%e3%81%97%e3%81%b6%e3%82%93%e3%81%8e%e5%ba%a7%e6%b5%81%e6%98%9f%e7%be%a4%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e6%96%b9%e8%a7%92%e3%81%a8%e6%99%82%e9%96%93%e3%80%80%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a8%e6%99%82

しぶんぎ座流星群とは?方角と時間 仕組みと時期 母天体は?

 

 

しぶんぎ座流星群とは何か?

 

解明していきたいと思います!

 

 

スポンサードリンク

 

 

しぶんぎ座流星群とは?

 

12月末(前年末)から1月上旬にかけて出現し、

1月4日頃に極大(ピーク)※を迎える流星群です。

 

 こちらをご覧ください → 極大(きょくだい:ピーク)とは

 

 

その年の天体ショーの幕開けともいえる存在で、

境界付近にあります。

 

 こちらをご覧ください → 放射点とは

 

 

しぶんぎ座流星群って、耳慣れない名前ですが、

年間三大流星群の1つなんですよ!

 

って思いませんか?^^

 

 

流星の出現数は、

通常ピーク時で20~40個程度。

 

100個を超えることもありました。

 

 条件によって、かなり左右されます。

天体観測のルールとマナー、条件、注意点など

 

 

最も多く観測されるのはピーク前後の数時間で、

比較的見つけやすいといえるでしょう。

 

極大時間は年によって違うので、

その年の最新情報を確認してくださいね!

 

しぶんぎ座流星群 2020年のピークはいつ?どの方角で見られる?

 

徐々に高度を上げていき、

 

 北東の空約60°の位置にあります。)

 

 

 

・マックホルツ第一周期彗星 (96P/1986 J2)

・C/1490 Y1(1491年初頭に現れた彗星)

・小惑星 2003 EH1

・ヘール・ボップ彗星

 

などが挙げられていて、

有力視されています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

しぶんぎ座とは、どんな星座?

何なのでしょうか?

 

しぶんぎとは、漢字で四分儀と書き、

測量機器の一つなんです。

 

四分儀と呼ばれるようになり、

用いられていました。

 

なんと、今は存在しない星座なんです!

 

88の星座を決定した際に外され、

りゅう座の一部となりました。

 

 こちらをご覧ください → 国際天文学連合とは

 

 

そして、1928年に、しぶんぎ座流星群は

 

という名前が浸透しきっていたため、

その名称を使い続けてきました。

 

これをうけて、2009年の総会で改めて、

”しぶんぎ座流星群”

が正式名称となりました。

 

星座は復活させないんですね~

 

 

ということで、

名前はあるけれど星座は無い、という、

珍しい類の流星群となっております!

 

不思議な感じがしますね・・・

 

天体ショー2020年スケジュール 日本で見られる天文現象の一覧

 

関連記事

流星の仕組みとは?流星群はなぜ起こる?母天体(母彗星)との関係は?

天体観測のルールとマナー、条件、注意点など

天体観測 冬の持ち物 防寒対策や便利グッズなど

 

 

スポンサードリンク

READ  しし座流星群とは 特徴と仕組み 母天体と次回大出現は?