天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ろくぶんぎ座とは 意味や星座の特徴 銀河・主な恒星など

投稿日:2019年6月5日 更新日:

ろくぶんぎ座は、

17世紀に作られた
新しい星座です。
 

ろくぶんぎ座の”ろくぶんぎ”
とは何か?

どんな恒星があるのか

属する銀河は?
 

など、ろくぶんぎ座の
星座の特徴について
まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ろくぶんぎ座とは 意味や星座の特徴


 

ろくぶんぎ座の”ろくぶんぎ”って、
何なのでしょうか?

 

”ろくぶんぎ”は漢字では
”六分儀”と書きます。

 

六分儀とは、2つの物体の角度を
正確に測定する計測器で、
 

主に、航海の時に、
天体と水平線の間の角度、

つまり、天体の高度を測定し、
 

現在地を把握するために
使用されてきました。

 

 

 

ろくぶんぎ座は、1687年に、
ポーランドの天文学者である

ヨハネス・ヘベリウスによって作られた
新しい星座です。
 

なので、ろくぶんぎ座の神話はありません。

 

ヘベリウスは、ろくぶんぎ座のほかに、
 

こぎつね座・こじし座・たて座・とかげ座・

やまねこ座・りょうけん座・ケルベルス座・

しょうさんかく座・マエナルスさん座

 

という、全部で10個の星座を設定しています。

 

このうち、ケルベルス座・しょうさんかく座・
マエナルスさん座の3つは、

1922年の国際天文学連合:IAUの総会で
88星座を定めたときに廃止され、現在は、
 

ケルベルス座・・・ヘルクレス座の93番星、
         95番星、96番星、109番星
 

しょうさんかく座・・・さんかく座の6番星、
(小三角座)     10番星、12番星
 

マエナルスさん座・・・うしかい座の一部
(マエナルス山座)

 

に、それぞれ属する形となっています。

 

 

ろくぶんぎ座は、
どうして作られたのかというと、
 

ヘベリウスは、自宅が火事になったことがあり、

その時に、天文観測装置や書物などを
失くしてしまったことがあったんです。

 

この時無くなってしまった機材を偲んで
ろくぶんぎ座を作ったのだ、と言われています。

 

一瞬にして全てを失ってしまって
ショックだったと思いますが、

現在も星座として残っているのは
せめてもの救いなのかもしれませんね・・・

 

 

スポンサードリンク


 

 

ろくぶんぎ座の銀河・主な恒星など

 

では、ろくぶんぎ座の主な恒星や
属する銀河をご紹介しましょう!
 

 クリックで拡大します
 

α星・・・固有名なし:4等星

     ろくぶんぎ座で一番明るい恒星。

 

 

NGC3115・・・レンズ状銀河

     別名、スピンドル銀河・紡錘銀河
     とも言われている。

     この銀河の中に、超大質量ブラックホール
     (太陽の約20憶倍)があるといわれている。

 

ブラックホールについては、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
ブラックホールとは その正体と仕組み・成り立ちについて

ブラックホールの種類 大きさや構造・性質について

 

 

NGC3165・・・渦巻銀河

NGC3166・・・棒渦巻銀河

NGC3169・・・螺旋銀河
 

これら3つは相互作用銀河(お互いに
影響しあっているように見える銀河)です。

 

 


 

ろくぶんぎ座には明るい恒星が無く、
夜空では見つけにくいと思います。

 

なので、しし座のレグルス(1等星)を
目印にしてみてください。

 

その少し下にうみへび座のアルファルド
(2等星)があり、

ろくぶんぎ座はその中間あたりにあります。

 

関連記事

星座 ろくぶんぎ座のひと月ごとの位置(方角や高度)と動き

うみへび座の見つけ方 見やすい季節とひと月ごとの動き

しし座の方角と位置(高度)ひと月ごとの動きと見つけ方

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

りょうけん座の見つけ方 位置や方角など、ひと月ごとの動き

りょうけん座は 星座自体はわりと大きいんですが、 目立つ星が少なく、最初はちょっと 分かりにくいかもしれません。   そこで、りょうけん座の大体の動きを ひと月ごとにまとめました。 &nbs …

ヘルクレス座の恒星の名前 星団や銀河など星座の特徴と見つけ方

ヘルクレス座は一等星などの 明るい恒星が無く、 ギリシャ神話の英雄でありながら、 夜空ではとても大人しい星座です。   ヘルクレス座の恒星の名前 ヘルクレス座に属する星団や 星雲、銀河など …

うしかい座の動き 見える時期と見つけ方について

うしかい座というと、 あまり耳慣れないかもしれませんが、 春の大三角を形成する ”アークトゥルス”を有する星座、 といえば、ピンとくる方も 多いかもしれませんね!   今回は、うしかい座が天 …

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

いて座のひと月ごとの、 夜空での天体としての動きを まとめています。   いて座はよく目立つ さそり座の隣にあり、 いて座の南斗六星も 割と目立つので、 見つけやすい星座だと思いますが、 & …

とかげ座の位置はどこ?ひと月ごとの動きのまとめ

とかげ座は、ジグザグで ユニークな形をした星座で、   17世紀に、ポーランドの天文学者・ へべリウスによって設定された、 10の星座のうちの一つです。   小さくて、明るい星が無 …