天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

いるか座の見つけ方とひと月ごとの動き 夏の大三角を目印に!

投稿日:2019年7月13日 更新日:

いるか座は、
小さなひし形が特徴的な
夏の星座です。
 

日本でも菱星(ヒシボシ)
などと呼ばれ、

古くから親しまれてきました。
 

でも、いるか座には
目立った明るい星が無いので、

夜空ではちょっと
見つけにくいかもしれません。
 

そこで、いるか座の動きを
ひと月ごとにまとめました。
 

いつ頃、どの位置(方角や高度)に
あるのかが予め分かっていれば
探しやすいと思いますので、

いるか座観測の際に
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

いるか座の見つけ方とひと月ごとの動き 夏の大三角を目印に!


 

いるか座は、夏の小さな星座で、

小ぢんまりしていて
あまり明るい星がありません。

 

そのため、最初はちょっと
分かりにくいかもしれませんが、

一度見つけてしまうと、
不思議と目に付きやすくなる星座です。

 

 

見つけ方は、夏の大三角を
目印にしてください。
 


 

はくちょう座のデネブと
わし座のアルタイルを結んだ線の

少し下あたりにあります。

 

実際の夜空ではこんな感じです。

 

いるか座はどこか、分かりますか?

 

この位置にあります。

 

 

では、いるか座の動きを
ひと月ごとに見ていきましょう!

 

当記事では、いるか座で一番明るい
β星の動きを追っていきたいと思います。
 

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
西南西の空、高度約40°の位置にあります。
 

午後8時ごろ、
西北西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
西の空、高度約10°の位置にあります。
 

午後6時ごろ、
西北西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

午前2時半ごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
東の空、高度約40°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

午前0時半ごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
東南東の空、高度約55°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

午後10時半ごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
南南東の空、高度約70°の位置にあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

午後8時半ごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前3時半ごろ。
南中高度は約70°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
南西の空、高度約65°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

午後6時半ごろ、
東北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前1時半ごろ。
南中高度は約70°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
西南西の空、高度約45°の位置にあります。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
東の空、高度約20°の位置にあります。
 

南中は午後11時半ごろ。
南中高度は約70°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
西の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
東南東の空、高度約40°の位置にあります。
 

南中は午後9時半ごろ。
南中高度は約70°の位置にあります。
 

午前4時ごろ、
西北西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
東南東の空、高度約55°の位置にあります。
 

南中は午後7時半ごろ。
南中高度は約70°の位置にあります。
 

午前2時ごろ、
西北西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
南南東の空、高度約70°の位置にあります。
 

南中は午後5時半ごろ。
南中高度は約70°の位置にあります。
 

午前0時ごろ、
西北西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
南西の空、高度約65°の位置にあります。
 

午後10時ごろ、
西北西の地平に沈みます。

 

関連記事

わし座アルタイルの意味と由来 色と大きさはどのくらい?

こと座 ベガの色や大きさ、アルタイルとの距離と位置は?

はくちょう座デネブまでの距離は?色や大きさ、特徴を解説します

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

おひつじ座の神話を簡単に解説 黄金の毛皮を持つ牡羊の物語

おひつじ座の由来となった ギリシャ神話の物語を ご紹介しています。   おひつじ座は、ゼウスが遣わした 黄金の毛皮を持つ牡羊が、 天に上げられ 星座となったんですが、   ちょっと …

おおぐま座とこぐま座の神話 カリストとアルカス親子の悲劇

おおぐま座とこぐま座の ギリシャ神話をご紹介しています。   おおぐま座は北斗七星を、 こぐま座は北極星を有する 星座として、 共に有名な天体ですが、   この2つの星座の由来とな …

おとめ座の見つけ方 方角や位置・南中高度など、ひと月毎の動き

おとめ座は、黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でもおなじみの星座ですね!   この記事では、夜空の星座・ おとめ座の見つけ方を解説しています。   どの時間帯に、どの方角や 位置に …

うしかい座とは 恒星の名前と見つけ方

うしかい座って どんな星座なんでしょうか?   うしかい座自体はあまり 有名ではないかもしれませんが、 α星であるアークトゥルス(1等星)は、 春の大三角を形成する星の一つなので、 ご存知の …

蟹座の方角と位置 天体(星座)の見つけ方とひと月ごとの動き

かに座の夜空での、 天体としての動きを まとめています。   かに座はあまり明るい恒星が無く、 星空の中では目立つ星座では ありません。   そんなかに座を、 夜空で見つけやすいよ …