天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

さんかく座の見つけ方 見やすい季節とひと月ごとの動きのまとめ

投稿日:2019年7月10日 更新日:

さんかく座は、二等辺三角形の
綺麗な形をした星座です。
 

小さくて、あまり
明るい星はありませんが、
 

一度見つけてしまえば

次からは割と
目に付きやすい星座です。
 

そんな、さんかく座ですが、
観測しやすいように、

その動きをひと月ごとに
まとめました。
 

いつ頃、どの位置(方角や高度)に
あるかが分かっていれば

見つけやすいと思いますので、
 

さんかく座 観測の際に
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

さんかく座の見つけ方 見やすい季節とひと月ごとの動きのまとめ


 

さんかく座は、

ペルセウス座・アンドロメダ座・
うお座・おひつじ座の、

4つの星座に囲まれた
真ん中あたりに位置しています。

 クリックで拡大します

 

見つけ方は、秋の四辺形と、
おうし座のすばる(プレアデス星団)
目印にしてください。

 

さんかく座はその2つの
中間辺りにあります。

 

秋の四辺形とおうし座すばる(プレアデス星団)
については、以下の記事をご参照ください。
     ↓     ↓
秋の四辺形の見つけ方 星座と星の名前 北極星を探す目印にも

プレアデス星団とは 星の名前と特徴 地球までの距離は?

 

 

観測しやすい季節は
秋から冬にかけてです。

 

南中時、ちょうど天頂に来るので、
時刻を合わせて観測してみてください。

 

 

では、さんかく座のひと月ごとの動きを
見ていきましょう!

 

当記事では、さんかく座の中で最も明るい
β星の動きを追っていきたいと思います。

 

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
東の空、高度約65°の位置にあります。
 

南中は午後7時ごろ、
天頂に位置しています。
 

午前3時ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
南中します。

南中高度は約90°
天頂です。
 

午前1時ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
西の空、高度約60°の位置にあります。
 

午後11時ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
西北西の空、高度約30°の位置にあります。
 

午後9時ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
北西の空、高度約5°の位置にあります。
 

午後7時ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

午前1時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
東北東の空、
高度約35°の位置にあります。
 

 

7月上旬
 

午後11時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
東の空、高度約60°の位置にあります。
 

 

8月上旬
 

午後9時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
南中します。

南中高度は約90°
天頂です。

 

 

9月上旬
 

午後7時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前3時ごろ、
天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
西の空、高度約65°の位置にあります。
 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
北東の空、高度約5°の位置にあります。
 

南中は午前1時ごろ、
天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
西北西の空、高度約35°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
東北東の空、高度約20°の位置にあります。
 

南中は午後11時ごろ、
天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
北西の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
東北東の空、高度約35°の位置にあります。
 

南中は午後9時ごろ、
天頂に位置しています。
 

午前5時ごろ
北西の地平に沈みます。

 

関連記事

さんかく座とは 銀河や主な恒星など星座の特徴について

おうし座とは 恒星や星雲・星団などの特徴と探し方

ペガスス座 秋の大四辺形の動き 方角と位置(高度)による探し方

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

きりん座の見つけ方 位置(方角・高度)など ひと月ごとの動き

きりん座は北天の星座で、 北極星のすぐ近くにある 周極星です。   大きな星座なんですが、 目立った明るい星などが無く、 夜空ではちょっと 見つけにくいかもしれません。   そこで …

へび座の主な恒星の名前と星団・星雲など星座の特徴について

へび座は、2つに分断されている、 ちょっと珍しい星座です。   はじめは、へびつかい座の 一部として扱われていたのが、 後に切り離される、という、 ちょっと変わった経歴をもっています。 &n …

うしかい座の神話 こぐま座・おおぐま座との関係と3つの説

うしかい座の神話には いくつか説があって、 誰がモデルになったのかは はっきりしていません。   ここでは、諸説ある中で、 主な3つの説を取り上げてみました。     ス …

ペルセウス座の夏の方角と位置 探し方・見つけ方について

ペルセウス座流星群を観測するにあたり、 ペルセウス座の夏の方角と位置の情報、 ペルセウス座の探し方を お届けしたいと思います。   また、夏以外の季節の時間ごとの動きも ご紹介していますので …

ペルセウス座の神話 アンドロメダ座とカシオペア座の伝説と由来【中編】

ペルセウス座の近くには、 アンドロメダ座とカシオペア座がありますが、 この2つの星座も、ペルセウス座の神話に 深くかかわっています。   英雄・ペルセウスの冒険の物語と アンドロメダ・カシオ …