天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

おおぐま座とこぐま座の神話 カリストとアルカス親子の悲劇

投稿日:2019年4月12日 更新日:

おおぐま座とこぐま座の
ギリシャ神話をご紹介しています。
 

おおぐま座は北斗七星を、

こぐま座は北極星を有する
星座として、

共に有名な天体ですが、
 

この2つの星座の由来となった、

ちょっと切ない物語を
解説していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

おおぐま座とこぐま座の神話 カリストとアルカス親子の悲劇


 

カリストは、アルカディア王・リュカオンの娘で、
女神・アルテミスに仕えるとても美しい女性でした。

 

アルテミスの従者として、純潔を守り、
狩猟を共にする生活を送っていました。

 

 

しかし、その美しさが
大神・ゼウスの目に留まります。

 

ゼウスは警戒されないよう、

アルテミスの姿に変身して
カリストに近付きました。

 

 

やがて、カリストはゼウスの子を
身籠ります。

 

カリストはアルテミスに知られることを恐れ、
そのことを隠していましたが、

やがてそれは彼女の知るところとなり、
 

純潔を重んじるアルテミスは怒り、
カリストを追放してしまいました。

 

 

その後、カリストに
男の子・アルカスが生まれます。

 

これを知ったゼウスの正妻である
女神・ヘラは嫉妬で怒り狂い、

カリストに呪いをかけ、
彼女を熊の姿に変えてしまいました。

 

※カリストを熊の姿に変えたのは
 アルテミスだという説もあります。

 

 

カリストは、元の美しい姿とは似ても似つかぬ
恐ろしい己の姿を恥じ、嘆き悲しみました。
 

そして、森の奥深くへと、
一人、姿を隠してしまいました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

それから十数年の年月が流れ・・・

 

カリストとゼウスの息子・アルカスは
立派な青年に成長していました。

 

彼も狩りを得意とし、
毎日、獲物を追いかけ、
野山を駆け回っていました。

 

 

ある日、アルカスは、森の中で、
一頭の、大きく立派な熊に遭遇します。

 

熊は両手を大きく広げ、
アルカスに向かって近付いてきます。

 

このクマこそがカリストで、
立派に成長した我が子をみとめ、

思わず抱きしめようと
近付いてきたのです。

 

しかし、アルカスは
そんな事情はつゆ知らず、

大きな熊が自分めがけて
襲いかかって来ているとしか思えません。

 

アルカスは矢を番え、
目の前のクマを射ようとしたその瞬間、

大きな旋風が巻き起こり、
2人は天に舞い上げられてしまいました。

 

 

この突風は、一部始終を見ていたゼウスが、
アルカスが母親を殺してしまわないようにと
起こしたものだったのです。

 

※ゼウスは、おおぐまとこぐまの尻尾を持って
 グルグル回して天に放り上げた、
 という説もあります。

 

ゼウスはこの時、アルカスも熊の姿に変え、
カリストをおおぐま座、アルカスをこぐま座として、
2人を夜空に輝く星座にしました。

 

※アルカスはうしかい座になった、
 という説もあります。

 うしかい座は、おおぐま座を
 追いかけるように動くことから、

 アルカスが母・カリストを慕い、
 追いかけているのだ、とする説もあります。

 

関連記事

おおぐま座のしっぽが長い理由!?扱いが雑すぎる神話の神様

おおぐま座 こぐま座 北極星の見つけ方【図解】

こぐま座とは 主な恒星の名前と星座の特徴を説明します

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-,

執筆者:

関連記事

きりん座とは 星座の特徴と主な恒星・銀河・星雲・星団など

きりん座は、 北極星の近くにある 大きな星座です。   周極星なので、日本では一年中、 北天で観測することができます。   あまり明るい星が無く、 目立たない星座ですが、 &nbs …

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

冬のダイヤモンドは、 冬の大六角形とも呼ばれていて、 夜空を彩る とてもきれいな星たちです。   冬の大三角に比べると 知名度は低いですが、 冬を代表する星座を見つける 目印にもなりますので …

うみへび座の恒星や星雲・星団、銀河団など星座(天体)の特徴

うみへび座は、 トレミーの48星座の1つで、 全天88ある星座の中で、 最も大きな星座です。   うみへび座にはどんな恒星があるのか 星雲や星団は? うみへび座銀河団について   …

いるか座の見つけ方とひと月ごとの動き 夏の大三角を目印に!

いるか座は、 小さなひし形が特徴的な 夏の星座です。   日本でも菱星(ヒシボシ) などと呼ばれ、 古くから親しまれてきました。   でも、いるか座には 目立った明るい星が無いので …

さんかく座とは 銀河や主な恒星など星座の特徴について

さんかく座は、 綺麗な二等辺三角形の 小さな星座です。   でも、もしかすると、 ”さんかく座” という星座よりも、 さんかく座銀河(M33) のほうが有名かもしれませんね!   …