天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ヘルクレス座の恒星の名前 星団や銀河など星座の特徴と見つけ方

投稿日:2019年4月24日 更新日:

ヘルクレス座は一等星などの
明るい恒星が無く、

ギリシャ神話の英雄でありながら、
夜空ではとても大人しい星座です。
 

ヘルクレス座の恒星の名前

ヘルクレス座に属する星団や
星雲、銀河など
 

ヘルクレス座とは
どういう星座なのか、

その特徴について
まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ヘルクレス座の恒星の名前


 

ヘルクレス座には、
明るい恒星がありませんが、

星座自体は全天で5番目に大きい
堂々とした星座です。

 

上の画像では、ウシガエルが
逆さまになったような、

ちょっとユーモラスな
姿をしていますね!

 

さて、そんなヘルクレス座を構成する
主な恒星から見ていきましょう!

 

 クリックで拡大します

 

α星・・・ラス・アルゲティ:3等星
 

     α星Aとα星Bからなる
     二重星(連星)

     主星のα星Aは、脈動変光星

     アラビア語で”跪く者の頭”
     の意味を持つ。

 

 

β星・・・コルネフォロス:3等星
 

     ヘルクレス座の中で
     最も明るい恒星で、連星。

     ギリシャ語で”こん棒を持つ者”
     の意味を持つ。

 

 

δ星・・・サリン:3等星
 

     連星系を成すA星と、
     見かけの二重星を伴った多重星。

     サリンの意味は不明。

 

 

κ星・・・マルファク:5等星
 

     アラビア語で”ひじ”の意味を持つ。

 

 

λ星・・・マシム:4等星
 

     アラビア語で”手首”の意味を持つ。

 

 

ω星・・・クヤム:5等星
 

     ラテン語で”こん棒”の意味を持つ。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ヘルクレス座の星団や銀河など

 クリックで拡大します
 

M13・・・球状星団

      北半球で最も明るい球状星団。

      別名:ヘルクレス座球状星団
      ともいわれています。

 

 

M92・・・球状星団

      北半球で、最も美しい球状星団、
      といわれています。

 

 

NGC6210・・・惑星状星雲

 

 

IC4593・・・惑星状星雲

 

 

惑星状星雲とは、
赤色巨星から放出されたガスが、

中心星が超新星爆発を起こさなかった場合に
星のまわりに残ったもの。
 

中心星が放つ紫外線によって
光を放っています。

 

 

Arp 272・・・NGC 6050とIC 1179の、
      2つの渦巻銀河が衝突して出来ている。

      お互いに影響しあっているように見え、
      衝突銀河・相互作用銀河
      ともいわれています。

 

 

Sh2-73・・・散光星雲。

      反射星雲(星間雲が、近くの恒星の光を
      反射することで見える天体)

 

 

ヘルクレス座銀河団・・・200個ほどの銀河の集団で、

      上記のArp272(NGC6050とIC1179の衝突銀河)
      も含まれています。

 

 

ヘルクレス座の見つけ方

 

ヘルクレス座の見つけ方ですが、

ヘルクレス座自体は明るい恒星が無く、
あまり目立たないんですが、
 

すぐ近くにこと座のベガがあるので、
それを目印に探すようにしてください。
 

 クリックで拡大します

 

ベガといえば”夏の大三角”ですよね!

 

夏の大三角は夜空で目立つ存在なので、

その傍にあるヘルクレス座の位置も、
大体分かるかと思います。

 

夏の大三角については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
夏の大三角とは 星の名前と星座 方角や見つけ方 動きなど

 

また、うしかい座
アークトゥルスも近くにあり、

ヘルクレス座は、夏の大三角と春の大三角の
ちょうど中間くらいに位置しています。
 

 クリックで拡大します
 

春の大三角については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
春の大三角とは 星の名前と星座 見つけ方は?

 

ヘルクレス座はちょっと
判りにくいかもしれませんが、

大体このあたり、ということで
見ていただけたらいいかな、

と思います^^;

 

関連記事

ヘルクレス座の見つけ方 時期ごとの方角と位置 見やすい季節は?

ヘラクレス 十二の試練とは?【前編】

ヘルクレス座の神話 英雄・ヘラクレスの悲劇の生涯の物語

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

いて座が銀河の中心!?天の川銀河のブラックホールについて

いて座が銀河の中心である、 というのを、 聞いたことがありませんか?   実際には、いて座が、というより、 地球から見ていて座の方向にある ”いて座A” という天体が銀河系(天の川銀河)の …

かに星雲 超新星の記録 藤原定家が日記『明月記』に記す

かに星雲は、おうし座にある 超新星残骸ですが、 約1000年前に、 超新星爆発を起こした当時の記録が 日本や中国に 複数残されています。   今回は、超新星爆発を起こし、 かに星雲となった当 …

コップ座の神話 星座の由来はメディア?ディオニュソス(バッカス)?

コップ座は、現在の マグカップやグラスのような 形ではなく、 古代の盃、今でいうと 優勝カップのような形の星座です。   そのモデルとなった神話は いくつか伝えられていますが、 今回は、その …

みなみのかんむり座が見やすい季節と見つけ方 ひと月ごとの動き

みなみのかんむり座は、 いて座に抱えられるように 位置する、小さな星座です。   半円状の綺麗な星座なんですが、 目立った明るい星が無く、 夜空で見つけるには ちょっと苦労するかもしれません …

やまねこ座の星の名前や銀河、星団など 星座の特徴について

やまねこ座は、 大きい星座なんですが、   明るい星が少なくて、 見つけにくい星座の 代表格でもあります。   やまねこ座の設定者本人が ”見つけにくい” と断定した やまねこ座と …