天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

かんむり座がよく見える季節は?方角や位置(高度)のひと月ごとのまとめ

投稿日:2019年5月25日 更新日:

かんむり座は、
7つの星が半円状に並ぶ、

とても可愛らしい星座です。
 

でも、アルファ星以外
明るい星もなく、

小さな星座なので、夜空では
ちょっと見つけにくいかもしれません。
 

そんな かんむり座ですが、
 

よく見える季節

何時ごろ、どの位置(方角や高度)に
出ているのか
 

などをまとめました。
 

かんむり座観測の際に、
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

かんむり座がよく見える季節は?方角や位置(高度)のひと月ごとのまとめ


 

かんむり座がよく見える季節
(観測しやすい時期)は、

春から夏にかけてです。

 

かんむり座は、
7つの星が半円状に並んでいて、

一番明るいアルファ星(2等星)が
ほぼ中央に位置しています。

 

アルファ星:アルフェッカは別名、
”ゲンマ(宝石)”といわれていて、

まるで王冠の中央に輝く宝石のようで
とても綺麗です。

 

 

かんむり座の見つけ方は、
うしかい座を目印にしてください。
 

 クリックで拡大します
 

うしかい座のすぐ隣にかんむり座はあります。

 

うしかい座については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
うしかい座とは 恒星の名前と見つけ方

 

 

では、かんむり座のひと月ごとの動きを
見ていきましょう!

 

この記事では、α星:アルフェッカ(ゲンマ)
動きを追っていきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

午前1時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前7時ごろ)
東南東の空、高度約70°(天頂近く)
の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

午後11時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
南南西の空、高度約80°(ほぼ天頂)
の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

午後9時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前4時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
西南西の空、高度約70°(天頂近く)
の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

午後7時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前2時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
西の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
東北東の空、高度約15°の位置にあります。
 

南中は午前0時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前5時前頃)
西の空、高度約35°の位置にあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前ごろ)
東の空、高度約45°の位置にあります。
 

南中は午後10時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前4時半頃)
西北西の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
東南東の空、高度約70°(天頂近く)
の位置にあります。
 

南中は午後8時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

午前4時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南南西の空、高度約80°(ほぼ天頂)
の位置にあります。
 

午前2時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
西南西の空、高度約60°の位置にあります。
 

午前0時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半前ごろ)
西の空、高度約50°の位置にあります。
 

午後10時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半過ぎごろ)
西の空、高度約35°の位置にあります。
 

午後8時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
西北西の空、高度約15°の位置にあります。
 

午後6時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

関連記事

かんむり座アルファ星と主な恒星 見つけ方と星座の特徴

かんむり座の神話 ディオニュソスからアリアドネへの贈り物の物語

ヘラクレス 十二の試練とは?【前編】

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

さんかく座とは 銀河や主な恒星など星座の特徴について

さんかく座は、 綺麗な二等辺三角形の 小さな星座です。   でも、もしかすると、 ”さんかく座” という星座よりも、 さんかく座銀河(M33) のほうが有名かもしれませんね!   …

ふたご座の神話を簡単に解説 カストルとポルックス兄弟の固い絆の物語

ふたご座の由来となった、 ギリシャ神話をご紹介します。   ふたご座のモデルとなったのは、 カストルとポルックスという、 ギリシャ神話に出てくる 双子の兄弟なんですが、   この2 …

いるか座の見つけ方とひと月ごとの動き 夏の大三角を目印に!

いるか座は、 小さなひし形が特徴的な 夏の星座です。   日本でも菱星(ヒシボシ) などと呼ばれ、 古くから親しまれてきました。   でも、いるか座には 目立った明るい星が無いので …

ぎょしゃ座の見つけ方 方角と位置(高度)のひと月ごとのまとめ

ぎょしゃ座の見つけ方を ご紹介しています。   ぎょしゃ座は一等星・カペラを有する きれいな五角形の星座で、   何時頃にどの方角や位置 (高度)にあるのかが解っていれば より探し …

ペガスス座とペガサス座の違い どっちが正しい?

ギリシャ神話に出てくる 翼の生えた天駆ける馬、 といえばペガサスですよね!   このペガサスが天に上げられて ”ペガスス座”になった、 といわれていて、   星座になったらなぜ ペ …