天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ふたご座の位置 見える時期と探し方 ひと月毎の動きのまとめ

投稿日:2019年3月28日 更新日:

ふたご座(天体)の夜空での位置、
ひと月ごとの動きをまとめました。
 

ふたご座が見える時期はいつごろか?
 

何時頃、どのあたり(方角や高度)にあるか、

あらかじめ判っていれば、
夜空で見つけやすいと思います。
 

そこで、この記事では、

ふたご座で最も明るい恒星である
β星・ポルックスの位置(方角・高度)を
記していきたいと思います。

 

ふたご座流星群については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
ふたご座流星群 2019年の方角とピークはいつ頃?一番の見頃の時間帯は?

ふたご座流星群のしくみ 特徴と母天体 星座の神話について

ふたご座流星群の観測方法 おすすめは肉眼?それとも双眼鏡?

 

 

スポンサードリンク


 

 

ふたご座の位置 見える時期と探し方 ひと月毎の動きのまとめ


 

ふたご座は、α星・カストルと、
β星・ポルックス双子星が有名な星座です。

 

ふたご座は、α星より、

β星のポルックスのほうが明るく、
見つけやすいと思いますので、

この記事では
ポルックスの動きを記しています。

 

ふたご座については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
ふたご座とは 主な恒星と特徴 最も明るい恒星・和名など

ふたご座の神話を簡単に解説 カストルとポルックス兄弟の固い絆の物語

 

では、早速、ふたご座の位置を見ていきましょう!

 

 

1月上旬
 

午後5時ごろ、東の地平より顔を出します。
 

南中は午前1時前ごろ。
ほぼ、天頂付近にあります。
 

日の出ごろ(午前7時前頃)には、
北北西の空、高度は約10°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)、
東北東の空、高度は約20°の位置にあります。
 

南中は午後10時半過ぎごろ。
ほぼ、天頂付近にあります。
 

午前6時過ぎには北西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)、
東の空、高度は約50°の位置にあります。
 

南中は午後9時前ごろ。
ほぼ、天頂付近にあります。
 

午前4時半ごろには北西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)、
天頂近く、高度は約80°の位置にあります。
 

南中は午後7時前ごろ。
ほぼ、天頂付近にあります。
 

午前2時半ごろには北西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)、
西の空、高度は約70°の位置にあります。
 

午前0時半ごろには北西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前ごろ)、
西の空、高度は約40°の位置にあります。
 

午後10時半ごろには北西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)、
西北西の空、高度は約15°の位置にあります。
 

午後8時半ごろには北西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前ごろ)、
北西の地平に沈みます。
 

午前3時過ぎごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時前頃)
東北東の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

午前1時過ぎごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎ頃)
東の空、高度約40°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午後11時ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半頃)
東の空、高度約70°の位置にあります。
(ほぼ、天頂付近です)

 

 

11月上旬
 

午後9時過ぎごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前5時前頃。
ほぼ、天頂付近にあります。
 

日の出ごろ(午前6時頃)
西の空、高度約70°の位置にあります。
(ほぼ、天頂付近です)

 

 

12月上旬
 

午後7時過ぎごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前3時前頃。
ほぼ、天頂付近にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半頃)
西の空、高度約40°の位置にあります。

 

 

ふたご座は、
東から昇って天頂を通り、西へと沈む、
オーソドックスな動きを見せる星座ですね!

 

ふたご座が見える時期は、

6月~8月ごろは
少し見にくいと思いますが、

それ以外は比較的観測しやすい星座です。

 

ポルックスは、冬のダイヤモンドを形成する
星の一つでもあり、

冬を代表する星(星座)なので、
ぜひ、観測してみてくださいね!

 

冬のダイヤモンドについては
別記事にまとめてありますので、
よろしければそちらもご覧ください。
     ↓     ↓
冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

おおぐま座の特徴 北斗七星と主な恒星 星雲・銀河など

おおぐま座は、 北斗七星を有する星座として 有名ですね!   では、北斗七星以外に どんな恒星があるのでしょうか?   星雲や銀河は? 見つけ方は?   など、おおぐま座 …

ペガスス座 秋の大四辺形の動き 方角と位置(高度)による探し方

ペガスス座(秋の大四辺形)の 動きについてまとめています。   いつ、どの方角や位置(高度)に ペガスス座はあるのか ひと月ごとに、動きを記しました。   ペガスス座(秋の四辺形) …

蟹座の方角と位置 天体(星座)の見つけ方とひと月ごとの動き

かに座の夜空での、 天体としての動きを まとめています。   かに座はあまり明るい恒星が無く、 星空の中では目立つ星座では ありません。   そんなかに座を、 夜空で見つけやすいよ …

ケフェウス座の見つけ方 時間帯ごとの方角・高度 一月毎のまとめ

ケフェウス座の一月毎の 動きをまとめました。   時間帯ごとの方角や高度を 記しましたので、 ケフェウス座観測の際に お役立て頂ければ幸いです。   ケフェウス座について、詳しくは …

みなみのうお座とうお座の違い それぞれの星座の特徴

みなみのうお座とうお座って、 2つとも”うお”の名が 付いていますが、   この2つの星座には 何か共通するものが あるんでしょうか?   みなみのうお座とうお座の それぞれの特徴 …