天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

かんむり座がよく見える季節は?方角や位置(高度)のひと月ごとのまとめ

投稿日:2019年5月25日 更新日:

かんむり座は、
7つの星が半円状に並ぶ、

とても可愛らしい星座です。
 

でも、アルファ星以外
明るい星もなく、

小さな星座なので、夜空では
ちょっと見つけにくいかもしれません。
 

そんな かんむり座ですが、
 

よく見える季節

何時ごろ、どの位置(方角や高度)に
出ているのか
 

などをまとめました。
 

かんむり座観測の際に、
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

かんむり座がよく見える季節は?方角や位置(高度)のひと月ごとのまとめ


 

かんむり座がよく見える季節
(観測しやすい時期)は、

春から夏にかけてです。

 

かんむり座は、
7つの星が半円状に並んでいて、

一番明るいアルファ星(2等星)が
ほぼ中央に位置しています。

 

アルファ星:アルフェッカは別名、
”ゲンマ(宝石)”といわれていて、

まるで王冠の中央に輝く宝石のようで
とても綺麗です。

 

 

かんむり座の見つけ方は、
うしかい座を目印にしてください。
 

 クリックで拡大します
 

うしかい座のすぐ隣にかんむり座はあります。

 

うしかい座については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
うしかい座とは 恒星の名前と見つけ方

 

 

では、かんむり座のひと月ごとの動きを
見ていきましょう!

 

この記事では、α星:アルフェッカ(ゲンマ)
動きを追っていきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

午前1時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前7時ごろ)
東南東の空、高度約70°(天頂近く)
の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

午後11時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
南南西の空、高度約80°(ほぼ天頂)
の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

午後9時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前4時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
西南西の空、高度約70°(天頂近く)
の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

午後7時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前2時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
西の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
東北東の空、高度約15°の位置にあります。
 

南中は午前0時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前5時前頃)
西の空、高度約35°の位置にあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前ごろ)
東の空、高度約45°の位置にあります。
 

南中は午後10時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前4時半頃)
西北西の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
東南東の空、高度約70°(天頂近く)
の位置にあります。
 

南中は午後8時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

午前4時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南南西の空、高度約80°(ほぼ天頂)
の位置にあります。
 

午前2時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
西南西の空、高度約60°の位置にあります。
 

午前0時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半前ごろ)
西の空、高度約50°の位置にあります。
 

午後10時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半過ぎごろ)
西の空、高度約35°の位置にあります。
 

午後8時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
西北西の空、高度約15°の位置にあります。
 

午後6時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

関連記事

かんむり座アルファ星と主な恒星 見つけ方と星座の特徴

かんむり座の神話 ディオニュソスからアリアドネへの贈り物の物語

ヘラクレス 十二の試練とは?【前編】

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ペルセウス座の神話 アンドロメダとの結婚 その後の物語【後編】

ペルセウス座の神話、後編です。   アンドロメダを救出し、 妻として共にセリポス島へ 帰ってきたところからの話です。   ペルセウスの誕生とメデューサの討伐、 アンドロメダとの結婚 …

たて座UY星より大きい星はある?太陽や地球と比較してみると・・・

たて座UY星って ご存知ですか?   現在、宇宙で一番大きい恒星 (大きさ=直径)と 言われている星です。   たて座UY星というのは どういう星なのか 温度や大きさ(直径や質量) …

いるか座のギリシャ神話 ポセイドンとアリオンを助けた海豚の物語

いるか座の由来となった ギリシャ神話は いくつか伝えられています。   その中でも、海神・ポセイドンと アンフィトリテの物語、 音楽家・アリオンの物語が 有名です。   この2つの …

冬の大三角の神話 オリオン座・おおいぬ座・こいぬ座の物語

冬の夜空に輝く 冬の大三角の神話をご紹介します。   オリオン座・おおいぬ座・ こいぬ座にまつわるエピソードと、 それぞれの星座の神話についても 解説しています。   冬の大三角に …

冬の大三角と天の川

冬の大三角とは 星座の名前と星名 方角と探し方 消滅の危機とは!?

冬の大三角とは、 冬の夜空に浮かぶ3つの1等星を 結ぶとできる三角形のことをいいます。   冬の大三角は、どの星座の、 何という恒星によって 構成されているのか、   見える時期は …