天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

かんむり座がよく見える季節は?方角や位置(高度)のひと月ごとのまとめ

投稿日:2019年5月25日 更新日:

かんむり座は、
7つの星が半円状に並ぶ、

とても可愛らしい星座です。
 

でも、アルファ星以外
明るい星もなく、

小さな星座なので、夜空では
ちょっと見つけにくいかもしれません。
 

そんな かんむり座ですが、
 

よく見える季節

何時ごろ、どの位置(方角や高度)に
出ているのか
 

などをまとめました。
 

かんむり座観測の際に、
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

かんむり座がよく見える季節は?方角や位置(高度)のひと月ごとのまとめ


 

かんむり座がよく見える季節
(観測しやすい時期)は、

春から夏にかけてです。

 

かんむり座は、
7つの星が半円状に並んでいて、

一番明るいアルファ星(2等星)が
ほぼ中央に位置しています。

 

アルファ星:アルフェッカは別名、
”ゲンマ(宝石)”といわれていて、

まるで王冠の中央に輝く宝石のようで
とても綺麗です。

 

 

かんむり座の見つけ方は、
うしかい座を目印にしてください。
 

 クリックで拡大します
 

うしかい座のすぐ隣にかんむり座はあります。

 

うしかい座については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
うしかい座とは 恒星の名前と見つけ方

 

 

では、かんむり座のひと月ごとの動きを
見ていきましょう!

 

この記事では、α星:アルフェッカ(ゲンマ)
動きを追っていきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

午前1時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前7時ごろ)
東南東の空、高度約70°(天頂近く)
の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

午後11時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
南南西の空、高度約80°(ほぼ天頂)
の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

午後9時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前4時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
西南西の空、高度約70°(天頂近く)
の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

午後7時頃、
東北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前2時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
西の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
東北東の空、高度約15°の位置にあります。
 

南中は午前0時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前5時前頃)
西の空、高度約35°の位置にあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前ごろ)
東の空、高度約45°の位置にあります。
 

南中は午後10時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

日の出ごろ(午前4時半頃)
西北西の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
東南東の空、高度約70°(天頂近く)
の位置にあります。
 

南中は午後8時半ごろ。
高度は約80°(ほぼ天頂)です。
 

午前4時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南南西の空、高度約80°(ほぼ天頂)
の位置にあります。
 

午前2時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
西南西の空、高度約60°の位置にあります。
 

午前0時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半前ごろ)
西の空、高度約50°の位置にあります。
 

午後10時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半過ぎごろ)
西の空、高度約35°の位置にあります。
 

午後8時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
西北西の空、高度約15°の位置にあります。
 

午後6時前頃、
西北西の地平に沈みます。

 

関連記事

かんむり座アルファ星と主な恒星 見つけ方と星座の特徴

かんむり座の神話 ディオニュソスからアリアドネへの贈り物の物語

ヘラクレス 十二の試練とは?【前編】

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

おおぐま座のしっぽが長い理由!?扱いが雑すぎる神話の神様

おおぐま座といえば、 北斗七星を有する星座として とても有名ですよね!   その、おおぐま座ですが、 星座絵を見てみると、 しっぽが異様に長いんです!   北斗七星のひしゃくの柄の …

わし座とアルタイルの神話 ゼウスとガニュメデス、大鷲について

ギリシャ神話は通常 幾通りものパターンがあり、 わし座の神話も 様々な説があります。   今回は、数パターンある わし座の神話について まとめました。     スポンサー …

超新星爆発のイメージ

ベテルギウスの超新星爆発 地球への影響は?ガンマ線バーストは直撃するか

オリオン座のベテルギウスが 今にも超新星爆発を起こしそう! と騒がれてから数年たちますが・・・   今のところ、目立った変化は 現れていないようですね。 (※ ↑ 追記あり)   …

オリオン座の神話 サソリとアルテミス 2つの物語

ギリシャ神話の英雄・ オリオンの神話をご紹介しています。   彼が天に上げられ、 オリオン座になる前に どんな物語があったのか。   サソリにまつわる話と 女神・アルテミスにまつわ …

うしかい座の神話 こぐま座・おおぐま座との関係と3つの説

うしかい座の神話には いくつか説があって、 誰がモデルになったのかは はっきりしていません。   ここでは、諸説ある中で、 主な3つの説を取り上げてみました。     ス …