天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

惑星・小惑星・彗星

彗星と小惑星と惑星の違いとは?大きさ・質量 定義は何?

投稿日:2018年10月31日 更新日:

彗星と小惑星と惑星って、
何となく解ってはいるけど、

ちゃんと説明するのって
難しいですよね!

 

今回は、彗星と小惑星と
惑星を区別する際、

何が定義となっているのか、
 

その見分け方について、
解説していきます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

彗星と小惑星と惑星の違いとは?

彗星
 

彗星とは

 

太陽に接近した時に

表面(氷など)が蒸発して
大気状のモヤ(コマ)が発生し、
 

太陽からの放射圧と太陽風によって

そのコマが流され
尾ができるものを”彗星”といいます。

 

彗星の核は、
氷や塵などの塊で出来ていて、

”汚れた雪玉”

などともいわれています。

 

日本ではその視覚的形状から、

箒星(ほうきぼし)

とも呼ばれています。

 

 

英語ではcomet(コメット)と呼ばれ、

流星(英語でmeteor、shooting star)
との違いは、
 

尾を引いた姿のまま、

その場に留まって見えるかどうか
 

で判別されています。

 

 

公転周期は約3年から数百万年以上(!?)
のものまであり、

二度と帰ってこないものもあるんだそうです。

参照:wikipedia

 

 

小惑星

小惑星とは
 

上記の彗星のところで述べた
”コマ”や”尾”がないものです。

 

彗星との区別はコマと尾だけなので、
 

太陽から遠い場所にある時は、

彗星と小惑星の区別はつかないそうです。

 

また、彗星の揮発成分が枯渇すると
小惑星になる、という説もあります。

 

 

18世紀ごろの天文学者により、
望遠鏡で恒星のように見えたことから

asteroid(アステロイド:恒星のようなもの)
と命名され、
 

現在では岩石を主成分とするものが
asteroidと呼ばれています。

 

ほとんどの小惑星の軌道は
火星と木星の間にあり、

中には、地球衝突の危険性が
提唱されている小惑星もあります。
 

参照:wikipedia

 

 

冥王星

そして、小惑星の中でも、

自身の重力で球形を
保てるだけの質量があるものを

”準惑星”と呼んでいます。

 

準惑星は、2006年の国際天文学連合による
惑星の再定義によって分類された新定義です。

 

でも、この定義には曖昧な部分も多々あり、
今後、基準が見直されていく可能性があります。

 

現在、準惑星に分類されているのは

冥王星・エリス・ケレス・マケマケ・ハウメア

の5つです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

惑星とは
 

・天体自体がほぼ球形を保っていられるほどの質量があるもの

・恒星の周りを公転していて、恒星でも衛星でもないもの
 (太陽自体や月などではない、ということですね!)

・公転軌道周辺に、衛星以外の他の天体がないもの
 (自分の引力で他天体を吸収したり、
  はじき飛ばしたり出来るくらいの質量があるもの)

 
これらが太陽系の惑星の定義となっています。

 

 

太陽系の惑星

太陽系の惑星は、現在、

水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星

の8天体です。

 

8天体のうち、
 

地球より太陽に近い
水星と金星を内惑星
 

地球より太陽から遠い
火星・木星・土星・天王星・海王星を外惑星
 

と呼びます。

 

 

岩石や金属を主成分としている
水星・金星・地球・火星を、”地球型惑星”と呼び、
 

ガスを主成分としている
木星と土星を、”木星型惑星”あるいは
”巨大ガス惑星”と呼んでいます。

 

 

天王星と海王星は、木星型惑星よりも
水やメタン等が多く、ガス成分が少ないため、

”天王星型惑星”と呼ばれています。
 

参照:wikipedia

 

 

今年・2020年(令和2年)の惑星に関する天体ショーはこちら!
     ↓     ↓
惑星の接近 2020年はいつ起こる?

 

 

一番大きな違いは
大きさ質量ですね。

 

これでまず惑星と、
彗星・小惑星が分けられます。

 

そして、彗星と小惑星は、

揮発物質が有るか無いかでしか
判別できないので、
 

太陽に近付いてこないと
判らないようですね。

 

また、彗星の揮発性物質が
無くなってしまうと

小惑星になるのではないか
との推測もなされています。

 

 

まとめ

これらの定義は定期的な見直しによって
これからも変わっていく可能性があります。
 

というか、変わっていくでしょう^^

 

なので、常に最新の情報を
チェックするようにして下さい。

 

こちらでも、変更に気付き次第、
適宜、内容の訂正・追加などを
行っていきたいと思っています。

 

関連記事

小惑星リュウグウとは 大きさや成分など天体の特徴について

惑星の接近 2020年はいつ起こる?

流星の仕組みとは?流星群はなぜ起こる?母天体(母彗星)との関係は?

 

 

スポンサードリンク


-惑星・小惑星・彗星
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

太陽系の惑星

惑星食とは、どういう現象?月・惑星・地球の位置関係

惑星食って、どういう現象か ご存知でしょうか?   日食や月食ほど 注目されてはいませんが、 惑星食は珍しい現象なので、 ファンが多い天体ショーの一つです。   今回は、惑星食につ …

はやぶさ2のリュウグウへのタッチダウン その方法と難しさについて

はやぶさ2が、 小惑星リュウグウへの タッチダウンに成功したのは 記憶に新しいですね!   リュウグウという小惑星は、 思っていたより表面に岩塊が多く、 着陸がとても難しかったようです。 & …

小惑星リュウグウの位置や地球からの距離はどのくらい?

小惑星リュウグウは、 小惑星探査機”はやぶさ2”の 調査対象の天体です。   その位置(軌道)や地球からの距離は どのくらいあるんでしょうか?   小惑星リュウグウと、その他、 は …

小惑星パラスが地球最接近 うしかい座アークトゥルス付近

小惑星パラスが、 今年・2019年3月29日に 地球に最接近します。   観測できる位置は、 うしかい座のα星・ アークトゥルス付近です。   ”四大小惑星”の一つである パラスと …

太陽系の惑星

惑星の接近 2020年はいつ起こる?

太陽系の惑星同士が接近する 今年・2020年(令和2年)の予定を まとめました。   今年は外惑星同士の 接近が多いようですね。   ※外惑星とは、地球より  太陽から遠い惑星のこ …