天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

流星群

ペルセウス座流星群とは 特徴と仕組み 放射点の方角と探し方

投稿日:2019年1月6日 更新日:

ペルセウス座流星群は
年間三大流星群の一つで、

日本で見られる流星群の中でも
一二を争う規模です。
 

天体ショーの中でも
一番の花形的存在といえるでしょう。

 

毎年話題になるペルセウス座流星群とは
どんな流星群なのか?
 

その特徴と仕組み
(放射点の位置や母天体、対地速度など)

星座(ペルセウス座)の
時間ごとの動き方や探し方、

時期はいつからいつまで?

季節は?
 

など、ペルセウス座流星群の疑問を
なるべくわかりやすく解説しました。

 
 

スポンサードリンク


 
 

ペルセウス座流星群とは 特徴と仕組み


 

天体ショーの中でも、
流星群は特に人気がありますが、

中でも、ペルセウス座流星群は、年間通して
最も華やかな天体ショーだと言っても
過言ではありません。

 

よく、

次はいつ見られる?

との問いを見かけますが、
 

ペルセウス座流星群は定常群なので、
毎年、同じ時期に見られますよ!

 

季節は夏、
ちょうどお盆休みの時期です。

 

 

ピークの時間(極大日時)は
毎年変化しますが、

基本的な概要というか、
原理は変わらないので、

そのあたりの説明を
していきたいと思います。

 

 

ペルセウス座流星群の活動期間

7月中旬から8月中旬あたりで、
 

8月12日か13日頃に

ピーク(極大)を迎えます。

 

※極大日時は毎年変わるので、
 その年の最新情報をチェックしてくださいね!

 
2019年のペルセウス座流星群の
最新情報はこちら!
     ↓     ↓
ペルセウス座流星群 2019年の見頃の時間帯と方角 ピークはいつ?

 

 

ピーク時、1時間あたりの流星数

約50~60個程度の年が多いです。

 

※観測条件が良い場所での数です。

 都会など条件の良くない場所では
 見られる数は極端に減ります。
 

観測条件等について、詳しくは
以下の記事をご覧ください。
     ↓     ↓
天体観測のルールとマナー、条件、注意点など

 

 

流星の対地速度は59km/sで、
速さは比較的速い方の部類に入り、

明るい流星が多く、流星痕が残るものや
火球もよく観測されます。

 

 

放射点(輻射点ともいいます)は
ペルセウス座γ星付近にあります。

 クリックで拡大します
 

放射点は輻射点(ふくしゃてん)ともいい、
ここから流星が四方八方に
飛び出してくるように見える点で、

ペルセウス座の中に放射点があることから
”ペルセウス座流星群”と呼ばれています。

 

放射点の高さは、
高いほど流星はよく見えます。

 

 

母天体はスイフト・タットル彗星
(109P/Swift-Tuttle)

周期133年の周期彗星です。

 

 

流星群が起こる仕組みは、

彗星や小惑星から放出された塵状の物質が
帯状に宇宙空間に漂っていて、
(この帯状のものをダストトレイルといいます)
 

これが地球の軌道上にあると、
そこに地球がさしかかった時に、

ダストトレイルの塵が
地球の大気圏に大量に突入してきます。

 

これが流星群が起こる仕組みです。

 

 

そして、ダストトレイルを作った
彗星や小惑星のことをその流星群の
母天体といいます。

 

流星の仕組みについて、
別記事に詳しくまとめてありますので、
そちらの方もご参照ください。
     ↓     ↓
流星の仕組みとは?流星群はなぜ起こる?母天体(母彗星)との関係は?

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

ペルセウス座流星群 放射点の方角と探し方


 

ペルセウス座流星群の放射点は、
ペルセウス座γ(ガンマ)星付近だと、
先に述べましたが、

この章では、具体的な方角と探し方を
説明していきたいと思います。

 

この時期のペルセウス座(γ星)は、
午後8時ごろ、北北東の地平より
昇ってきます。
 

その後、日の出時刻頃(午前5時ごろ)
北の空、高度約70°(ほぼ天頂)
の位置に達します。

 

探し方は、カシオペア座と、
おうし座のプレアデス星団(昴:すばる)
見つけてください。

 

カシオペア座はW型の星座で、
昴は肉眼でも見える六つの星の集団で、

この時期、北東の空で、
2つともとてもよく目立つので
すぐに見つけられると思います。

 クリックで拡大します
 

ペルセウス座はこの2つに
挟まれるように位置しています。

 

方角は日本中、どこで観測しても一緒です。

 

 

流星は、放射点の位置が高いほど
観測しやすいので、

ピーク時刻にもよりますが、
明け方に近い方が見頃の時間帯だといえますね。

 

ただ、流星の観測のしやすさと
放射点の高さは関係してきますが、

流星は放射点を中心に、
全天に流れますので、

放射点の観測という目的が無いのなら、
どの方角を向いていても構いません。

 

どの方向に流れるか、など、
見え方に違いはありますが、
観測数に差はありません。

 

そして、1点を集中して見るより、
なるべく広範囲を見渡すようにしたほうが
見つけやすいです。
 

なので、流星群を見る時は、
基本、肉眼で観測するようにして下さい。

 

双眼鏡や望遠鏡を使うと、
ピンポイントすぎて、

かえって観測しにくくなりますので、
気を付けて下さいね!

 

関連記事

流星群 一覧 2019年1月~12月のスケジュール 極大・見頃の時間帯など

ペルセウス座の夏の方角と位置 探し方・見つけ方について

ペルセウス座とは アルゴル他、星の名前と星雲・星団について

 

 

スポンサードリンク


-流星群
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

りゅう座流星群 2019年のピーク・見頃の時間帯は?方角はどのあたり?

10月りゅう座流星群 (ジャコビニ流星群)の 今年・2019年の最新情報です。   2019年のピーク(極大日時)はいつか? 一番の見頃の時間帯は? 月明かりの影響は?   など、 …

やぎ座α流星群 2019年の方角とピーク(極大)見頃の時間帯は?

やぎ座α流星群の 今年(2019年)の最新情報です。   今年のピーク(極大日)は? 見頃の時間帯は? どの方角を見ればいい?   など、 今年のやぎ座α流星群の 最新情報をお届け …

はくちょう座κ流星群 2019年のピークの時間帯と方角は?

はくちょう座κ流星群の 今年(2019年)の最新情報です。   ピーク(極大)の日時や時間帯、 どの方角を見ればよいか? 見頃はいつ?   など、今年のはくちょう座κ流星群について …

みずがめ座η流星群の読み方 方角や極大(ピーク)母天体について

みずがめ座η流星群とは何か?   ηの読み方は? どの方角を見ればよいのか 極大(ピーク)はいつ頃? 母天体は?   など、 みずがめ座η流星群について、 あらゆる角度から 解明し …

4月こと座流星群 2019年のピークの時間帯 どの方角を見ればいい?

4月こと座流星群の 今年(2019年)の最新情報です。   ピーク(極大)の日時や時間帯、 どの方角を見ればよいか? 見頃はいつ?   など、今年の4月こと座流星群について 解説し …