天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

からす座の神話 アポロンの使い鳥への罰か贖罪か!?

投稿日:2019年6月1日 更新日:

からす座のモデルとなったのは、
太陽神・アポロンの使いのカラス
だといわれています。
 

真っ白で美しく、
賢かったカラスが

なぜ今のような姿になったのか。
 

からす座の由来となった、
アポロンのからすの物語を

できるだけ簡単に
解説してみようと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

からす座の神話 アポロンの使い鳥への罰か贖罪か!?


太陽神・アポロンの
使い鳥であったカラスは、

真っ白で、人の言葉を操る
大変美しく賢い鳥でした。
 

からすの色は、金色であったとも
 銀色であったともいわれています。

 

 

アポロンには、コロニスという恋人がいて、
 

太陽神という立場上(仕事柄?)
夕方には西へと移動しなければならないので、

彼女とずっと一緒にいることはできません。

 

そこで、自分が
コロニスの傍にいられない間の、

彼女の様子を伝える役目を
一羽のからすに命じました。

 

 

カラスは毎日、
アポロンとコロニスの間を行き来し、

二人の様子を伝える役目を
勤めていました。

 


 

ところが、ある日、からすは、

コロニスが見知らぬ男性と
一緒にいる現場に出くわします。

 

カラスはアポロンの元に帰り、

コロニスが他の男と会っている、
と誤報を伝えてしまいます。

 

カラスが早とちりした、あるいは
 嘘を吐いた、という説があります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

アポロンはコロニスの元へ出向き、
怒りのあまり、コロニスに矢を放ちます。

 

矢はコロニスの胸を射抜きます。

 

死の直前、彼女は、
会っていたのは兄であることを告げ、

お腹の中の子供の行く末を託し、
アポロンの誤解を解いて絶命しました。

 

アポロンは自らの所業を深く後悔し、
コロニスの死を悼みました。

 

そして、このような悲劇の元となった
カラスに対し、罰として、

全身を真っ黒に変え、
人の言葉を話す能力も奪ってしまいました。

 

コロニスのお腹にいた胎児は、
アポロンが救い出し、

アスクレピオスと名付けられて、

ケンタウロス族の賢者・ケイロンの元で
育てられました。

 

アスクレピオスは特に、
医学方面の才能を発揮し、

後に、医術の神として
崇められるようになりました。

 

アスクレピオスの物語については、
”へびつかい座の神話”をご参照ください。
     ↓     ↓
近日UP予定

 

ケンタウロス族の賢者・ケイロンの物語については、
”いて座の神話”をご参照ください。
     ↓     ↓
いて座のギリシャ神話 ケンタウロス族の賢者ケイロンの悲話

 

 

カラスが現在の姿になったのは
よく分かったんですが、

罰せられたカラスがなぜ天に上げられ、
星座になったのか・・・

 

今一つよくわかりませんよね^^;

 

 

からす座の由来となっている神話は、

カラスが早とちり、あるいは嘘を吐いた、
という話でしたが、
 

一方で、コロニスは、本当に付議密通をしていた、
という説もあります。

 

コロニスが、本当に付議密通を犯し、
アポロンを激怒させたことが真実だとしたら、
 

天に上げ、星座にしたのは

とばっちりを受けたカラスへの
贖罪の意味があったのかもしれませんね!

 

関連記事

からす座の恒星と銀河など 星座の特徴について

うみへび座の神話 ヒュドラとヘラクレス、蟹座の物語

コップ座の神話 星座の由来はメディア?ディオニュソス(バッカス)?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

やぎ座とはどんな星座?方角と特徴 主な恒星と星団

やぎ座は、星空の中でも 少し地味で、 あまり目立たない星座です。   やぎ座には どんな恒星や星団があるのか、 いつ頃、どの方角に見えるのか、   など、天体としての やぎ座の特徴 …

いて座のギリシャ神話 ケンタウロス族の賢者ケイロンの悲話

いて座は 黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でも お馴染みの星座ですね!   夜空の天体としてのいて座は、 矢を射るケンタウロスの姿で 星座絵などに描かれており、 上半身が天の川にかかる、 …

いて座が銀河の中心!?天の川銀河のブラックホールについて

いて座が銀河の中心である、 というのを、 聞いたことがありませんか?   実際には、いて座が、というより、 地球から見ていて座の方向にある ”いて座A” という天体が銀河系(天の川銀河)の …

てんびん座が見える時期 見つけ方と方角・位置 ひと月ごとのまとめ

てんびん座は黄道十二星座の一つで、 とても有名な星座ですね!   でも、てんびん座には 明るい星が無く、 とても大人しい星座なので、 夜空ではちょっと見つけにくいです。   この記 …

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

いて座のひと月ごとの、 夜空での天体としての動きを まとめています。   いて座はよく目立つ さそり座の隣にあり、 いて座の南斗六星も 割と目立つので、 見つけやすい星座だと思いますが、 & …