天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ケンタウルス座の神話 ヘラクレスとの因縁と一族誕生の物語

投稿日:2019年5月1日 更新日:

ケンタウルス座の由来となった
ギリシャ神話をご紹介しています。
 

因縁浅からぬ、
勇者・ヘラクレスとの物語や、
 

半人半馬のケンタウロス族は
どうして誕生したのか、
 

など、ケンタウロス族にまつわる話を
できるだけ簡単に解説しました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ケンタウルス座の神話 ヘラクレスとの因縁


 

ケンタウルス座のモデルとなったのは

ケンタウロス族のポロス(フォルス)

だといわれています。

 

ケンタウロスとケンタウルスの違いは、
発音が違うだけで同じものを指しています。

 

”ケンタウロス”古代ギリシャ語

”ケンタウルス”ラテン語の読み方です。

 

そして、ケンタウロス(ケンタウルス)
というのは、一人の名前ではなくて、

半人半馬の種族全体の名前です。

 

 

さて、ケンタウルス座になったといわれている
ポロスの物語ですが、

ギリシャ神話一の英雄といわれている
ヘラクレスの十二の試練の一つと
関りがあります。

 

ヘラクレスの十二の試練については、
以下の記事で解説していますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
ヘラクレス 十二の試練とは?【前編】

ヘラクレス 十二の試練とは?【後編】

 

 

その中の、第四の試練である、
エリュマントスの猪の生け捕りの時、

ヘラクレスが助けを求めたのが
ケンタウロス族のポロスです。

 

ケンタウロス族は一様に、酒好きで好色、
粗暴で好戦的、と言われる中、

ポロスは穏やかな良識者でした。

 

ポロスの道案内で、
大猪を生け捕りにしたヘラクレスですが、
 

ポロスが預かっていたケンタウロス族秘蔵の酒を
無理やり飲んでしまったため、

怒ったケンタウロス族と争いになります。

 

ヘラクレスは襲い掛かってきたケンタウロス達を
ヒュドラの毒矢で次々と倒していきました。

 

ポロスは屈強な仲間たちが、
あっけなく倒されてしまった毒矢に興味を持ち、
 

拾い上げて眺めていましたが、
誤って足の上に落してしまい、

毒がまわって死んでしまいました。

 

大神・ゼウスはこれを哀れに思い、
天に上げてケンタウルス座にした、
といわれています。

 

この時、ヘラクレスの幼いころの師である
ケイロンも、毒矢によって死んでしまい、

天に上げられ星座となるのですが、
 

このあたりの物語は”いて座の神話”
解説していますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
近日UP予定

 

 

ヘラクレスはケンタウロス族と
何かと縁が深いんです。

 

幼い頃は、ケンタウロス族の賢者、
ケイロンに師事し、武術や馬術を学び、
 

第四の試練でポロスと関わり、
多くのケンタウロス族を殺したことは
上述の通りです。

 

そして、ヘラクレスの死の原因を作ったのが
ケンタウロス族のネッソスなんですが・・・

 

この物語は”ヘルクレス座の神話”
解説していますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
ヘルクレス座の神話 英雄・ヘラクレスの悲劇の生涯の物語

 

 

スポンサードリンク


 

 

ケンタウルス座の神話 一族誕生の物語


 

酒好きで好色、粗暴で好戦的、などと、
良いこと無しのように言われている
ケンタウロス族ですが、
 

彼らはどのようにして
誕生したんでしょうか?

 

ケンタウロス族の誕生には、
最初に親族を殺した者、と言われる
イクシオンという人物が関わっています。

 

イクシオンは、デイオネウスの娘・
ディーアとの結婚が決まった時、

花嫁への贈り物を出し渋り、
義父であるデイオネウスを焼き殺す、
という暴挙に出ました。

 

イクシオンは血縁者を殺したとして、
重罪に問われますが、

大神・ゼウスがこれを許して、
罪を清めてやり、食事に招きました。

 

ところが、イクシオンはその食事の席で
ゼウスの妻・ヘラに横恋慕し、

誘惑しようとしました。

 

そこで、怒ったゼウスは、
雲でヘラの姿をした人形を作り、

イクシオンの元へと送り込みます。

 

イクシオンはすっかり騙され、
ヘラだと信じ込んで一夜を共にします。

 

そこにゼウスが現れ、
イクシオンは地獄へ送られてしまいます。

 

一方、ヘラの姿をした雲は、ネペレーと呼ばれる
精霊となり、イクシオンの子を産みました。

 

イクシオンとネペレーの子は、
酒好き・好色・粗暴、という、

イクシオンの悪いところばかりを
受け継いだ、といいます。

 

これが、半人半馬・ケンタウロス族の祖である、
といわれています。

 

 

良識人として知られている
上述のケイロンやポロスは、

イクシオンの系統の出自ではなく、
 

ケイロンは大地の神クロノスと
女神・ピリュラーの子、

ポロスはセイレーノスという半人半馬の種族と
トネリコの木の精霊との間に生まれた子、
 

だと、それぞれ言われています。

 

関連記事

ケンタウルス座アルファ星ほか主な恒星と球状星団・星雲・銀河など天体の特徴

ケンタウルス座の見つけ方 見える時期とひと月ごとの動き

ヘルクレス座の恒星の名前 星団や銀河など星座の特徴と見つけ方

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

さんかく座の見つけ方 見やすい季節とひと月ごとの動きのまとめ

さんかく座は、二等辺三角形の 綺麗な形をした星座です。   小さくて、あまり 明るい星はありませんが、   一度見つけてしまえば 次からは割と 目に付きやすい星座です。 &nbsp …

こと座ベガの神話 わし座アルタイルとの2つの牽牛織女伝説

こと座のベガといえば織女星、 七夕の織姫星ですね!   この星は、わし座のアルタイル (牽牛星)との伝説が有名です。   今回は、こと座ベガと わし座アルタイルの神話について ご紹 …

からす座の見つけ方とひと月ごとの動き まとめ

からす座は、春の大曲線の 終点の星座です。   小さな星座ですが、 3等星が4つ、 台形に並んでいる形は、   地味ながらちょっと気になる、 というような存在です。   …

オリオン座ベテルギウス

ベテルギウスの爆発でガンマ線バーストが直撃したら!?

恒星が超新星爆発を起こすと ガンマ線が放出され、 それが直撃すると 地球上の生命は絶滅する、 といわれています。   その超新星爆発を、 近々起こすかもしれない、 といわれているのが オリオ …

きりん座の見つけ方 位置(方角・高度)など ひと月ごとの動き

きりん座は北天の星座で、 北極星のすぐ近くにある 周極星です。   大きな星座なんですが、 目立った明るい星などが無く、 夜空ではちょっと 見つけにくいかもしれません。   そこで …