天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ちょうこくしつ座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

投稿日:2019年6月26日 更新日:

ちょうこくしつ座は

18世紀に設定された
とても新しい星座です。
 

明るい恒星が無く、
高度もあまり上がらないので、

ちょっと見つけにくい
星座の一つです。
 

そこで、ちょうこくしつ座の
位置(方角や高度)などの

ひと月ごとの動きをまとめました。
 

いつ頃、どのあたりにあるのかが、

あらかじめ分かっていれば
探しやすいと思いますので、
 

ちょうこくしつ座を観測される際に
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ちょうこくしつ座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き


 

ちょうこくしつ座は、

みなみのうお座の一等星・
フォーマルハウトのすぐ横にあります。

 

フォーマルハウトは、

”秋の一つ星” ”南の一つ星”

などとも呼ばれ、
 

周りに明るい星が無いこともあり、
夜空でとても目立つ存在です。

 

南の空の低い位置に
ポツンと一つ光っているので、

すぐに見つけられると思います。

 

ちょうこくしつ座自体は
少しわかりにくいかもしれませんが、

フォーマルハウトのおかげで
大体の位置は掴みやすいと思います。

 

 

では、ちょうこくしつ座の
ひと月ごとの動きを
解説していきたいと思います。

 

当記事では、ちょうこくしつ座で
最も明るいα星の動きを
追っていきたいと思います。
 

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
南南東の空、高度約20°の位置にあります。
 

南中は午後5時半ごろ。
南中高度は約25°です。
 

午後10時ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
南南西の空、高度約20°の位置にあります。
 

午後8時ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

出入が日中のため、
観測できません。

 

 

4月上旬
 

出入が日中のため、
観測できません。

 

 

5月上旬
 

出入が日中のため、
観測できません。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

午前3時半ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
南東の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

午前1時半ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
南南東の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

8月上旬
 

午後11時半ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前3時半ごろ。
南中高度は約25°です。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
南南西の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

午後9時半ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前1時半ごろ。
南中高度は約25°です。
 

日の出ごろ(午前5時すぎごろ)
南西の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午後7時半ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午後11時半ごろ。
南中高度は約25°です。
 

午前4時半ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬
 

午後5時半ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午後9時半ごろ。
南中高度は約25°です。
 

午前2時半ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
南東の空、高度約10°の位置にあります。
 

南中は午後7時半ごろ。
南中高度は約25°です。
 

午前0時半ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

ちょうこくしつ座が見やすい季節は
秋から冬にかけてです。

ちょうこくしつ座は
南天の星座なので、

日本では見られる時が少ないですね・・・

また、高度もあまり上がらないので、
観測するには南側が開けた、

条件の良いところでないと
難しそうです。

ちょっと観測しにくいかもしれませんが、
魅力的な銀河などもありますので、

ぜひ、観測してみてくださいね!

ちょうこくしつ座の銀河や恒星など、
星座の特徴については

よろしければ
以下の記事もご参照ください。
   ↓     ↓
ちょうこくしつ座の銀河や星団 主な恒星など星座の特徴について

 

関連記事

みなみのうお座が観測しやすい季節は?ひと月ごとの動きのまとめ

みなみのうお座の主な恒星や銀河など、星座の特徴について

みずがめ座η流星群 2019年の方角と極大(ピーク)見頃の時間帯は?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

プレセペ星団とは 位置は蟹座のどのあたり?見つけ方や年齢など

プレセペ星団って ご存知でしょうか?   ちょっと聞きなれない かもしれませんが、 かに座にある散開星団 なんです。   位置はどのあたりか 見つけ方は? 年齢や地球から何光年? …

おおいぬ座の特徴 シリウス他、主な恒星の名前と星団等

おおいぬ座は、 全天で一番明るい一等星・ シリウスを有する星座です。   シリウスは冬の大三角や 冬のダイヤモンドを形成する 星の一つとして とても有名な恒星です。   おおいぬ座 …

こぎつね座の見つけ方 位置(方角・高度)など、ひと月ごとの動き

こぎつね座は、 ポーランドの天文学者・ へべリウスによって設定された、 新しい星座です。   一番明るい星が4等級なので、 夜空ではちょっと 見つけにくいです。   でも、大体、ど …

ペガスス座 秋の大四辺形の動き 方角と位置(高度)による探し方

ペガスス座(秋の大四辺形)の 動きについてまとめています。   いつ、どの方角や位置(高度)に ペガスス座はあるのか ひと月ごとに、動きを記しました。   ペガスス座(秋の四辺形) …

アンドロメダ座の見つけ方 方角と位置を月毎、時間帯別に解説

アンドロメダ座とアンドロメダ銀河の 探し方を解説しています。   アンドロメダ座には一等星が無いので、 少し見つけにくいかもしれませんね。   なので、この記事の 時間帯ごとの位置 …