%e3%82%84%e3%81%8e%e5%ba%a7%ce%b1%e6%b5%81%e6%98%9f%e7%be%a4%e3%81%a8%e3%81%af%e3%80%80%e6%96%b9%e8%a7%92%e3%82%84%e6%99%82%e6%9c%9f%e3%80%80%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%81%a8%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf

やぎ座α流星群とは 方角や時期 特徴と仕組み 極大(ピーク)はいつごろ?

 

毎年変化しますが、

 

毎年変わらない

お伝えします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

やぎ座α流星群とは 方角や時期 特徴と仕組み 極大(ピーク)日時

 

やぎ座流星群は、

 

火球が多く観測されることで有名です。

 

火球とは、特に明るい流星で、

大きなものもあります。

 

 

そして、対地速度が遅いので、

特徴の一つです。

 

 流れ星なので一瞬ですよ!

 数秒くらい見られるものもあります。

 残るものもあります。

 

 

毎年、7月上旬から8月中旬ごろで、

極大日は、7月31日頃になります。

 

 その年の最新情報をチェックしてくださいね!

 

やぎ座α流星群 2020年の方角とピーク(極大)見頃の時間帯は?

 

 

1時間あたりの観測数は、

 

 

要チェックの流星群ですね!

 

 

ピークを迎えるので、

観測できるかもしれません。

 

判別するのは難しいと思います。

 

みずがめ座δ流星群 2020年 方角とピーク(極大)の時間帯 見頃はいつ?

みずがめ座δ流星群とは 方角や活動期間 特徴と母天体

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

東南東の地平より昇ってきます。

 

高度約30°の位置にあります。

 

西南西の地平に沈みます。

 

 

以上の動きを参考に、観測してみてください。

 クリックで拡大します

 

 

なるべく広範囲にわたって眺めるようにすると、

流星は見つけやすくなります。

 

 

流星は観測しやすいので、

一番の見頃の時間帯は、

南中時刻である午前0時前後になります。

 

 

ほぼ天頂に夏の大三角があるので、

山羊座があります。

 

 

 

候補として、小惑星アドニスか、

挙げられています。

 

関連記事

流星群 一覧 2020年1月~12月のスケジュール 極大・見頃の時間帯など

やぎ座とはどんな星座?方角と特徴 主な恒星と星団

流星群の母天体の一覧 彗星?小惑星?意味をわかりやすく解説します

 

 

スポンサードリンク

READ  おうし座流星群 2020年のピークの時間と方角は?見頃は何時頃?