 毎年日にちがずれたり、満月ではないのはなぜ?

月の色と名前 ブルー ブラッド ブラック ストロベリームーンとは

 
 

スポンサードリンク


-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マイクロムーンとは?スーパームーンとどう違う?

マイクロムーンって 聞いたことがありますか? 名前からして、 大体の意味はわかりそうですが、 スーパームーンとどう違うのか どういう仕組みなのか など、マイクロムーンについて まとめました。 &nbs …

皆既月食で月が赤く見える理由とは 図でわかりやすく説明します

皆既月食中の月って、赤黒い 赤銅色といわれる色に見えますが、 どうしてそのような現象が 起こるのでしょうか?   地球の影が月表面に映っているのに どうして赤く見えるのか、 その理由を図を使 …

月の自転と公転周期は同じ!月の裏側が地球から見えない理由【図説】

月の裏側が地球から見えない理由は 月の自転と公転周期が同じだから。 この表現、よく見かけますよね。   でもこれ、サラッと言ってますが、 ちょっと難しくありませんか?   専門的な …

ストロベリームーンとは?意味と由来 ブラッドムーンとの違いについて

月の呼び名はいろいろありますが、 中でも、ストロベリームーンって、 とても可愛らしい名前ですよね! ストロベリームーンは そのイメージから   ”ピンク色に見える月” ”恋人と見ると恋が叶う …

月食

皆既月食の月の色の変化 赤い色はいつも同じじゃない理由

皆既月食中の月の色は 赤銅色といわれる、 赤黒い色に見えます。 血を思わせるような色だということで、 ”ブラッドムーン” または ”レッドムーン” などとも呼ばれています。 でも、いつも一定の赤黒色に …