天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

冬の大三角とは 星座の名前と星名 方角と探し方 消滅の危機とは!?

投稿日:2019年2月24日 更新日:

冬の大三角とは、

冬の夜空に浮かぶ3つの1等星を
結ぶとできる三角形のことをいいます。
 

冬の大三角は、どの星座の、
何という恒星によって
構成されているのか、
 

見える時期はいつごろ?

どの方角を探せは見られる?

消滅するかもしれないって本当?
 

など、冬の大三角について
まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

冬の大三角とは 星座の名前と星名


 

冬の大三角とは、

冬の夜空に見られる一等星を結ぶと出来る、
綺麗な三角形のことですが、

三角形を構成する星座の名前と恒星名は、
 

おおいぬ座:シリウス

こいぬ座:プロキオン

オリオン座:ベテルギウス
 

この3つから成り立っています。

 

 

それぞれの星の特徴は、
 

おおいぬ座:シリウス

 おおいぬ座のα星で、視等級は-1.46。

 地球上から見られる最も明るい恒星(太陽を除く)

 冬のダイヤモンドを構成する星の一つでもある。

 

冬のダイヤモンドについては
以下の記事にまとめてありますので、
ご参照ください。
     ↓     ↓
冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

 

 

こいぬ座:プロキオン

 こいぬ座のα星で、二重星(連星)。視等級は0.37。

 全天で8番目に明るい恒星。

 冬のダイヤモンドを構成する星の一つでもある。

 

 

オリオン座:ベテルギウス

 オリオン座のα星で、変光星。視等級は0.42。

 全天で9番目に明るい恒星。

 地球からの見かけの大きさが全天一の恒星(太陽を除く)。

 消滅の危機については後述します。

 

 

この3つの星を結ぶと、ほぼ正三角形となり、

ベテルギウスとプロキオン、
プロキオンとシリウスの間を抜けるように

天の川が横たわっています。

 クリックで拡大します

 

 

冬の大三角の方角と探し方

 

冬の大三角は、冬の期間、

夜に南東~南の方角を見上げると
見つけることができます。

 

 

探し方は、まず、オリオン座を見つけてください。

三ツ星で有名なオリオン座は、
冬を代表する星座で、

一度はご覧になったことがあると思います。
 

かなり目立つ星座なので、
すぐに見つけられますよ!

 

 

そして、オリオン座の下のほうに
ひときわ明るい白い星があるんですが、

これがおおいぬ座のシリウスです。
 

シリウスは全天で、一番明るい星なので、
これもすぐにわかると思います。

 

この2つの星の左側にこいぬ座のプロキオンがあり、
3つを結ぶと冬の大三角が出来上がります。

 

 

冬の大三角の動きは
以下の記事にまとめてありますので
ご参照ください。
     ↓     ↓
冬の大三角の動き方 方角と位置の各月ごとのまとめ

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

冬の大三角 消滅の危機とは!?

 

冬の大三角がなくなるかもしれない、
と言われているのはご存知ですか?

 

これは、オリオン座のベテルギウスが
超新星爆発を起こし、消滅するかもしれない、

といわれているからなんです。

 

超新星爆発とは、星の終焉の際に起こる
大規模な爆発のことで、

ベテルギウスはこれがいつ起こっても
おかしくない状態なんだそうです。

 

※ベテルギウスと地球は640光年以上離れているので、
 今地球で見えている姿は640年ほど前のものです。

 したがって、今、この瞬間に、
 ベテルギウスが存在しているのかどうかは
 わかりません・・・

 

超新星爆発を起こすと、
(その光が地球に到達すると)

地球からは、数日間は
昼でも見えるほど明るくなると
予想されています。

 

※4か月ほどその明るさが続く、
 という説もあります。

 

そして、4年後には、
肉眼では見えなくなるだろう、
といわれています。

 

ベテルギウスの超新星爆発については
別記事にまとめてありますのでご参照下さい。
     ↓     ↓
オリオン座ベテルギウスの爆発はいつ?太陽と比較した大きさや質量は?

ベテルギウスの爆発でガンマ線バーストが直撃したら!?

ベテルギウスの超新星爆発 地球への影響は?ガンマ線バーストは直撃するか

 

天体ショーの歴史的な瞬間を
見たい気持ちもありますが、

冬の大三角が見られなくなってしまうのは、
ちょっと寂しい気もしますね・・・

 

関連記事

オリオン座流星群 2019 今年のピークの時間帯と方角は?

オリオン座流星群とは 特徴としくみ 時期はいつ?母天体は?

オリオン座の三ツ星の名前と意味 恒星・星雲など星座の特徴

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ちょうこくしつ座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

ちょうこくしつ座は 18世紀に設定された とても新しい星座です。   明るい恒星が無く、 高度もあまり上がらないので、 ちょっと見つけにくい 星座の一つです。   そこで、ちょうこ …

うさぎ座の神話 オリオンの獲物or追い払われた兎!? 悲劇の物語とは?

うさぎ座に関するギリシャ神話 というのは、 残念ながら 伝えられてはいません。   しかし、うさぎ座の 由来となった話は いくつか伝承されています。   その代表的な物語について、 …

おおぐま座のしっぽが長い理由!?扱いが雑すぎる神話の神様

おおぐま座といえば、 北斗七星を有する星座として とても有名ですよね!   その、おおぐま座ですが、 星座絵を見てみると、 しっぽが異様に長いんです!   北斗七星のひしゃくの柄の …

おひつじ座の見つけ方 よく見える時期と位置・方角

おひつじ座は、 占星術の星座としては 華やかで情熱的な印象ですが、   星空での(天体としての) おひつじ座は、 ちょっと地味で あまり目立たない存在です。   そんな夜空での お …

いるか座の見つけ方とひと月ごとの動き 夏の大三角を目印に!

いるか座は、 小さなひし形が特徴的な 夏の星座です。   日本でも菱星(ヒシボシ) などと呼ばれ、 古くから親しまれてきました。   でも、いるか座には 目立った明るい星が無いので …