はやぶさ2のリュウグウへのタッチダウン その方法と難しさについて

はやぶさ2が、

タッチダウンに成功したのは

 

思っていたより表面に岩塊が多く、

 

タッチダウンの方法や、

 

延期になった理由も解説していますので、

どうぞご覧ください!

 

 

スポンサードリンク

 

 

はやぶさ2のリュウグウへのタッチダウン その方法と難しさについて

 

はやぶさ2は、2019年2月22日に、

1回目のタッチダウンに成功。

 

2019年7月11日に、

予定されています。

 

——追記——

 

 無事に行えたと見られています。

 

 

 

今回のような場合は

はやぶさ2の小惑星リュウグウへの”着陸”

という意味になります。

 

 

想像を絶するほど難しいことなんです!

 

 

 

・緯度が±30°ほどの範囲であること

 タッチダウンを行う時は、

 リュウグウの地表が並行で、

 その条件を満たすには、

 (赤道を挟んで約400m)

 ほどの範囲でなければならない。

 

 

・表面の傾きが平均30°以内であること

 太陽光パネルに太陽光がしっかり当たらなくなるため。

 

 

・直径100mほどの平坦な部分があること

 考えられているため。

 

 

・岩塊の高さが70cm以下であること

 の長さが約1mなので、

 

※当初は50cm以下とされていました。

 

 

・表面温度が97℃(絶対温度370k)以下であること

 

 

クリアしなければなりませんでした。

 

 

思った以上に岩塊が多く、

広い平坦な場所はありませんでした。

(20~30mほどでも無理だったようです)

 

第1回目のタッチダウンは

延期になってしまったんです。

 

 

 

着陸することに成功しました!

 

はやぶさ2のピンポイント・タッチダウンとは?

 

 

 

リュウグウ(直径約900m)に、

 

”日本からブラジルにある6cmの的を狙うのと同じ”

というほどの精度を必要とするそうです。

 

その数倍以上の精度が要求される、とのこと。

 

 

 

片道18分ほどもかかってしまうようで、

操作するのも一筋縄ではいきませんからね~

 

凄いんですね!

 

 

無事に着陸後、弾丸を発射。

 

砂粒などのサンプルを採取。

(無事に採取できていたらいいですね!)

 

機体はすぐに離脱します。

 

 

うまくいかなかったこの工程を

見事にやってのけました!!

 

 

スポンサードリンク

 

 

はやぶさ2のタッチダウン 2回目の予定は?

2019年 7月11日に決定しました!

 

 

 

クレーター作成の際の衝撃で飛び散った

サンプリングが目的です。

 

 

——追記——

 はやぶさ2は2回目のタッチダウンに成功し、

 

 今後は小型探査機を使ってリュウグウを観測、

 来年・2020年末ごろ地球に帰還予定となっています。

 

 

小惑星リュウグウは、

考えられています。

 

地球などの惑星は、

 

低温を保ってきた小惑星などは

と考えられています。

 

 

また、リュウグウは

 

 

新しい情報が得られるかもしれない、

と期待されています。

 

 

うまくいかなくて、

 

 

とても慎重に決めたそうですね。

 

果たしてほしいです^^

 

関連記事

はやぶさ2のクレーターの目的って?作り方や大きさは?

はやぶさ2のインパクタの仕組み 人工クレーターを作った衝突装置について

小惑星リュウグウとは 大きさや成分など天体の特徴について

 

 

スポンサードリンク

READ  惑星の接近 2020年はいつ起こる?