天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

おうし座とは 恒星や星雲・星団などの特徴と探し方

投稿日:2019年3月4日 更新日:

おうし座は黄道十二星座の一つで、
占星術などでも有名な星座ですね!
 

この記事では、
 

おうし座にはどんな恒星があるのか、

有名な星雲や星団

夜空での探し方は?
 

など、星座(天体)としての
おうし座の特徴をまとめています。

 

 

スポンサードリンク


 

 

おうし座とは 主な恒星と位置


 

おうし座は、トレミー48星座の一つで、

有名な構成や星団があり、
天体としても興味深い星座です。

 

まずは、おうし座を構成する
恒星を見ていきましょう!

 

 クリックで拡大します

 

α星・・・アルデバラン:1等星
 

     おうし座の中で最も明るい恒星で、
     冬のダイヤモンドを形成する星の一つ。
 

     木星の10倍以上の質・量の惑星を有している。
 

     主系列星の段階を終え、
     赤色巨星へと移ろうとしている。

 

冬のダイヤモンドについては、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

 

 

β星・・・エルナト:2等星
 

     おうし座で2番目に明るい恒星で、
     以前はぎょしゃ座にも属していたことがある。

     (二重所属:ぎょしゃ座γ星ともいわれていた)
 

     アラビア語で”角で突くもの”を意味する。

 

 

γ星・・・4等星 二重星
 

     ヒアデス星団に属する恒星。

 

ヒアデス星団について、詳しくは、
こちらをご覧ください。 ⇒ ヒアデス星団とは

 

 

δ1星・・・4等星
 

     ヒアデス星団に属する恒星。

 

 

ε星・・・アイン
 

     ヒアデス星団に属する恒星。

 

 

θ2星・・・4等星
 

     ヒアデス星団に属する恒星。

 

 

η星・・・アルキオネ:3等星
 

     プレアデス星団の中で最も明るい恒星。

 

プレアデス星団については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
プレアデス星団とは 星の名前と特徴 地球までの距離は?

プレアデス星団の神話 7人姉妹とオリオンの物語

 

 

λ星・・・3等星
 

     アルゴル型食変光星。

 

 

スポンサードリンク


 

 

おうし座の星雲・星団など

 

では、次に、おうし座にはどんな星雲や
星団があるのか見ていきましょう!

 

 クリックで拡大します

 

M45・・・プレアデス星団
 

      散開星団で、和名は”すばる”
 

      地球からの距離は約400光年で、
      肉眼でも6~7個の星の塊が確認できる。

 

プレアデス星団については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
プレアデス星団とは 星の名前と特徴 地球までの距離は?

プレアデス星団の神話 7人姉妹とオリオンの物語

 

 

Mel25・・・ヒアデス星団
 

        アルデバランの近くにある散開星団で、
        和名は釣鐘星
 

        地球からの距離は約150光年。

 

ヒアデス星団について、詳しくは、
こちらをご覧ください。 ⇒ ヒアデス星団とは

 

 

M1・・・かに星雲
 

     超新星残骸でパルサー星雲。
 

     地球からの距離は約7000光年。
 

     かに星雲の中心部には、”かにパルサー”
     と呼ばれる中性子星がある。

 

かに星雲については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
かに星雲とは 名前の由来と年齢や視直径・地球までの距離は?

かに星雲 超新星の記録 藤原定家が日記『明月記』に記す

おうし座かに星雲の位置は?見つけ方とひと月ごとのおうし座の動き

 

 

おうし座の特徴と見つけ方

 

おうし座は、ペガスス座と同じく、

上半身しか無いことも、
特徴の一つとして挙げられますね!

 

おうし座の場合は、神話で
下半身が海に浸かっている、という設定です。

 

このあたりの物語は
別記事にまとめてありますので、
ご参照ください。
     ↓     ↓
おうし座の神話を簡単に説明します。エウロペとイオの2つの物語

 

 

そして、夜空でオリオン座と向きあっている様子は、

まるで、狩人・オリオンと獲物である牡牛が
対峙しているようでもあります。

 

 

ということで、見つけ方は、

冬の夜空で一番目立つといっても良い
オリオン座をまず見つけてください。

 

そして、オリオンの帯に当たる三ツ星を
東から西(夜空に向かって左から右)へと繋いで

それを延長するとアルデバランがあります。

 

ひと月ごとの動きについては
別記事にまとめましたので、
そちらの方もご覧ください。
     ↓     ↓
おうし座の位置 探し方とひと月ごとの動きのまとめ

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

春の大曲線の探し方 見える時期と方角 月ごとの動きのまとめ

春の大曲線は、 いつ、どの方角で見られるのか?   ほぼ、年中、時間にこだわらなければ 見ることはできますが、 効率よく、都合に合わせて 観測できるように、 月毎の、春の大曲線と 北斗七星の …

さそり座のギリシャ神話 星座の由来となった物語

さそり座は、 一等星のアンタレスをはじめ、 明るい恒星が多く、 その独特のS字形態から、 夜空でとてもよく目立つ星座です。   そんな、さそり座の由来となった、 ギリシャ神話をご紹介していま …

くじら座が観測しやすい季節は?方角や位置(高度)などのまとめ

くじら座は、うお座と おひつじ座のすぐ近くにある 大きな星座です。   変光星ミラなど、 魅力的な天体があるんですが、 あまり明るい星が無く、   慣れていないとちょっと 見つけに …

たて座の見つけ方 位置(方角・高度)など、ひと月ごとの動き

たて座には明るい星が無く、 夜空では目立たず、 見つけにくい星座の一つです。   でも、周りに夏の大三角など、 分かりやすい目印(!?)が たくさんあるので、 大体の位置は 掴みやすいと思い …

みなみのかんむり座とは 主な恒星と星団・星雲など星座の特徴

”みなみのかんむり座”って ご存知ですか?   いて座のすぐ近くにある 小さな星座で、 うしかい座の隣にある かんむり座とは違う星座です。   形もかんむり座に似ていて、 小さな半 …