天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

いて座が銀河の中心!?天の川銀河のブラックホールについて

投稿日:2019年5月19日 更新日:

いて座が銀河の中心である、
というのを、
聞いたことがありませんか?
 

実際には、いて座が、というより、
地球から見ていて座の方向にある

”いて座A”

という天体が銀河系(天の川銀河)の
中心だと考えられているんですが、
 

いて座Aとはどういうものなのか

できるだけ分かりやすく
解説していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

いて座が銀河の中心!?天の川銀河のブラックホールについて


 

多くの銀河の中心には
巨大ブラックホールがある、
と言われていますよね。

 

私たちがいる銀河系:天の川銀河についても
そのように考えられていて、
 

いて座の中にある※
”いて座A”という天体に、

巨大ブラックホール:銀河の中心
あるのではないか、と考えられています。

 

※”いて座の中”というのは、地球から見た、
 見かけ上の、という意味です。
 

 見かけ上というのは、
 天球に天体を貼り付けた状態、

 いわば、距離を無視して見た状態
 のことをいいます。
 

 よって、地球から見て、いて座の方向にある、
 という表現が正しいです。
 

 ちなみに、地球から いて座Aまでの距離は、
 約2万6000光年です。

 

 

いて座Aとは、電波源※の集まりで、
 

いて座Aイースト

いて座Aウエスト

いて座A*(スター)

 

の3つに分かれていて、
それぞれが強い電波を発しています。

 

電波源とは、強力な電波を放出する天体のこと

 

 

そして、現在”いて座A*”が、
大質量ブラックホールである、
と考えられています。

 

ブラックホールについては
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
ブラックホールとは その正体と仕組み・成り立ちについて

ブラックホールの種類 大きさや構造・性質について

 

 

スポンサードリンク


 

 

どうしてそのように考えられているかというと、
 

・いて座A*の周りを公転する天体が、
 時速約500万キロという、
 超高速で回転していたこと
 

・ブラックホールに吸収されるときに
 天体が放出するX線を観測したこと

以前から、これらの観測により、

いて座A*のブラックホールの可能性が
示唆されていました。

 

そして、その後、いて座A*の周りを
公転する恒星(S2やS14など)の動きを

10年以上に渡って観測した結果、
 

それらの軌道から、いて座A*は、
約4000万kmの領域に、

太陽の400万倍程の質量を持って
収まっていることが分かりました。

 

4000万kmという範囲は
太陽から水星までの距離(約5800万km)よりも狭く、

太陽の400万倍の質量が収まるには
非常に狭い範囲です。

 

これほど狭いところに収まる
巨大質量の天体、といえば、

ブラックホール以外には考えられない

よって、いて座A*はブラックホールである、
という結論に達したようです。

 

 

星座を構成する恒星自体、
地球から見た方向が同じというだけで

それぞれの星と地球までの距離は
バラバラです。

 

よって、地球上で”○○座”と呼んでいるのは
全て距離を無視した見かけ上のことです。

 

いて座が銀河系の中心、というのは、
厳密に言えば、
 

地球から見て、
”いて座”と呼ばれている星の集団と
同じ方向に天の川銀河の中心がある

 

ちょっと、まどろっこしい言い方ですが

このように表現すると、より、
しっくりくるんじゃないかな、と思います。

 

関連記事

いて座とは 恒星や星雲など星座(天体)の特徴と見える時期は?

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

いて座のギリシャ神話 ケンタウロス族の賢者ケイロンの悲話

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

へび座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

へび座とへびつかい座は、 元々は一つの星座でした。   それが、後に2つに分けられ、 へび座はへびつかい座によって、 2つに分断された星座として 独立した、という、 ちょっと珍しい星座です。 …

やぎ座の神話 アイギパーンとカプリコルヌス 2つの説について

山羊座の神話は、 ギリシャ神話とローマ神話の 2種類の説があります。   それぞれの神話で、 正反対ともいえるイメージがあるのは ちょっと珍しいかもしれませんね!   今回は、山羊 …

ペルセウス座の神話 メデューサの首の物語【前編】

ペルセウス座は、 ギリシャ神話の英雄・ペルセウスが、 怪物メデューサの首を手にしている姿を 象った星座です。   ペルセウスが、様々な試練を掻い潜り、 メデューサの首を討ち取るまでの物語を …

北斗七星とおおぐま座の違いって?2つの特徴と北極星の見つけ方

「北斗七星とおおぐま座って、  どう違うの?」   先日、姪っ子から このような質問を受け、 北斗七星とおおぐま座についての 話をしました。   その時の簡単な遣り取りや 北斗七星 …

はくちょう座の動きと見つけ方 時期と時間、方角について

夏の大三角を形成する星の一つ、 デネブを有するはくちょう座ですが、 空でどのような動きをするのか、 (時間ごとの位置や高度など) 各月ごとに、まとめました。   はくちょう座の特徴などについ …