天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

おおぐま座 こぐま座 北極星の見つけ方【図解】

投稿日:2019年4月10日 更新日:

おおぐま座とこぐま座、
北極星の見つけ方を
ご紹介しています。
 

北斗七星を含むおおぐま座は
見つけやすいですが、
 

そこから、こぐま座・北極星は
どのようにして見つけるのか、
 

図も用いてご説明します。

 

 

スポンサードリンク


 

 

おおぐま座 こぐま座 北極星の見つけ方


 

おおぐま座やこぐま座は、周極星なので、
1日中地平に沈むことはありません。

 

そして、1年中、北の空で
観測することができます。
 

北回帰線(北緯23.5度)より北の場合

 

周極星の意味については
こちらをご参照ください ⇒ 周極星とは

 

 

おおぐま座・こぐま座・北極星を
見つけるには、

まず、北の空で北斗七星
探すのが早いと思います。

 

おおぐま座にある北斗七星は、
ひしゃくの形をしていて、

夜空でとても目立つので
すぐ見つかると思います。
 

 クリックで拡大します
 

上図のような位置関係になっています。

 

 

β星からα星の距離を、
約5倍 伸ばしたところに

北極星(ポラリス:こぐま座のα星)
があります。

 

ポラリスはこぐま座のしっぽの先
(小ひしゃくの柄の先)にあたります。

 

 

では、おおぐま座:α星・β星の動きを
ひと月ごとに追ってみたいと思います。

 

 

1月上旬
 

午後8時・・・北北東の空
高度約20°の位置にあります。
 

午後10時・・・北東の空
高度約30°の位置にあります。
 

午前0時・・・北東の空
高度約45°の位置にあります。
 

午前2時・・・北北東の空
高度約60°の位置にあります。
 

午前4時・・・北の空
高度約65°~70°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

午後8時・・・北東の空
高度約30°の位置にあります。
 

午後10時・・・北東の空
高度約45°の位置にあります。
 

午前0時・・・北北東の空
高度約60°の位置にあります。
 

午前2時・・・北の空
高度約65°~70°の位置にあります。
 

午前4時・・・北北西の空
高度約60°~70°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

午後8時・・・北東の空
高度約45°の位置にあります。
 

午後10時・・・北北東の空
高度約60°の位置にあります。
 

午前0時・・・北の空
高度約65°~70°の位置にあります。
 

午前2時・・・北北西の空
高度約60°の位置にあります。
 

午前4時・・・北西の空
高度約45°の位置にあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

4月上旬
 

午後8時・・・北北東の空
高度約60°の位置にあります。
 

午後10時・・・北の空
高度約65°~70°の位置にあります。
 

午前0時・・・北北西の空
高度約60°の位置にあります。
 

午前2時・・・北西の空
高度約45°の位置にあります。
 

午前4時・・・北西の空
高度約30°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

午後8時・・・北の空
高度約65°~70°の位置にあります。
 

午後10時・・・北北西の空
高度約60°の位置にあります。
 

午前0時・・・北西の空
高度約45°の位置にあります。
 

午前2時・・・北西の空
高度約30°の位置にあります。
 

午前4時・・・北北西の空
高度約20°の位置にあります。

 

 

6月上旬
 

午後8時・・・北北西の空
高度約60°の位置にあります。
 

午後10時・・・北西の空
高度約45°の位置にあります。
 

午前0時・・・北西の空
高度約30°の位置にあります。
 

午前2時・・・北北西の空
高度約20°の位置にあります。
 

午前4時・・・北北西の空
高度約10°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

午後8時・・・北西の空
高度約45°の位置にあります。
 

午後10時・・・北西の空
高度約30°の位置にあります。
 

午前0時・・・北北西の空
高度約20°の位置にあります。
 

午前2時・・・北北西の空
高度約10°の位置にあります。
 

午前4時・・・北の空
高度約5°の位置にあります。
(北の地平近くです)

 

 

8月上旬
 

午後8時・・・北西の空
高度約30°の位置にあります。
 

午後10時・・・北北西の空
高度約20°の位置にあります。
 

午前0時・・・北北西の空
高度約10°の位置にあります。
 

午前2時・・・北の空
高度約5°の位置にあります。
(北の地平近くです)
 

午前4時・・・北北東の空
高度約10°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

午後8時・・・北北西の空
高度約20°の位置にあります。
 

午後10時・・・北北西の空
高度約10°の位置にあります。
 

午前0時・・・北の空
高度約5°の位置にあります。
(北の地平近くです)
 

午前2時・・・北北東の空
高度約10°の位置にあります。
 

午前4時・・・北北東の空
高度約20°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午後8時・・・北北西の空
高度約10°の位置にあります。
 

午後10時・・・北の空
高度約5°の位置にあります。
(北の地平近くです)
 

午前0時・・・北北東の空
高度約10°の位置にあります。
 

午前2時・・・北北東の空
高度約20°の位置にあります。
 

午前4時・・・北東の空
高度約30°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

午後8時・・・北の空
高度約5°の位置にあります。
(北の地平近くです)
 

午後10時・・・北北東の空
高度約10°の位置にあります。
 

午前0時・・・北北東の空
高度約20°の位置にあります。
 

午前2時・・・北東の空
高度約30°の位置にあります。
 

午前4時・・・北東の空
高度約45°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

午後8時・・・北北東の空
高度約10°の位置にあります。
 

午後10時・・・北北東の空
高度約20°の位置にあります。
 

午前0時・・・北東の空
高度約30°の位置にあります。
 

午前2時・・・北東の空
高度約45°の位置にあります。
 

午前4時・・・北東の空
高度約60°の位置にあります。

 

関連記事

北斗七星とおおぐま座の違いって?2つの特徴と北極星の見つけ方

おおぐま座の特徴 北斗七星と主な恒星 星雲・銀河など

こぐま座とは 主な恒星の名前と星座の特徴を説明します

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-, ,

執筆者:

関連記事

天秤座とは 主な恒星など、天体の特徴と見える時期

てんびん座は黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でもおなじみの星座ですね!   夜空での、 天体としてのてんびん座には 一等星が無く、 あまり目立たない、 大人しい星座です。   そ …

とも座とは 主な恒星や星団・星雲など 星座の特徴について

とも座って、 ちょっと耳慣れない 星座ですよね?   とも座は南天の星座で、 日本ではあまり高くまで 昇らない星座なので 知名度が低いのかもしれません。   そんな とも座ですが、 …

エリダヌス座の見つけ方 位置(方角や高度)などひと月ごとの動きについて

エリダヌス座は、 川がモデルとなった 珍しい星座です。   大きくうねりながら 天に横たわる姿は、 残念ながら、日本では、 南のほうへ行かないと 全てを見ることはできません。   …

いるか座のギリシャ神話 ポセイドンとアリオンを助けた海豚の物語

いるか座の由来となった ギリシャ神話は いくつか伝えられています。   その中でも、海神・ポセイドンと アンフィトリテの物語、 音楽家・アリオンの物語が 有名です。   この2つの …

さんかく座とは 銀河や主な恒星など星座の特徴について

さんかく座は、 綺麗な二等辺三角形の 小さな星座です。   でも、もしかすると、 ”さんかく座” という星座よりも、 さんかく座銀河(M33) のほうが有名かもしれませんね!   …