%e3%81%97%e3%81%b6%e3%82%93%e3%81%8e%e5%ba%a7%e6%b5%81%e6%98%9f%e7%be%a4-2020%e5%b9%b4%e3%81%ae%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%a4%ef%bc%9f%e3%81%a9%e3%81%ae%e6%96%b9%e8%a7%92

しぶんぎ座流星群 2020年のピークはいつ?どの方角で見られる?

天体ショーの幕開けを飾る

 

ピーク(極大)の日時はいつ?

どの方角で見られる?

 

解説していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

しぶんぎ座流星群 2020年のピークはいつ?

いきなり結論から行きますね!

今年のしぶんぎ座流星群のピーク(極大)は、

 

2020年 1月4日(土)午後5時ごろ

 

と、予想されています。

 

条件はあまり良くないですね・・・

 

 

 

活発な活動を見せず、

 

比較的流星が見つけやすいとはいえ、

極端に数が減るので、

 

流星を見るのは難しくなるでしょう。

 

よって、一番の見頃は

 

2020年 1月4日(土)の夜中から明け方にかけて

 

スタンバイするのが良さそうですね!

 

 ピークから時間が経っているので、

 難しいかもしれませんね・・・ 

 

 

スポンサードリンク

 

 

しぶんぎ座流星群の放射点(輻射点)は、

 

4日の夜中から明け方がチャンスですよ!

 

 流星は見つけやすくなります。

 

 

放射点の方角は、北から北東にかけて、

徐々に高度を上げていきます。

 

1月4日の午前5時ごろの時点で

北東の空、約60°の位置にあります。

 

 りゅう座とうしかい座の間にあります。

 

 

全天に流れますので、

どこを向いていても大丈夫です!

 

 

月齢は9

月没は午前0時すぎごろ

 

 

月の条件は良いでしょう。

 

こちらをご覧ください → 月齢とは

 

 

20~40個程度と言われていますが、

これは極大(ピーク)時刻で、

観測条件が良いことが前提の数です。

 

今年は月明かりの心配は要りませんが、

見られる数はグッと減ってしまいます。

 

天体観測のルールとマナー、条件、注意点など

 

 

まとめ

 

 

 

 

十分に注意して下さい。

 

 

 

安全に楽しく観察できるよう、

くれぐれも気を付けてくださいね!

 

しぶんぎ座流星群とは?方角と時間 仕組みと時期 母天体は?

 

関連記事

流星の仕組みとは?流星群はなぜ起こる?母天体(母彗星)との関係は?

4月こと座流星群とは?時間と方角 仕組みと時期 母天体は?

みずがめ座η流星群の読み方 方角や極大(ピーク)母天体について

 

 

スポンサードリンク

READ  ふたご座流星群のしくみ 特徴と母天体 星座の神話について