緊急事態に備えよう!家族を守る停電と暑さ対策

近年、日本の平均気温が上がってきており、夏場には暑さ対策が欠かせなくなってきました。 夏場の停電時にも暑さ対策をどのようにすれば良いか悩まれている方も多いと思います。 本記事では、暑さ対策が必要な理由から、停電時の暑さ対策の手順まで紹介しますので参考にしてみて下さい。   目次 1.停電時の暑さ対策が必要なワケ 2.家庭でできる防災: 停電と夏の暑さ対策の手順 2.1事前の暑さ対策 2.2事後の暑さ対策 3.ポータブル電源で夏の暑さ対策もバッチリ! 4.まとめ   1.停電時の暑さ対策が必要なワケ   気象庁の「日本の年平均気温偏差の経年変化(1898〜2023年:速報値)」を参考にすると、1991年〜2020年の平均気温と比較し、2020年以降がこれまでの平均気温を上回っていることが分かります。   夏場の暑さも厳しくなってきておりますが、夏に停電が発生した場合に最も懸念されるのは熱中症です。   停電時は、冷房機器を運転することができないため室内温度も高くなります。加えて、断水が伴えば水分補給にも問題が生じます。   冷房が使用できないことと、脱水状態になることで一層の熱中症リスクとなります。   熱中症は重症化すれば命に関わるため、夏場の停電対策として暑さ対策は必須となります。     2.家庭でできる防災: 停電と夏の暑さ対策の手順   家庭内でできる、夏の停電時の暑さ対策の手順として、事前の対策と事後の対策を紹介します。 2.1事前の暑さ対策   飲料水の確保 脱水状態にならないように飲料水を備蓄しておきましょう。 1日あたり「3リットル/人」が用意の目安です。   冷却グッズの用意 停電時には冷房の使用が出来ないため、冷凍庫に保冷剤や冷凍庫可能なペットボトルを用意しておきましょう。   送風グッズの準備 うちわや、電池で運転できるポータブルファンなど暑さ対策のグッズを用意すると良いでしょう。   非常用電源 送風グッズなどの使用するために 非常用電源を要しておくと良いでしょう。   2.2事後の暑さ対策   涼しい服装 体の熱を放出できるものに着替えましょう。速乾性、通気性に優れた涼しいものがおすすめです。   風通しを良くする 窓を2箇所以上あけ、風が流れるようにしましょう。熱い空気が室内にこもらないように注意するのが大事です。   3.ポータブル電源で夏の暑さ対策もバッチリ! …

緊急事態に備えよう!家族を守る停電と暑さ対策 Read More »