天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

春の大曲線の探し方 見える時期と方角 月ごとの動きのまとめ

投稿日:2018年12月29日 更新日:

春の大曲線は、
いつ、どの方角で見られるのか?
 

ほぼ、年中、時間にこだわらなければ
見ることはできますが、

効率よく、都合に合わせて
観測できるように、

月毎の、春の大曲線と
北斗七星の動きをまとめました。

 
 

スポンサードリンク


 
 

春の大曲線の探し方 見える時期と方角


 

では、春の大曲線と北斗七星の動きを
月毎に追ってみたいと思います。

 

 

1月上旬

午前1時ごろ、北斗七星は北東の空、
高度30~50°位の位置に、
ひしゃくの柄を下に向けた形で昇っています。

おとめ座のスピカがちょうど
地平から顔を出したところで、

春の大曲線は地平ギリギリのところに
見えています。

日の出ごろ(午前7時ごろ)春の大曲線は、
ちょうど天頂あたりに来ます。

 

 

2月上旬

午後11時ごろ、北斗七星は北東の空、
高度30~50°位の位置に、
ひしゃくの柄を下に向けた形で昇っています。

春の大曲線は地平ギリギリのところに
見えています。
 

午前5時ごろ、春の大曲線は、
ちょうど天頂あたりに来ます。

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
北斗七星は北西の空、
高度40~60°位の位置にあり、

ひしゃくの柄を天頂に向けた形になっています。

 

 

3月上旬

午後9時ごろ、北斗七星は北東の空、
高度30~50°位の位置に、
ひしゃくの柄を下に向けた形で昇っています。

春の大曲線は地平ギリギリのところに
見えています。
 

午前3時ごろ、春の大曲線は、
ちょうど天頂あたりに来ます。

日の出ごろ(午前6時ごろ)
北斗七星は北西の空、
高度30~50°位の位置にあり、

ひしゃくの柄を天頂に向けた形になっています。

 

 

4月上旬

午後7時ごろ、北斗七星は北東の空、
高度30~50°位の位置に、
ひしゃくの柄を下に向けた形で昇っています。
 

午前1時ごろ、春の大曲線は、
天頂あたりに来ます。

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
北斗七星は北西の空、
高度20~40°位の位置にあります。

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

5月上旬

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
北斗七星は北東の空、
高度40~60°位の位置に、
ひしゃくの柄を下に向けた形で昇っています。
 

午後11時ごろ、春の大曲線は、
天頂あたりに来ます。

午前4半ごろ、北斗七星は北西の空、
高度20~30°くらいの位置にあり、

ちょうどスピカが地平に沈むところです。

 

 

6月上旬

日の入りごろ(午後7時前ごろ)
北斗七星は北の空、高度60~70°
くらいの位置にあり、

ひしゃくを伏せたような形で
横たわっています。
 

午後9時ごろに、春の大曲線は
天頂あたりに来ます。
 

午前1時半ごろ、北斗七星は北西の空、
高度20~40°くらいの位置にあり、

スピカが地平に沈もうとしています。

 

 

7月上旬

日の入りごろ(午後7時ごろ)
春の大曲線はちょうど天頂近くにあります。

日が変わる頃にスピカが地平に沈みます。

その頃北斗七星は北西の空、
高度20~30°くらいの位置にあります。

 

 

8月上旬

日の入りごろ(6時半過ぎごろ)
北斗七星は北西の空、高度40~60°
くらいの位置にあります。

午後10時ごろ、スピカが地平に沈み、
北斗七星はその頃、北西の空、
高度20~30°くらいの位置にあります。

 

 

9月上旬

日の入りごろ(6時ごろ)
北斗七星は北西の空、高度30~50°
くらいの位置にあります。

午後8時前ごろ、スピカが地平に沈み、
北斗七星はその頃、北西の空、
高度20~30°くらいの位置にあります。

 

 

10月上旬

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
スピカが地平に沈もうとしています。

その頃、北斗七星は、北西の空、
高度約20~40°くらいの位置にあります。

 

 

11月上旬

日の入りごろ(午後5時前頃)
北斗七星はその頃、北西の空、
高度10~20°くらいの位置にあります。

アークトゥルスは高度約20°の位置にあり、
スピカは既に、地平に沈んでいます。

 

 

12月上旬

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
北斗七星は、北北西の空、
高度約10°の位置にあり、

アークトゥルスとスピカは
既に地平に沈んでいます。

 

関連記事

春の大曲線とは 星座と星と探し方 観測しやすい時期と方角

春の大三角とは 星の名前と星座 見つけ方は?

春の大三角の見つけ方 見える時期と月ごとの動きのまとめ

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペルセウス座の夏の方角と位置 探し方・見つけ方について

ペルセウス座流星群を観測するにあたり、 ペルセウス座の夏の方角と位置の情報、 ペルセウス座の探し方を お届けしたいと思います。   また、夏以外の季節の時間ごとの動きも ご紹介していますので …

かに星雲

かに星雲とは 名前の由来と年齢や視直径・地球までの距離は?

かに星雲って、 ちょっと可愛らしい ネーミングですよね!   その名前の由来って 何なのでしょうか?   年齢や大きさ(視直径)、 地球までの距離など、 かに星雲についての 色々な …

こと座の特徴と恒星の名前 見える時期と見つけ方

こと座とは、どんな星座か ご存知ですか?   一等星であるベガは有名ですが、 それ以外にどんな恒星があるのか、 見える時期はいつごろか、 見つけ方は? など、 こと座の特徴について まとめま …

ほ座の見つけ方 位置や方角・高度など、ひと月ごとの動き

ほ座は南天の星座なので、 南の方へ行くほうが 観測しやすいです。   あまり高くまで上がらないですが、 近くにりゅうこつ座のカノープス (全天で2番目に明るい1等星) もありますので、 &n …

くじら座のギリシャ神話 ポセイドンが送り込んだケートスの物語

くじら座は、全天で 4番目の大きさを持つ星座です。   そのモデルとなったのは、 ”ケートス”という怪物だと 言われています。   ”くじら”といっても、 今のようなクジラの姿では …