天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

やまねこ座の位置と方角 見やすい季節とひと月ごとの動き

投稿日:2019年6月15日 更新日:

やまねこ座は、
わりと大きな星座なんですが、

明るい星があまりないので
夜空では見つけにくい星座です。
 

そんな やまねこ座ですが、
 

何時ごろ、どの位置(方角や高度)に
出ているのか

やまねこ座が見やすい季節
 

などをまとめました。
 

やまねこ座観測の際に、
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

やまねこ座の位置と方角 見やすい季節とひと月ごとの動き


 

やまねこ座は、ポーランドの天文学者・
へべリウスによって設定された、
新しい星座です。

 

しかし、設定者のへべリウス自身が、
見つけにくい、と言っているほど、

夜空では分かりにくい星座です。

 

でも、幸い、周りには、
有名な星座がたくさんあり、

一等星も多いので、
大体の場所は掴みやすいと思います。

 

 クリックで拡大します

 

 

では、やまねこ座の
ひと月ごとの動きを見ていきましょう!

 

この記事では、やまねこ座・α星
動きを追っていきたいと思います。
 

 

 

1月上旬
 

午後6時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前2時ごろ。
天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前7時ごろ)

西北西の空、
高度約30°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時過ぎごろ)
北東の空、
高度約10°の位置にあります。
 

南中は午前0時ごろ。
天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)

西北西の空、
高度約15°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
東北東の空、
高度約35°の位置にあります。
 

南中は午後10時ごろ。
天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
北西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
東の空、
高度約65°の位置にあります。
 

南中は午後8時ごろ。
天頂に位置しています。
 

午前4時ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南中、天頂に位置しています。
 

午前2時ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
西の空、
高度約55°の位置にあります。
 

午前0時ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
西北西の空、
高度約30°の位置にあります。
 

午後10時ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
西北西の空、
高度約15°の位置にあります。
 

午後8時ごろ、
北西の地平に沈みます。
 

午前4時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
北東の空、
高度約10°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
北西の地平に沈みます。
 

午前2時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
東北東の空、
高度約30°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午前0時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
東の空、
高度約60°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

午後10時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
南中、天頂に位置しています。

 

 

12月上旬
 

午後8時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

南中は午前4時ごろ。
天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
西の空、
高度約60°の位置にあります。

 

 

やまねこ座が見やすい季節は、
冬から春にかけてです。

 

α星は3等星で、南中時は天頂にあり、
全体像を掴むのは難しくても、

この星だけは比較的
わかりやすいかと思いますので、
 

上記の時間ごとの位置を参考に、
ぜひ、探してみてくださいね!

 

関連記事

やまねこ座の星の名前や銀河、星団など 星座の特徴について

とかげ座の位置はどこ?ひと月ごとの動きのまとめ

りょうけん座α星コルカロリ他 主な恒星や銀河など星座の特徴

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ペルセウス座の神話 アンドロメダとの結婚 その後の物語【後編】

ペルセウス座の神話、後編です。   アンドロメダを救出し、 妻として共にセリポス島へ 帰ってきたところからの話です。   ペルセウスの誕生とメデューサの討伐、 アンドロメダとの結婚 …

ケフェウス座とはどんな星座?恒星や星雲 未来の北極星になるって?

ケフェウス座って、 あまり耳馴染みがない 星座かも知れませんね^^;   でも、ガーネットスターや アイリス星雲(散光星雲)など、 魅力的な天体が属していることでも 地味に人気のある星座なん …

アンドロメダ座の神話 カシオペア座とペルセウス座との関係は?

アンドロメダ座のギリシャ神話を ご紹介しています。   アンドロメダの神話は、 ギリシャ神話の英雄・ペルセウスと 深く関わっています。   そして、カシオペア座とは どういう関係が …

エリダヌス座の神話 太陽神・アポロンと息子・パエトンの悲劇の物語

エリダヌス座は川がモデルになった、 ちょっと珍しい星座です。   今回は、そのエリダヌス川に まつわる神話を ご紹介しようと思います。   太陽神・アポロンと、 その息子であるパエ …

うさぎ座の特徴 主な恒星や銀河、惑星状星雲・球状星団など

うさぎ座ってご存知ですか?   オリオン座のすぐ南にあるんですが、 ちょっとマイナーな星座ですよね?   そんな うさぎ座について、   どんな恒星があるのか 属する銀河 …