天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

りゅう座の見つけ方 位置(高度)と方角 ひと月ごとのまとめ

投稿日:2019年2月14日 更新日:

りゅう座のひと月ごとの
位置(高度)と方角をまとめました。
 

りゅう座のほとんどの星は
周極星なので、

ほぼ一年中、
北の空で見ることができますが、
 

季節ごと、時間帯ごとに
大体どのあたりにあるのかを
まとめましたので、

りゅう座観測の際に
お役立て頂ければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

りゅう座の見つけ方 位置(高度)と方角 ひと月ごとのまとめ


 

では、りゅう座のひと月ごと、
時間帯ごとの大体の位置を見ていきましょう!
 

りゅう座は大きい(長い)ので、

りゅう座で最も明るいγ星(龍の頭の部分)が
どの位置にあるのか、

各月ごとの、方角と高度を
挙げていきたいと思います。

 

 

 

1月上旬のりゅう座・γ星の位置
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
りゅう座・γ星は北西の空、
高度は約30°の位置にあります。
 

その後、北の方角へ
徐々に高度を下げていき、

午前5時ごろに北東の空、
高度約30°の位置に来ます。
 

日の出ごろ(午前7時前頃)には
北東の空、高度約45°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
りゅう座・γ星は北北西の空、
高度は約10°の位置にあります。
 

午前3時ごろに北東の空、
高度約30°の位置に来ます。
 

日の出ごろ(午前6時半頃)には
北東の空、高度約60°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
りゅう座・γ星は
北の地平ギリギリの位置にあります。
 

午前1時ごろに北東の空、
高度約30°の位置に来ます。
 

日の出ごろ(午前6時過ぎ頃)には
北の空、高度約70°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
りゅう座・γ星は
北の地平ギリギリの位置にあります。
 

午後11時ごろに北東の空、
高度約30°の位置に来ます。
 

日の出ごろ(午前5時半頃)には
北の空、高度約70°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
りゅう座・γ星は
北北東の空、高度約10°の位置にあります。
 

午後9時ごろに北東の空、
高度約30°の位置に来ます。
 

午前3時ごろ、北の空、
高度約75°(天頂近く)に達します。
 

日の出ごろ(午前5時前頃)には
北西の空、高度約60°の位置にあります。

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前ごろ)
りゅう座・γ星は
北東の空、高度約30°の位置にあります。
 

午前1時ごろ、北の空、
高度約75°(天頂近く)に達します。
 

日の出ごろ(午前4時半頃)には
北西の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
りゅう座・γ星は
北東の空、高度約45°の位置にあります。
 

午後11時ごろ、北の空、
高度約75°(天頂近く)に達します。
 

日の出ごろ(午前4時半頃)
北西の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前ごろ)
りゅう座・γ星は
北東の空、高度約60°の位置にあります。
 

午後9時ごろ、北の空、
高度約75°(天頂近く)に達します。
 

午前3時ごろ、北西の空、
高度約30°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時前頃)
北西の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時過ぎごろ)
りゅう座・γ星は
北の空、高度約70°(天頂近く)の
位置にあります。
 

午前1時ごろ、北西の空、
高度約30°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎ頃)
北北西の地平ギリギリの位置にあります。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
りゅう座・γ星は
北の空、高度約70°(天頂近く)の
位置にあります。
 

午後11時ごろ、北西の空、
高度約30°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前5時半頃)
北の地平ギリギリの位置にあります。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後5時前ごろ)
りゅう座・γ星は
北西の空、高度約65°の位置にあります。
 

午後9時ごろ、北西の空、
高度約30°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時頃)
北北東の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
りゅう座・γ星は
北西の空、高度約50°の位置にあります。
 

午後7時ごろ、北西の空、
高度約30°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半頃)
北東の空、高度約25°の位置にあります。

 

 

北極星は、北の空、高度約35°(ほぼ固定)
のところに常にあります。

 

りゅう座は、北極星を中心に、

北西から北東の間・高度はおよそ、
0°(地平)から70°を結ぶ円上を、

反時計回りに移動しています。

 

星は、1時間に約15°動くので、
ご覧になる時間に合わせて上記の位置を変更して
空を眺めてみてくださいね!

 

関連記事

りゅう座とは 星座の特徴と恒星・星雲 方角や見つけ方は?

りゅう座流星群とは 放射点の位置や方角・見つけ方 母天体は?

りゅう座流星群 2019年のピーク・見頃の時間帯は?方角はどのあたり?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ヘラクレス 十二の試練とは?【後編】

ギリシャ神話一の英雄、 ヘラクレスの十二の試練【後編】です。   自分の妻子を殺してしまった 贖罪のための試練、 7番目から12番目までは どのような功績を残したのでしょうか?   …

かんむり座の神話 ディオニュソスからアリアドネへの贈り物の物語

かんむり座は、 うしかい座の隣にある、 とても小さな星座です。   明るい星もあまり無くて、 夜空ではあまり目立ちませんが、 半円状の7つの星の並びが 特徴的です。   かんむり座 …

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

いて座のひと月ごとの、 夜空での天体としての動きを まとめています。   いて座はよく目立つ さそり座の隣にあり、 いて座の南斗六星も 割と目立つので、 見つけやすい星座だと思いますが、 & …

春の大曲線の探し方 見える時期と方角 月ごとの動きのまとめ

春の大曲線は、 いつ、どの方角で見られるのか?   ほぼ、年中、時間にこだわらなければ 見ることはできますが、 効率よく、都合に合わせて 観測できるように、 月毎の、春の大曲線と 北斗七星の …

おおいぬ座の特徴 シリウス他、主な恒星の名前と星団等

おおいぬ座は、 全天で一番明るい一等星・ シリウスを有する星座です。   シリウスは冬の大三角や 冬のダイヤモンドを形成する 星の一つとして とても有名な恒星です。   おおいぬ座 …