天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ペルセウス座の神話 アンドロメダとの結婚 その後の物語【後編】

投稿日:2019年1月11日 更新日:

ペルセウス座の神話、後編です。
 

アンドロメダを救出し、
妻として共にセリポス島へ
帰ってきたところからの話です。
 

ペルセウスの誕生とメデューサの討伐、
アンドロメダとの結婚までの物語は
こちらをご覧ください!
  ↓     ↓
ペルセウス座の神話 メデューサの首の物語【前編】

ペルセウス座の神話 アンドロメダ座とカシオペア座の伝説と由来【中編】

 
 

スポンサードリンク


 
 

ペルセウス座の神話 アンドロメダとの結婚 その後の物語


 

ペルセウスがアンドロメダと共に
セリポス島に到着すると、

母・ダナエと王弟・ディクテスは
祭壇に身を隠していました。

 

セリポス島の王・ポリュデクテスが、
ダナエに后になるよう無理強いしたため、
避難していたのでした。

 

ペルセウスは王とその家来たちに
メデューサの首を突きつけ、全員を石化し、
母とディクテスを助け出しました。

 

そして、王弟・ディクテスが
セリポス島の王となりました。

 

 

ペルセウスは、助けてくれた神々に感謝し、
借り受けた道具を返し、

メデューサの首は
女神・アテナに献上しました。

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

数年後、ペルセウスは母・妻とともに、
祖父・アクリシオス王に会いに、
アルゴスへと帰国しました。

 

※母・ダナエはディクテスの后になった、
 という説もあります。

 

しかし、アクリシオスは神託を恐れて国を捨て、

ラリッサへと逃亡してしまったので、
ペルセウスがアルゴスの王になりました。

 

その後、ラリッサの町で開かれた競技大会に
ペルセウスが参加することになり、

円盤を投げたところ、手元が狂って
観客席に飛び込んでしまいました。

 

そして、運悪く、老人に当たってしまい、
その老人は亡くなってしまいました。

 

この老人こそが、アクリシオスで、
ここに神託は実現しました。

 

 

ペルセウスはこのことを深く悲しみ、
元々祖父の国であったアルゴス領を
従兄弟のメガペンテスに譲り、
 

替わりにメガペンテスの領地であった、
小国・ティリュンスを貰い受け、

その後は、アンドロメダと
幸せに過ごしたということです。

 

※一説によると、古代都市ミケーネを発展させ、
 ミケーネ王家の創始者となった、
 ともいわれています。

 

二人は死後、アテナによって天に上げられ、
ペルセウス座とアンドロメダ座になりました。

 

 

まとめ

ペルセウス座の神話は、最初、
一記事にまとめて書こうと思っていたんですが、

あまりにも長すぎて、わかりにくいため、
3つに別けさせていただきました。

 

ペルセウス座の神話の前編・中編である、
ペルセウス誕生からアンドロメダとの結婚までの話は

別記事にまとめてありますので、
そちらの方もぜひご覧ください!
  ↓     ↓
ペルセウス座の神話 メデューサの首の物語【前編】

ペルセウス座の神話 アンドロメダ座とカシオペア座の伝説と由来【中編】

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぎょしゃ座とは 恒星や星団・星雲などの特徴と意味や由来

ぎょしゃ座って、 あまり聞きなれない星座ですよね?   冬のダイヤモンドを形成する カペラを有する星座で、 おうし座の角の先の恒星と 引っ付いていたり、と、   ちょっとユニークな …

春の大曲線の探し方 見える時期と方角 月ごとの動きのまとめ

春の大曲線は、 いつ、どの方角で見られるのか?   ほぼ、年中、時間にこだわらなければ 見ることはできますが、 効率よく、都合に合わせて 観測できるように、 月毎の、春の大曲線と 北斗七星の …

みなみのうお座の主な恒星や銀河など、星座の特徴について

みなみのうお座は、 みずがめ座のすぐ近くにある 小さな星座で、   みずがめ座の水瓶から 流れ出た水が、 魚(みなみのうお座)の口に 注がれるような位置にあります。   みなみのう …

さんかく座の見つけ方 見やすい季節とひと月ごとの動きのまとめ

さんかく座は、二等辺三角形の 綺麗な形をした星座です。   小さくて、あまり 明るい星はありませんが、   一度見つけてしまえば 次からは割と 目に付きやすい星座です。 &nbsp …

いて座のギリシャ神話 ケンタウロス族の賢者ケイロンの悲話

いて座は 黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でも お馴染みの星座ですね!   夜空の天体としてのいて座は、 矢を射るケンタウロスの姿で 星座絵などに描かれており、 上半身が天の川にかかる、 …