%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%a8%e3%81%af%e3%80%80%e3%81%9d%e3%81%ae%e6%ad%a3%e4%bd%93%e3%81%a8%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%83%bb%e6%88%90%e3%82%8a%e7%ab%8b

ブラックホールとは その正体と仕組み・成り立ちについて

 

近付くもの全てを吸い込んでしまう存在

光速でも脱出不可能

 

 

ブラックホールですが、

 

ブラックホールはなぜできるのか、

その仕組みや成り立ちについて、

簡単に説明していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ブラックホールとは?その正体は・・・

 

ブラックホール。

 

多い存在ですが、

簡単に言えば”天体”です。

 

ハンパないですが・・・^^;

 

大きな恒星の終焉の姿なんです。

 

 後の章で解説します。

 

ブラックホールの種類 大きさや構造・性質について

 

大質量で非常に密度が高く、

 

黒く見えるだろう、というところから

”ブラックホール”

と名付けられました。

 

 

 

エックス線やガンマ線が発生するので、

その存在を確かめることができるんです。

 

また、はくちょう座X-1という、

 

考えられています。

 クリックで拡大します

 

はくちょう座とは 特徴と恒星や星雲・星団について

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

HDE226868という恒星で、

フラフラとした動きを見せていました。

 

その存在が見つからず、

 

ということで、

ブラックホールであると考えられています。

 

ブラックホールが見つかる場合もあります。

 

 

ブラックホールはなぜできる?仕組みと成り立ち

 

なぜ出来るんでしょうか?

 

ブラックホールは、

大質量の恒星がその一生を終える時、

 

止まらなかった場合に

と考えられています。

 

恒星の質量によるんですが、

ベテルギウスの超新星爆発 地球への影響は?ガンマ線バーストは直撃するか

 

そして、超新星爆発を起こした後、

中性子星となって残るか、

ブラックホールとなるか、

 

大質量の恒星、というのは、

いわれています。

 

ブラックホールの大きさは、

 

さそり座のIGR J17091-3624で、

 

最低限に近い質量だと考えられています。

 

 

耐えられなくなってしまった恒星が、

いうことができます。

 

周りのものを吸収してどんどん成長し、

蒸発して消滅してしまう、

と考えられています。

 

関連記事

オリオン座ベテルギウスの爆発はいつ?太陽と比較した大きさや質量は?

ベテルギウスの爆発でガンマ線バーストが直撃したら!?

彗星と小惑星と惑星の違いとは?大きさ・質量 定義は何?

 

 

スポンサードリンク

READ  ちょうこくぐ座とは 意味や星座の特徴 主な恒星や銀河について