天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

太陽

日食 2020年に日本で見られるのはいつ?日程と時間帯

投稿日:2018年10月26日 更新日:

今年・2020年(令和2年)は、

6月に一度だけ
日本で日食が見られます。

 

この日、台湾では
金環日食が見られるんですが、

日本は少しズレていて、
部分日食に留まります。

 

日食が見られる日程と時間帯、
場所や欠け方など、

今年の日食について
まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

部分日食 2020年6月21日(日)

今年は6月に一度、
日食が見られます。

 

日付は6月21日(日)

ちょうど夏至の日です。

 

場所は、全国で観測可能です。

 

時間帯は、夕方。

各地の食の開始から最大、
終了の時間を載せておきます。

 

     食の開始  食の最大 最大食分   食の終了

札幌   16:12  17:00  0.29    17:45

仙台   16:11  17:06  0.40    17:57

新潟   16:09  17:07  0.43    17:59

東京   16:10  17:10  0.47    18:03

名古屋  16:07  17:10  0.51    18:06

大阪   16:06  17:10  0.53    18:07

広島   16:02  17:09  0.58    18:09

高知   16:03  17:10  0.59    18:10

福岡   15:59  17:09  0.62    18:11

鹿児島  16:00  17:11  0.67    18:14

那覇   15:59  17:16  0.84    18:23

石垣島  15:55  17:16  0.93    18:25

 

今回は部分日食で、
南に行くほど大きく欠け、

台湾に ほど近い石垣島では
9割以上が欠けます。

 

欠け方は、下のほうから欠け始め、

左側上方へと、欠け部分が
移動するような感じです。

 

今回は、日曜日の夕方で、
とても見やすい時間帯に起こるので、

家族や子供と一緒に
楽しむのもいいですね!

 

日食の仕組みについては、
別記事にまとめてありますので、
そちらをご参照ください。
    ↓    ↓
日食とは?仕組みや種類を図を使ってわかりやすく説明します

 

 

スポンサードリンク


 

 

また、12月14日から
15日にかけての深夜、

南太平洋・南米・南大西洋地域で
皆既日食が観測されますが、
 

日本からは残念ながら
見ることはできません。

 

 

まとめ

今年は夏至の日に
部分日食が見られそうですが、

ちょうど梅雨時なので、
お天気が心配ですね・・・

 

次回、日本で見られるのは
約3年後なので、
※2023年4月(南九州以南の地域)

出来ることなら
観測したいですね!

 

 

スポンサードリンク


-太陽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日食とは?仕組みや種類を図を使ってわかりやすく説明します

日食って何? と子供に聞かれて、 わかりやすく説明できるでしょうか? 何となく解っているけど、 実際説明するとなると なかなか難しいですよね・・・   日食はなぜ起こるのか? どのような仕組 …