%e3%83%9a%e3%82%ac%e3%82%b9%e3%82%b9%e5%ba%a7%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%e3%80%80%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%81%a8%e5%85%b1%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%a1

ペガスス座の神話 ペルセウスと共にアンドロメダを助け出す!?

 

怪物メデューサより生まれ、

 

まとめました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ペガスス座の神話 ペルセウスと共にアンドロメダを助け出す!?

 

ギリシャ神話の中でも人気の存在ですね!

 

 

 それを振り回していた、といわれていて、

 謎だらけでよく分かっていない人物(?)です。

 

 

その目を見たものは石化する、

 

言われています。

 

女神・アテナによって、

とも言われています。

 

 

クリュサオルと共に生まれた、

といわれています。

 

ペルセウス座の神話 メデューサの首の物語【前編】

 

セリポス島への帰路の途中、

といわれています。

 

しかし、これには別の説もあり、

 

翼の生えたサンダルで飛行していた、

とも言われています。

 

ペルセウス座の神話 アンドロメダ座とカシオペア座の伝説と由来【中編】

 

 

スポンサードリンク

 

 

ペルセウスを送っていった後かは判りませんが)、

ゼウスの雷光と雷鳴を運ぶ役割に就きました。

 

しばらく平和に過ごしていました。

 

蹄でヘリコン山を蹴った跡には

という伝説も残っています。

 

コリントスの英雄・ベレロフォンに捕まり、

 

※轡(くつわ):馬の口に噛ませ、手綱につなげる金具

 面繋(おもがい):轡を馬の頭と首に繋ぎとめる紐

 

ライオンの頭と毒蛇のしっぽを持ち、

怪物でした。

 

キマイラの口に鉛の塊を放り込み、

キマイラは退治されました。

 

ソリュモイ人やアマゾンの討伐もやり遂げます。

 

ペガサスに乗ってオリンポスへ昇ろうとします。

 

これに激高したゼウスは一匹の虻(あぶ)を放ちます。

 

 

※虻はペガサスのお尻を刺した、という説もあります。

 

元居たオリンポスの地に帰り、

と言われています。

 

また、ペガサスは、ベレロフォンを振り落とした後、

という説もあります。

 

関連記事

ペガスス座とペガサス座の違い どっちが正しい?

ペガスス座の恒星の名前と星団・銀河などの特徴について

ペガスス座 秋の大四辺形の動き 方角と位置(高度)による探し方

 

 

スポンサードリンク

READ  オリオン座の神話 サソリとアルテミス 2つの物語